Kaspersky Security for Linux Mail Server

多様なマルウェアよりLinuxメールサーバーを保護

  • 送受信メールと保存されているメールのスキャン
  • インテリジェントなスパムフィルタリングによってトラフィックを削減
  • 機密データの漏洩を防止

技術情報

詳しくはこちら

  • 容易な管理機能

    使いやすい管理ツール、メールの保護のステータス情報、柔軟なスキャン設定、およびレポート機能により、セキュリティを簡単に管理できます。

  • 最新の保護

    ひんぱんに行われるデータベースアップデートにより、最新のマルウェアやスパムに対するプロアクティブな保護を実現します。

  • 効率的な保護

    Kaspersky Security for Linux Mail Server の優れた信頼性とパフォーマンスにより、重要なビジネスプロセスへの影響を最小限に抑えることができます。

  • 仮想化環境をサポート

    Kaspersky Security for Linux Mail Server は VMware Ready の認証を取得しています。

  • グローバルとローカルによる安心のサポート体制

    カスペルスキーでは、質の高いテクニカルサポートを 24 時間提供しています。また、さまざまな企業向けサポートプログラムも提供しています。

  • メールサーバー向けの保護

    Kaspersky Security for Linux Mail Server は、メールメッセージをスキャンして、フィッシングの脅威やマルウェアがあるWebサイトへのリンクを検知し、脅威から従業員を保護します。

  • 多層スパムフィルタリング

    インテリジェントなクラウド型スパムフィルタリングがリアルタイムで実行されるため、迷惑メールによるトラフィック量の負荷を大幅に削減することができます。

  • システムリソースの最適化

    新しいアンチウイルスエンジン、サーバーリソースのロードバランシング、最適化されたアンチウイルススキャンテクノロジー、および指定したオブジェクトをスキャン対象から除外する機能により、Kaspersky Security for Linux Mail Server は、パフォーマンスを維持しながら、アンチウイルススキャンの実行に必要なリソースを最小限に抑えます。

  • 安定した保護

    システムがシャットダウンしても自動的に再起動するため、安定した保護を実現しながら、不具合の原因を調査できます。

アプリケーションのシステム要件は、対象アプリケーションページの「システム要件」欄で確認できます。