カスペルスキー製品、AV-TEST 2016の4部門で最高賞を受賞

2017年2月10日
比較テスト

~AV-TESTでの総受賞回数が100回に達し、史上初となる「特別賞」も受賞~

[本リリースは、2017年2月1日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]

Kaspersky Labは、第三者評価機関であるAV-TESTの2016年度のテストにおいて4部門で「最高賞」を獲得した事を発表します。加えてAV-TESTでの受賞が通算100回に達し、初の「特別賞」の栄誉に預かりました。

AV-TESTでは年間を通じて、実環境でのゼロデイ攻撃の検知テストや検知性能とパフォーマンスの相関テスト、感染システムの復旧テスト等を実施し、各製品を評価しています。2016年に実施されたテストでは、プロテクション(保護)、パフォーマンス、ユーザビリティ、リペア(復旧)の4つの部門でカスペルスキー製品が高く評価され、15の賞のうち8つで受賞に至りました。

法人向け製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」

VBSpam+ VBSpam+
  • ベストプロテクション賞
  • ベストユーザビリティ賞

小規模オフィス向けセキュリティ製品「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」

VBSpam+ VBSpam+ VBSpam+
  • ベストプロテクション賞
  • ベストパフォーマンス賞
  • ベストユーザビリティ賞

個人向け製品「カスペルスキー インターネット セキュリティ」※1

VBSpam+ VBSpam+
  • ベストパフォーマンス賞
  • ベストユーザビリティ賞

「Kaspersky Virus Removal Tool」

VBSpam+
  • ベストリペア賞 

Kaspersky Labのアンチマルウェアリサーチディレクター、チムール・ビヤチューエフ(Timur Biyachuev)は次のように述べています。「Kaspersky Labが技術面でリーダーシップを維持できるのは、エキスパートの知識と機械学習のアルゴリズムの有効性を組み合わせて活用しているためです。AV-TESTのような第三者評価機関がKaspersky Labの製品を最高レベルであると評価しているのはこれが理由です。弊社はサイバー脅威に関する豊富な知識を持っているため、独自の機械学習アルゴリズムを開発でき、悪意ある意図やふるまいを示すさまざまな痕跡に基づいて、新たな未知の攻撃に対する保護を提供しています」

AV-TESTの2016年全テストの詳細については、以下のページをご覧ください。
https://www.av-test.org/en/award/2016/

※1 「カスペルスキー インターネット セキュリティ」は、個人向け総合セキュリティ製品「カスペルスキー セキュリティ」に含まれる、Windows向けの製品です。