Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server

さまざまなプラットフォーム上で実行されるファイルサーバーを運用する大規模な企業ネットワークにとって、アンチウイルスによる保護は難しい課題です。Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server は、多様なネットワーク環境に適応するため新たに開発された製品です。きわめて複雑で多様なネットワーク環境でもSamba サーバーとの統合およびワークステーションやファイルサーバーを保護する各機能により、優れた保護効果を発揮します。また、VMware Ready 認証を取得しており、将来を見据えた統合的な保護を実現します。

本アプリケーションは、以下の製品に含まれています:

Endpoint Security for Business | Advanced

Endpoint Security for Business | Select

  • マルウェアからの効果的な保護
  • 強力なアンチウイルスエンジン

    新しいヒューリスティックテクノロジーと従来のシグネチャベースのマルウェア検知手法を組み合せることで、悪意のあるオブジェクトの検知効率を大幅に向上し、悪意のある新種のプログラムからもプロアクティブに保護します。

  • リアルタイムな保護とオンデマンドスキャン

    起動、開く、変更の操作が行われたすべてのファイルをスキャンして、感染したすべてのファイルを駆除または削除します。さらに、感染の可能性があるファイルやコンテンツを隔離領域に格納し、詳細に分析することができます。また、システム内の特定領域をスケジュールに従い、またはオンデマンドでスキャンして、アンチマルウェアによる保護を完全にします。

  • 隔離およびバックアップ領域

    感染の可能性があるオブジェクトが検知されると、そのオブジェクトは隔離領域に格納されます。感染したファイルを削除する場合は、元ファイルのコピーがバックアップ領域に格納されます。ファイルの形式や属性情報もすべて元のままの状態を保持してバックアップされるため、アンチウイルス製品による処理方法を問わず、ドキュメントの作成に影響を与えません

  • 優れたパフォーマンス
  • サーバーのロードバランシング

    アンチウイルス製品と他のアプリケーションが使用するサーバーリソースは、タスクの優先度に従ってバリソースの割り当てが自動的に調整されます。たとえば、サーバーソフトウェアのアップデート中にアンチウイルススキャンをバックグラウンドモードで実行している場合、サーバーのダウンタイムを短縮することができます。

  • 安定したサーバーの運用

    アンチウイルス製品のインストールまたはアップデート時にサーバーを再起動する必要はありません。これは、サーバーの再起動や運用を一時停止することなくメンテナンスができることは企業ネットワークにとって重要なことです。サーバーソフトウェアは継続して稼働するため、安定した業務を継続できます。

  • 定義データベースのアップデート

    定義データベースのアップデートは、オンデマンド、またはカスペルスキーのサーバーまたはお客様のローカルサーバーから自動で実行できます。その際、最も通信負荷の少ないアップデートサーバーが自動的に選択されます。アップデートファイルは Kaspersky Security Center サーバーからダウンロードすることもできるので、ネットワーク上に複数のカスペルスキー製品がインストールされている場合でも、アップデートファイルをより迅速にインストールし、受信トラフィック量を低減できます。

  • 容易な管理
  • インストールと管理の一元化

    システム管理者は、統合管理システムである Kaspersky Security Center を使用して、複数のサーバー上にある製品を一括で構成し、リモートで管理することができます。

  • 豊富な機能を搭載した管理ツール

    管理者は、カスペルスキーの Web 管理コンソール、Kaspersky Security Center、またはコマンドライン管理の中から最適な管理ツールを選択することも可能です。

  • 容易なインストール

    製品のインストールは数分で完了し、インストールに必要なパッケージは 1 つだけです。

  • 柔軟なスキャンの設定

    さまざまな設定が可能なため、管理者は以下のことを行えます:

    • アンチウイルスによる保護のレベルを調整
    • ファイルサーバー上の保護対象オブジェクトへのアクセス権限をユーザーごとに設定
    • スキャンから除外するオブジェクトを指定
    • 疑わしいオブジェクトや感染したオブジェクトに対し特定のアクション(脅威の種別ごとの対応など)を割り当て
    • 柔軟なスケジュール設定でスキャンを開始

    こうした多様で柔軟な設定によって、サーバーの負荷を最適化し、企業ネットワークのセキュリティを容易に管理することができます。

  • レポートシステム

    管理者は、Web コンソールから PDF または XLS 形式で、または Kaspersky Security Center からグラフィックレポートを使用して Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server を管理できます。コマンドラインを使用して、特定のコンポーネントのレポートを HTML または CSV 形式で参照することも可能です。

  • セキュリティイベントの通知機能

    管理者は、SMS、IM、SMTP により、または Kaspersky Security Center から、さまざまなイベントに関する通知を受け取ることができます。本製品では、Simple Network Management Protocol (SNMP)もサポートしています。

  • ファイルサーバー向けに最適化された保護

    Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server のアーキテクチャは、Linux などの多様なネットワーク内にあるファイルサーバーに対して、ファイルシステムレベルおよび SMB / CIFS データ転送プロトコル(Samba サーバー)レベルで同時に機能する多層保護を提供します。メインのアンチウイルスモジュールはカーネルレベルの監視を行い、サーバーのファイルシステムをリアルタイムで保護します。さらに、さまざまなデータ転送プロトコルを使ってアクセス可能なサーバーファイルシステム内のローカルリソースとリモートリソースのいずれも保護します。

  • カスペルスキーの Web 管理コンソール

    新しい Web 管理コンソールのダッシュボードでは、Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server のステータスに関するデータがリアルタイムに表示され、設定や管理を行うこともできます。

  • 優れたパフォーマンス

    新しいアンチウイルスエンジンは、サーバーリソースのロードバランシングを実行し、アンチウイルススキャンを最適化します。信頼性の高いプロセスをスキャン対象から除外することも可能です。これらの機能によって、Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server のパフォーマンスが向上し、アンチウイルススキャン時に必要なシステムリソースを低減します。

  • 信頼性

    Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server は、不具合が発生したり、強制的にシャットダウンを実行した場合でも自動的に再起動するため、アンチマルウェアによる信頼性の高い保護が保証されます。

  • VMwareのサポート

    Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server は、アンチマルウェアとその他のコアテクノロジーを合わせ持った製品ファミリーのひとつの製品です。サーバーが物理マシンとゲスト仮想マシンのいずれで実行されているかを問わず、Linuxベースのファイルサーバー上に保存されているすべてのファイルを保護します。



システム要件は、こちらをご参照ください。