Kaspersky Endpoint Security for Mac

Kaspersky Endpoint Security for Macは、パフォーマンスや利便性を損なうことなく、最新の脅威からMacコンピューターを保護します。Macの利用者は、時間と場所を選ばずクリエイティブな業務を安全に保護された状態で遂行できます。

主にMacを使用している企業には、クリエイティブな業務の流れを妨げないセキュリティ対策が必要です。 

業務を遂行するためにコンピューターのリソースを大量に消費するアプリケーションを多く利用する企業では、処理能力やコンピューターの電源を大量に必要とするセキュリティ製品や、コンピューター を操作中にセキュリティのアップデートが実行され、業務を中断させてしまう製品は好まれません。 

Kaspersky Endpoint Security for Macは、Macコンピューターと、Macで仕事をする人たちのために作られました。業務やコミュニケーションを妨げることなく、Macのデスクトップやノートブックを最新のサイバー脅威から保護します。

カスペルスキーの多層防御型セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」は、 Mac以外のコンピューターで利用可能なセキュリティコンポーネントを提供しているため、異機種が稼働するITインフラストラクチャの保護を強化します。

  • ビジネスの最も重要な資産である情報と事業継続を保護
  • 利用者の利便性を重視し、日常業務を妨げることがないパフォーマンスを最適化した信頼性のあるセキュリティ対策
  • Kaspersky Endpoint Security for Businessが提供するセキュリティコンポーネントを単一の管理コンソールから、簡単に配置・管理することでビジネスの効率が向上

Macが脅威にさらされることによってビジネス全体に与える影響

MacOSは、他のプラットフォームよりも比較的安全とされてきましたが、近年Macに対する特有の脅威が増加しています。高度なスキルを持つサイバー犯罪者は、Macを利用して標的とする企業ネットワークへの侵入を企てているのです。 Macを使用する企業が増えると、Mac固有の脅威もそれに応じて増えていきます。

インターネットに接続したMacは、例外なく、セキュリティ上の問題に直面するリスクを抱えています。Macも、トロイの木馬やバックドア型、ランサムウェア、さらにソフトウェアの脆弱性や利用者の操作ミスを誘う脅威など、Windows PCでも発生する同じ種別の脅威にさらされています。複雑で多様化したネットワーク環境では、セキュリティ対策がなされていないMacコンピューターがWindows PCを標的とするマルウェアを持ち込むことがひんぱんにあります。

Kaspersky Endpoint Security for Macは、こうした課題に対応するために、Macを利用する企業をサイバー攻撃の脅威から保護するために開発されました。


本アプリケーションは、以下の製品に含まれています。

Endpoint Security for Business | Core

Endpoint Security for Business | Advanced

Endpoint Security for Business | Select

ビジネスが直面するあらゆる種別のサイバー脅威に対抗

Kaspersky Endpoint Security for Macは、多層防御を実現し、既知の脅威だけでなく、未知の脅威や高度な脅威からもMacコンピューターを守ります。 先進的なセキュリティテクノロジーにより、エンドポイントに脅威が侵入するリスクを最小限に抑え、脅威を確実に検知してブロックします。

  • 企業を守る次世代のテクノロジー

    Kaspersky Lab独自のHuMachine™アプローチは、ビッグデータを解析した脅威インテリジェンス、機械学習、技術者の専門知識を組み合わせることで、より強固な多層防御を実現しています。 それにより高度な多層防御が実現し、セキュリティコンポーネントを使用した場合と比べて、相互作用によって補完し、より強固な保護を実現します。

  • クラウドベースの脅威インテリジェンス

    Kaspersky Security Network(KSN)は、世界でカスペルスキー製品を利用しているお客様の同意を得た上で、脅威に関するデータを匿名化して収集しています。このクラウドベースのKSNでは、疑わしいファイルから大量のメタデータを収集・保存することで、コンテンツ全体を分析する必要がなくファイルやURLの安全性を迅速かつ正確に判断することを可能にしています。これにより、未知の脅威に対する防御を実現します。

  • ネットワーク攻撃防御

    カスペルスキーのネットワーク攻撃防御は、ポートスキャン、DoS攻撃、バッファオーバーラン攻撃など、ネットワーク上の脅威から保護します。ネットワーク通信を常時監視し、疑わしいふるまいが検知された場合の対処方法を事前に設定できます。

  • 危険なサイトへのアクセス防止とアンチフィッシングによる安全な閲覧

    Kaspersky Endpoint Security for Macは、HuMachine™アプローチを利用して、ネットーワーク上の受信トラフィックと送信トラフィックをスキャンし、有害なスクリプトをブロックして、Macコンピューターを安全に保護します。

    ヒューリスティック分析は、フィッシングサイトの特徴を持つ危険なサイトかどうかを診断するため、悪意のあるWebサイトに誤ってアクセスすることや重要な情報の漏洩を防止します。

  • リアルタイムな保護

    利用者がコンピューター上でファイルをコピー、実行および保存したり開く際に、リアルタイムでファイルをスキャンすることにより、脅威がITシステムに侵入して被害を及ぼす前に検知して操作を無効化できます。


利用者やITシステムへの影響の低減

Kaspersky Endpoint Security for Macは、オンアクセススキャン時に消費されるリソースを最小限に抑え、包括的なセキュリティを実現します。


効率的なセキュリティ管理と一元管理

Macコンピューターのためのセキュリティ管理タスクは、カスペルスキーが保護対象とする他のエンドポイントにも使用している統合管理コンソール「Kaspersky Security Center」で一元管理できます。複雑な管理が解消され、新たな管理ツールを用意する必要がありません。  

Kaspersky Labのエキスパートによって事前に定義されたポリシーを活用することで、 管理対象のエンドポイントに迅速にセキュリティ設定を展開でき、作業効率が向上します。 

さまざまな設定オプションを活用することで、企業のセキュリティ要件に合わせて柔軟なセキュリティポリシーを設定することができます。

  • リモート配置

    システム管理者は、Kaspersky Endpoint Security for Macをリモートからインストール、管理および削除できます。

  • 保護機能の管理 

    システム管理者は、 Kaspersky Security Centerから、Macコンピューターの保護機能を構成・管理したり、アプリケーションの配置や更新を実行することができます。さらに、グループタスク、ポリシー、ポリシープロファイルの適用やレポートも作成できます。

  • 自動アップデート

    システム管理者は、アプリケーションのアップデートを、オンデマンドで、または設定したスケジュールに従って自動的に実行することができます。システム管理者は管理サーバーをアップデート元として使用し、ネットワークエージェントがインストールされたMacコンピュータに配信することができます。

  • バックアップストレージの一元管理

    システム管理者は、Kaspersky Security CenterからKaspersky Endpoint Security for MacがインストールされているMacコンピューターにアクセスして保存されているファイルの復元や完全消去などの操作を実行できます。

システム要件は、こちらをご参照ください。