定義データベースの更新

手動更新

Kaspersky Internet Security および Kaspersky Anti-Virus は、すべてのバージョンで定義データベースを自動更新するようにデフォルトで設定されています。製品のプロテクション能力を最大限発揮するために、自動更新機能をお使いいただくことを強くお勧めします

バージョン 7 以前の製品では、ZIP ファイルによる手動更新も可能です。

バージョン 7 以前の製品:

自動更新できない場合は、定義データベースを ZIP ファイルでダウンロードして、定義ベータベースを更新できます。

注意!Kaspersky Anti-Virus 6.0 MP4 for Windows Workstation / Server / SOSは、ZIPファイルでの更新はできません。

拡張データベース

バージョン 6.0 以降の製品では、通常の更新を行っていただくことで、拡張データベースも更新されます。拡張データベースのさらに詳しい情報は、こちらをご参照下さい:

http://www.kaspersky.co.jp/extraavupdates