Kaspersky Security for File Server

Windows、Linuxサーバーをマルウェアの脅威から保護し、感染拡大を防止

  • 多層防御の仕組みでマルウェアによる被害から防御
  • ロードバランシング機能でパフォーマンスを最適化
  • 複数サーバーのセキュリティを一元管理

サーバー製品「Kaspersky Security for File Server」ライセンス改定のお知らせ

  • 管理機能とレポート機能

    使いやすい管理ツール、簡単にアクセスできるセキュリティステータス情報、および強固なレポートシステムにより、IT セキュリティの管理を容易にします。これにより柔軟なセキュリティ設定と管理の効率化によってTCOを低減します。

  • 複雑なネットワークインフラストラクチャへの適応

    Kaspersky Security for File Server は、Citrix と Microsoft のターミナルサーバーを保護し、クラスターサーバー上で動作します。これにより、複雑なネットワークインフラストラクチャを効率的に運用できるようになり、またその管理を容易にします。

  • 仮想化環境のサポート

    Kaspersky Security for File Server は VMware Ready 認証を取得しています。

  • 主要なサーバープラットフォームに対応

    Kaspersky Security for File Server は、WindowsおよびLinux のオペレーティングシステム上で運用しているファイルサーバーに対しアンチマルウェアによる優れた保護機能を提供します。

  • 高いパフォーマンスとシステムの負荷を最小限に抑制

    Kaspersky Security for File Server は、最適化された新しいスキャンエンジンとサーバーリソースのロードバランシングにより、システムパフォーマンスへの影響を最小限に抑えながらサーバーを保護します。

  • アンチマルウェアによる信頼性の高い保護

    システムの不具合や強制シャットダウンが発生した場合でも、Kaspersky Security for File Server は自動的に再起動するため、優れたアンチマルウェアによりインフラストラクチャを保護しながら、問題の原因を調査できます。

各アプリケーションのシステム要件を確認するには、上記リストの対象アプリケーションをクリックし、「システム要件」欄をご確認ください。