ビジネスニュース

20181月
20171月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20161月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20151月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2018年1月11日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、ENISAによるIoTセキュリティ推奨事項の策定に専門機関として参加

Kaspersky LabがIoTSECの一員として活動する欧州ネットワーク・情報セキュリティ機関(ENISA)は、欧州内の各組織にIoTのセキュリティに関する勧告を行うことを目的にした、重要情報インフラにおけるIoTのための基本セキュリティ推奨事項を公開しました。

2018年1月05日   ビジネスニュース

【年頭所感】Internet of ThreatsからInternet of Trustへ

2018年も設立以来のミッションである「Save the World from IT threats」の実現に向け、最新のインテリジェンスと20年のノウハウを最大限に活かし、情報セキュリティコミュニティならびに法執行機関と連携することでサイバー犯罪の撲滅に取り組むと同時に、CSR活動を通したインターネット知識向上のために注力してまいります。情報セキュリティ製品とサービスを提供する企業としての透明性を確保し、信頼に基づくパートナーシップを通してお客様の安心と安全を実現すべく、社員一同尽力することをお約束します。

2017年12月20日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、米国土安全保障省の禁止措置に異議申し立て

Kaspersky Labは本日、連邦政府機関での当社製品の使用を禁じる「Binding Operational Directive 17-01」についての米国土安全保障省(DHS)の決定に関して、連邦裁判所での異議申し立てを進めていることを発表しました。

2017年11月20日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、Equationマルウェア検知インシデントに関する内部調査の結果を公開

当社はThe Wall Street Journalで10月初旬に報道されたインシデントに対し、あらゆる懸念に回答するために内部調査を実施しました。その調査結果をお知らせします。

2017年11月10日   ビジネスニュース

Kaspersky Labと欧州評議会(Council of Europe)、オンラインでの市民の人権保護を誓う協定に署名

オンラインの世界は多くの人々の生活において重要な役割を果たしていますが、人権侵害も頻繁に起きています。この状況を変えるべく、欧州評議会はKaspersky LabおよびApple、Facebook、Google、Microsoftなどのテクノロジー企業7社とテクノロジー業界6団体とともにオープンで安全なインターネットの推進を誓約する協定に署名しました。

2017年10月24日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、透明性への取り組みを強化:「Global Transparency Initiative」を開始し、サードパーティ検証用ソースコードの提供と世界3か所に「Transparency Center」を開設

当社ミッション「お客様をサイバー脅威から保護する」を実践するにあたり、カスペルスキー製品の完全性と信頼性の確保に向けた取り組みを実施します。

2017年10月18日   ビジネスニュース

カスペルスキーと静岡大学の共同プロジェクトによる、カード形式の情報セキュリティ啓発教材「ネットの『あやしい』を見きわめよう」を無償提供開始

具体例を元にしたカード形式の教材と指導用スライドを使い、子どもたちが危険なWebサイトやアプリを判断する力をつけられるセキュリティ啓発教材です。学校の1コマの授業で実施できます。

2017年10月16日   ビジネスニュース

Kaspersky Labとインターポール、脅威インテリジェンスを共有する協定を更新

2014年9月に締結した脅威インテリジェンスの共有を主とした協定を更新しました。サイバー犯罪者の最新動向に関する脅威インテリジェンスデータがその発生源を問わず共有され、活動を即時に終えさせるために活用されます。

2017年9月26日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、CVE採番機関に認定

米国MITRE社からCNAタイプ「Vulnerability Researchers(脆弱性研究機関)」として認定され、新規脆弱性のCVE番号付与と情報公開が可能になりました。

2017年9月14日   ビジネスニュース

NMW2017:Kaspersky LabとAVL Software and Functions GmbH、コネクテッドカーの安全性を設計段階から確保する、セキュリティソリューションのプロトタイプを公開

New Mobility World / IAA 2017において、両社は「Secure Communication Unit」(SCU)のプロトタイプを公開しました。このセキュリティソリューションは、ECUなど車載コンポーネント間、車車間、路車間およびクラウドとの通信の干渉防止の可能性を示すもので、コネクテッドカーの安全性を設計段階から確保します。

← 前のページ   |   ページトップ   |   次のページ →