Kaspersky Endpoint Security for Linux

Kaspersky Endpoint Security for Linux は、あらゆる種別のマルウェアや潜在的に脅威のあるプログラムから企業内のネットワークで使用されているUNIXベースのワークステーションを一元的に保護します。世界最高水準のアンチマルウェアとその他コアテクノロジーが実装された製品ラインナップに搭載されているカスペルスキーの革新的な新しいアンチウイルスエンジンには、最先端のコンポーネントアーキテクチャが採用されています。これにより、パフォーマンスと安定性が飛躍的に向上し、信頼性の高い、容易に管理できる保護を実現します。

本アプリケーションは、以下の製品に含まれています:

Endpoint Security for Business | Core

Endpoint Security for Business | Advanced

Endpoint Security for Business | Select

  • 主な強化ポイント
  • 新しいアンチウイルスエンジン

    Kaspersky Endpoint Security for Linux は、システムのスキャン速度を飛躍的に高め、システムリソースの使用を最適化し、他のアプリケーションへの影響を最小限に抑える、まったく新しいアンチウイルスエンジンをベースに開発された製品です。

  • 一元管理の向上

    Kaspersky Security Center は、Kaspersky Endpoint Security for Linux などのカスペルスキー製品の一元管理を可能にする管理者向け統合管理コンソールを提供しています。エンドポイントセキュリティアプリケーションをリモートサイトへの導入からシステムイベントレポートの生成まで、さまざまな IT セキュリティの管理タスクを簡単に実行できます

  • ヒューリスティックアナライザの強化

    従来のシグネチャスキャンが強化されたヒューリスティックアナライザを搭載しています。これにより、既に検知されている脅威に類似する未知の脅威を検知し、全体的な保護レベルが大幅に向上します。

  • マルウェアの脅威に対する効果的な保護
  • カスペルスキーのアンチウイルスエンジン

    新しいアンチウイルスエンジンにより、コンピューターへの脅威に対し、アンチマルウェアによる効果的な保護が実現します。コンピューターウイルスの感染拡大を阻止し、セキュリティで保護された情報に安心してアクセスできるようにします。

  • オンアクセススキャン

    ファイルを「開く」、「コピー」、「実行」および「保存」する際に、そのファイルはリアルタイムにスキャンされます。ファイルシステムにアクセスするごとに、IT セキュリティの脅威を検知し、無効化します。

  • オンデマンドスキャン

    Kaspersky Endpoint Security for Linux では、強化されたヒューリスティックアナライザのプロアクティブエンジンにより、マルウェアの検知率が向上します。必要に応じて、またはスケジュールに従って、指定されたシステム領域のアンチウイルススキャンをオンデマンドで実行できます。

  • 頻繁なデータベースアップデート

    データベースのアップデートが定期的また緊急時にも自動的に行われるため、高いマルウェア検知率を実現し、企業インフラストラクチャの保護レベルが向上します。

  • 最適化されたパフォーマンス
  • 高いパフォーマンスとシステムの負担を最小化

    新しいアンチウイルスエンジンにより、検知率が高まるだけでなく、システムのスキャン速度が飛躍的に向上し、システムリソースの消費が最適化されます。これにより、他のプログラムやシステム全体に及ぶパフォーマンスへの影響を最小限に抑えることができます。

  • 新しいアプリケーションアーキテクチャ

    Kaspersky Endpoint Security for Linux はまったく新しいコンポーネントアーキテクチャを採用しているため、アプリケーションの安定性とパフォーマンスが向上しています。

  • CPU 使用率の最適化

    最新バージョンの Kaspersky Endpoint Security for Linux では、システムリソース(CPU、ディスク容量、ディスク I/O)の使用率を大幅に削減できます。

  • 一元管理
  • リモート環境への導入

    一元管理ツールである Kaspersky Security Center を使用して、エンドポイントセキュリティアプリケーションをインストールおよび導入し、インストール後にローカルとリモート環境の両方を一元管理することができます。

  • エンドポイントセキュリティ管理

    さまざまなポリシーやタスクを任意のワークステーショングループに適用することで、システム管理者はグループ単位または個別単位で Kaspersky Endpoint Security for Linux を柔軟に設定できます。

  • 自動アップデート

    定義データベースやアプリケーションモジュールのアップデートは、オンデマンドで、またはスケジュールに従って自動的に実行することができます。新しいアプリケーション機能により、Kaspersky Administration Server をアップデート元として使用し、ネットワークエージェントを転送方法として使用できます。

  • 隔離およびバックアップ領域の一元管理をサポート

    Kaspersky Endpoint Security for Linux は、感染したファイルや感染した可能性があるファイルを隔離またはバックアップ用の格納領域に移動するだけでなく、該当する一元管理サーバーストレージに適切な情報を提供します。これにより、セキュリティ管理者は Kaspersky Security Center でインシデントを管理し、必要な対策を講じることができます。

システム要件は、こちらをご参照ください。