法人向けLinuxサーバー用セキュリティ製品の最新版「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」を提供開始

2017年9月21日
製品ニュース

~ RHEL 7.3などに対応、システムリソースの負荷を低減し、より安定したパフォーマンスを実現 ~

情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川合林太郎)は、法人向けLinuxサーバー用セキュリティ製品「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」の最新版(バージョン:8.0.4.312)を本日より提供開始します。Linuxベースのサーバーを利用している法人を対象とし、パートナー企業経由で販売します。価格は最小構成の1サーバーで69,000円(税別)※1からです。

Kaspersky Anti-Virus for Linux File Serverは、Linuxサーバーを安全に使用するためのセキュリティ製品です。カーネルレベルの監視を行い、サーバーをマルウェアの脅威から強力に保護します。VMware Ready 認証を取得しており、仮想マシン上でLinuxサーバーを稼働させる場合にも対応しています。

この最新バージョンでは、Red Hat Enterprise Linux 7.3 ServerやCentOS 7.3などのLinux OSに対応しました。※2 また、システムに与える負荷を低減しており、システム全体のパフォーマンスの向上と、より安定したセキュリティシステムの運用の実現が可能になります。

■参考情報


※1 Kaspersky Anti-Virus for Linux File Serverは、Kaspersky Security for File Serverのライセンスに含まれています。Kaspersky Security for File Serverの新規ライセンス料は、69,000円です。(1年1ライセンス 69,000円 × 新規最低購入数量1ライセンス) また、本製品は、Kaspersky Endpoint Security for Business – Select(サーバー・クライアント)、またはKaspersky Endpoint Security for Business – Advancedのライセンスにも含まれています。
※2 サポートするLinux OSの一覧は、製品サポートページをご参照ください。
http://support.kaspersky.co.jp/linux_file80#requirements