Kaspersky Security Center

Kaspersky Security Centerは、セキュリティ管理やITシステム管理の運用を効率化します。企業のセキュリティ要件に合わせて柔軟に拡張できる管理ソリューションで、単一の統合管理コンソールを利用してシステムとセキュリティを包括的に管理することができ、管理業務を分担して行うこともできます。

本アプリケーションは、以下の製品に含まれています。

Endpoint Security for Business | Advanced

Endpoint Security for Business | Select

Endpoint Security for Business | Core

Security for Linux Mail Server

Vulnerability and Patch Management

マルチプラットフォームのセキュリティを統合管理

Kaspersky Security Centerは、システム管理者向けに統合管理コンソールを提供し、PC、サーバー、モバイル、仮想化環境を一元的に管理できます。

  • すべてのデバイスのセキュリティを簡単に管理

    単一コンソールからすべてのプラットフォーム上のエンドポイントに対してセキュリティポリシーを設定、適用および管理できるため、システム管理者は効率的に管理業務が行え、システム全体の保護状態を詳細に把握できます。

  • リスクを最小化し、利用者の作業効率を向上

    Kaspersky Security Centerでは、マルウェアの脅威に対応するために、ネットワークにアクセスできるデバイスやアプリケーションを選択し、それらをどのように実行できるのかを定義し、コントロールすることができます。利用者がアクセスできるデバイス、アプリケーション、Webサイトを管理し、コントロールします。

  • システム全体の把握

    SIEM製品との統合により、システム全体の状況を包括的に把握できます。


モバイルの安全な保護とデバイス管理

Kaspersky Security Centerは、同一の管理コンソールから業務用に企業が所有するモバイル端末と利用者個人が所有するモバイル端末を効率的に管理します。利用者は、外出先でも、安全に保護された状態でモバイル端末を使用できます。

  • 重要な企業データの漏洩防止

    利用者の端末に保管されている企業データと個人データを分離し、企業データに対してパスワードや暗号化の設定を強制させることで、端末の盗難や紛失があっても情報の流出を防止できます。盗難対策機能により、万一紛失や盗難にあったモバイル端末に対してロック、データ消去、GPSによる追跡を実行できます。システム管理者だけでなく利用者自身も、利用者個人向けの管理ポータルからこれらの機能を利用できます。

  • 安全な公衆Wi-Fiの利用

    信頼されていない公衆Wi-Fiネットワークを利用すると、端末や企業ネットワークが攻撃を受けるリスクが増加します。利用者が外出先で利用できるように信頼するネットワークのリストを作成することで、モビリティを低下させることなく、信頼できるWi-Fiネットワークへのアクセスを許可し、信頼できないネットワークの利用を禁止できます。


脆弱性とパッチ管理機能

※以下のライセンスで使用可能

脆弱性監査やパッチ管理などの機能を提供し、システム管理業務の生産性を向上させます。

脆弱性監査とパッチ管理

Kaspersky Security Centerは、アプリケーションやオペレーティングシステムの脆弱性を検知することで、悪意あるプログラムがネットワークに侵入可能な入り口を特定し、修正パッチとアップデートを自動配信し、脆弱性のない安全なセキュリティシステムを運用できます。

  • リスクの発生箇所を特定

    Kaspersky Security Centerが提供する脆弱性監査機能は、一般に広く利用されている150種類以上のソフトウェアやアプリケーションを監視します。脆弱性を検知すると、重要度の優先順位を付けを行い、最も危険な脆弱性から順に対応します。

  • リスクを自動的に軽減

    パッチのダウンロード、配信、インストールを自動的に実行します。タスクの実行結果のレポートを利用して、パッチが正しく適用されているかを確認し、パッチのインストール状況を監視することができます。


効率的なシステム運用

Kaspersky Security Centerは、日々の管理業務を効率的に遂行できるシステム管理機能を提供します。Kaspersky Security Centerのクライアント管理ツールを利用して、ハードウェアとソフトウェアのインベントリを自動収集してリストを作成し、管理対象のコンピューターにソフトウェアを簡単に配信、インストールできます。

  • 作業負担の軽減

    システム管理者は、リモート接続機能を利用して新しいコンピューターをリモートからセットアップすることができます。また、スケジュール機能で任意の時間にアプリケーションを自動インストールできるため、管理者の作業負担を軽減し、作業効率が向上します。

  • 問題解決時間の短縮

    システム管理者は、リモートから調査が必要なコンピューターに接続して迅速にトラブルシューティングを行うことができるため、問題解決までの時間を短縮し、管理業務の効率が向上します。

システム要件は、こちらをご参照ください。

Kaspersky Endpoint Security for Business

Kaspersky Security Center

ソリューションデータシート