経営陣

  • Eugene Kaspersky

    ユージン・カスペルスキー(Eugene Kaspersky)

    Kaspersky Lab 取締役会長兼最高経営責任者(CEO)

    ユージン・カスペルスキーは、1989年に自身が利用していたPCが「Cascade」ウイルスに感染したことで、サイバーセキュリティにおけるキャリアを意図せずスタートした。暗号学を学んでいたユージンは、暗号化されたウイルスの分析と挙動を理解し、駆除ツールを開発した。ウイルスの駆除に成功した後、ユージンの好奇心と情熱は、より多くの悪意あるプログラムを分析し、それらを駆除するモジュールの開発へと向かった。その独特のアンチウイルスモジュールは、Kaspersky Labアンチウイルスデータベースの構築へとつながった。

    1990年、志を同じくする研究者を集めてチームを結成し、AVP Toolkit Proアンチウイルスプログラムを作成した。これは、1994年にハンブルグ大学によって、世界一効果的なアンチウイルスソフトウェアとの評価を受けた。

    1997年にKaspersky Labを設立し、2007年には、Kaspersky Labの最高経営責任者(CEO)に任命された。2013年、取締役会長に就任し、現在に至る。

    ユージンは、技術的および科学的な実績、そして企業家としての功績によって、数多くの国際的な賞を受賞している。2011年にSYS-CONの「World's Most Powerful Security Exec」 (世界で最も影響力のあるセキュリティエグゼクティブ)に選出され、2012 年には英プリマス大学から科学名誉博士号を授与された。また、その世界規模でのITセキュリティへの取り組みが評価され、Foreign Policy誌の「2012年 Top Global Thinkers」(世界規模で考える人)の1人に選出された。

     
  • Andrey Tikhonov

    アンドレイ・チーホノフ(Andrey Tikhonov)

    最高執行責任者(COO)

    2012年1月にKaspersky Lab の最高執行責任者(COO )に就任。Kaspersky Lab の全世界における経営管理機能を統括し、財務、人事、ITといった業務執行における責任を負う。

    Kaspersky Labでは数々の上級管理職を経験しており、プロジェクトマネージャーとして数々の経験を重ねたのちに2002 年より Novell 開発部門のチーフを務める。その後 5 年間の技術ディレクターを経て2009 年 3 月、最高情報責任者(CIO)に就任。その後現職に至る。

    1989年にロシア国防省付属の研究所で勤務を始めて以来、一貫してIT業界に携わってきた。

    キエフ軍事アカデミーを優秀な成績で卒業後、ロシア連邦軍に所属。最終階級は中佐。

  • Nikita Shvetsov

    ニキータ・シュベツォフ (Nikita Shvetsov)

    最高技術責任者(CTO)

    2014年 4月に Kaspersky Lab の最高技術責任者代理に就任。企業向けのテクノロジーと製品の総合的な戦略の立案、全製品とサービスの開発推進、エンジニアリングおよびリサーチ活動の推進、Kaspersky Lab の研究開発組織全体を統括する。

    2004 年に Kaspersky Lab にウイルスアナリストとして入社、2006 年にシニア開発者としてヒューリスティックエンジン向けのエミュレータ開発に従事。2009 年には、アンチマルウェアリサーチ部門のディレクターに就任し、マルウェアからユーザーを保護するための戦略策定および実施と、独立系テスト機関との共同作業の調整を担当。

    CTOに就任する前は、脅威リサーチ部門のバイスプレジデントおよびリサーチ担当の副CTOを務め、世界各地にあるウイルスラボの連携を主導し、脅威防止テクノロジー(アンチマルウェア、自動ぜい弱性攻撃ブロック、コンテンツフィルタリング、DLP など)の戦略的方向性を決定、推進した。ニキータの指導力によって、Kaspersky Lab は高い評価を得ている独立系テスト機関 AV-Comparatives から「年間優秀製品」賞を 2 回獲得した。

    国立モスクワ電子数学大学でコンピューターサイエンスの学位を取得。

  • Marina Alekseeva

    マリーナ・アレクセーイェヴァ(Marina Alekseeva)

    最高人事責任者

    2012 年 8 月、最高人事責任者に就任。採用、教育・研修、報酬、福利厚生など、全世界の人事部門を統括する。

    2008 年 1 月に Kaspersky Lab に、人事部門の副責任者として入社。 IT 業界などで 10 年以上の人事業務経験がある。Kaspersky Lab入社前は、T-Systems CIS(Deutsche Telekom AG)および UniCredit Bank にて人事部長から上級管理職までを務めた。
    第二の高等教育として North-West Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration を卒業。専攻は人材管理および組織心理学。

  • Alexey De-Monderik

    アレクセイ・デ・モンデリック(Alexey De-Monderik)

    コーポレートアドバイザー

    Kaspersky Lab のコーポレートアドバイザーに就任。

    1991年に KAMI 情報技術センターでユージン・カスペルスキーのチームに参加したのち、1997年に Kaspersky Lab の共同設立者となる。
    プロジェクトの初期に製品開発を担当、さらにアンチウイルスエンジンの開発に専念した後、技術開発の責任者となる。

    1988年にモスクワ航空大学を卒業後、ソ連のロケット科学研究所でコンピューターエンジニアとして数年間勤務した。

  • Rintaro Kawai

    川合 林太郎(Rintaro Kawai)

    株式会社カスペルスキー代表取締役社長

    モスクワ大学言語学部スラブ言語学科博士課程修了後、総合商社の現地法人にてIT事業部長を務める。2005年カスペルスキー日本法人に入社。営業部長を経て2006年1月代表取締役社長に就任し、現在に至る。

    IT上の脅威から世界を守る“Save the World from IT threats”を企業理念として、日本市場でのビジネス戦略、販売チャネルの拡大、顧客満足度ナンバーワンを目標にした販売活動を率いている。