Kaspersky Security for Mobile

個人のみならず、企業の業務においてもモバイル端末の利用が広がり、それに伴ってモバイル端末を狙う攻撃対策や、紛失・盗難時における情報漏洩対策の必要性が高まっています。Kaspersky Security for Mobileは、企業におけるモバイル端末のセキュリティ対策を効率よく実現します。危険サイトやフィッシングの脅威から保護し、Android端末のマルウェア感染を防ぎます。また、モバイル端末の紛失・盗難の対策としてリモートロックやリモートワイプ機能などを搭載する他、管理者の運用を容易にするためモバイル端末へのセキュリティ設定の反映やイベント情報を取得できます。

本アプリケーションは、以下の製品に含まれています。

Endpoint Security for Business | Advanced

Endpoint Security for Business | Select

  • マルウェア感染や危険サイトへのアクセスを防止
  • カスペルスキーはモバイル向けマルウェアを初めて発見したセキュリティベンダーで、モバイル端末を安全に使用できるようさまざまな防御テクノロジーを開発、実装しています。

  • 多層防御の仕組みでマルウェアから保護(Android)

    ウイルス定義データベース、クラウドプロテクション(Kaspersky Security Network)といったテクノロジーを駆使し、ファイルや新しいアプリをリアルタイムにスキャンしてマルウェア感染から強力に保護します。また、管理者が指定したスケジュールでモバイル端末を定期的にスキャンすることも可能です。

  • 危険なWebサイトのブロック(Android/iOS)

    マルウェアに感染させる、個人情報を盗む、などの危険なウェブサイトへのアクセスをブロックします。また、アダルトやギャンブルなど、管理者が予め指定したコンテンツを含むサイトに従業員がアクセスできないよう設定できます。
    ※Android端末ではGoogle Chromeブラウザーのみサポート、iOS端末ではKaspersky Safe Browser のみサポート

  • 迷惑電話、スパムSMS対策(Android)

    指定した番号からの着信、およびSMSをブロックすることができます。

  • Root化/Jailbreak(脱獄)の検知(Android / iOS)

    端末のRoot化/Jailbreakを検知すると管理者に通知します。そして、その端末のコンテナー上にある業務アプリやデータへのアクセスをブロックしたり、リモートよりデータを削除することができます。

  • モバイルアプリケーション管理(MAM)
  • 業務アプリとデータ用の専用領域であるコンテナーを設け、業務利用向けにセキュリティを一層強化できます。

  • アプリの動作制御(Android)

    アプリをコンテナー内に配置することで以下のことが可能となり、セキュリティが確保された環境で業務アプリを使用できます。

    • アプリ起動時におけるユーザー認証の設定
    • アプリのデータを暗号化
    • 他のモバイルアプリへのデータ転送の制御
    • アプリのインターネットへのアクセス制限
    • アプリにより送信されたSMSの監視
    • アプリが発信する通話の監視
  • アプリの起動コントロール(Android)

    ホワイトリストに登録されたアプリのみ起動を許可するポリシーや、ブラックリストに登録されたアプリのみ起動をブロックするポリシーを展開できます。また、指定したカテゴリーに該当するアプリの起動を制限することも可能です。禁止されたアプリを実行しようとすると、管理者向けレポートに記録されます。アプリの起動を実際にはブロックせずに報告のみ行うことも可能です。

  • インストールされたアプリの把握

    各モバイル端末にインストールされているアプリの情報をレポートにて確認できます。

  • モバイルデバイス管理(MDM)
  • 盗難対策を実施したり、カメラやWi-Fiの使用を制御します。

  • 紛失・盗難対策(Android/iOS)

    端末の紛失・盗難時には、リモート操作による端末のロックや、GPS追跡機能で端末の位置を特定することができます。また、リモートから全てのデータまたは業務データ(コンテナー上のデータや、Wi-FiおよびVPNへの接続設定など)の削除や、SIMが差し替えられた場合に新しい電話番号を管理者に通知したり端末をロックするSIM監視が可能です。
    ※iOS端末は、位置特定のみ可

  • Google Cloud メッセージング(GCM) との連携(Android)

    GCMを通じて、Android端末へのコマンドのプッシュ通知ができるようになりました。これにより、モバイル端末と素早く同期できます。特に、モバイル端末の紛失や盗難時の端末ロックやデータ消去など、一刻を争う対応に有効です。

  • 元従業員による業務アプリとデータへのアクセス防止(Android)

    BYODにて個人所有のモバイル端末を使用していた従業員が退職した場合、選択的消去機能にて、端末所有者の個人データや設定を削除することなく、コンテナー内の業務アプリとデータを削除できます。

  • モバイルセキュリティの統合管理
  • モバイル端末のセキュリティ設定、タスク実行、イベント監視などを一元管理でき、管理者の運用を容易にします。

  • 管理コンソールでモバイル端末を一元管理し、効率的に運用管理(Android/iOS)

    システム管理者が設定したポリシー(セキュリティ設定)をモバイル端末に反映したり、ウイルス検知などのイベント通知やレポートで、端末のセキュリティ状況を把握できます。

  • コンプライアンスコントロール(Android)

    ポリシーに準拠しているかを確認し、必要に応じて端末の動作を制限します。例えば、リアルタイム保護が有効か、ウイルス定義データベースが最新か、管理サーバーと定期的に同期しているかをチェックします。そして基準を満たさず、指定した時間を経過しても修正されていない場合、アプリの起動ブロック、端末ロック、データ消去といった処理を実施します。

  • Android for Workとの連携(Android)

    Googleが提供するAndroid for Workの仕事用プロファイルを作成し、管理端末に反映してセキュリティを強化できます。例えば、仕事用プロファイル内で提供元不明のアプリのインストールを禁止したり、仕事用プロファイルから個人用プロファイルへのデータ転送を禁止することができます。

  • モバイル端末利用者向けWebサイト(Android/iOS)

    管理者はモバイル端末利用者にWebサイトを通じてモバイル端末管理機能の一部を割り当てられます。
    モバイル端末の紛失や盗難の際に、利用者自身がWebサイトから端末ロックやデータ消去を実行でき、素早い対応を可能とすると同時にシステム管理者の業務負荷を軽減します。

モバイル端末を業務で安全に使用できるようにし、管理者の運用負荷を軽減します。

  • 多層防御で安全なモバイル環境を実現

    さまざまな防御テクノロジーにより、マルウェア感染の防止や、危険なWebサイトへのアクセスをブロックし、モバイル端末を安全に業務利用できるようにします。

  • 業務データの漏洩防止

    モバイル端末の紛失・盗難時には、盗難対策機能によって業務データが漏洩するリスクを低減できます。リモートロック、データ消去(業務データ、もしくは全てのデータ)などの機能が搭載されており、管理者だけでなくユーザーにも実施させることができます。

  • モバイル端末のセキュリティ管理を効率化

    モバイル端末のセキュリティ設定やタスク実行を一元管理でき、管理者の運用を容易にします。ウイルス検知などのイベントは管理者に通知されます。そして、ポリシーに準拠していないモバイル端末に対し、端末ロックやアプリ起動をブロックできます。

システム要件は、こちらをご参照ください。