Kaspersky Security Center

PC、サーバー、モバイル、仮想化環境などのマルチプラットフォームに対応した統合セキュリティ管理ツールです。各プラットフォームにおけるカスペルスキー製品のセキュリティ設定、タスク、イベント状況の一元管理を実現し、システム管理者の運用を効率化します。

本アプリケーションは、以下の製品に含まれています。

Endpoint Security for Business | Advanced

Endpoint Security for Business | Select

Endpoint Security for Business | Core

Security for Linux Mail Server

  • マルチプラットフォームのセキュリティを統合管理
  • Kaspersky Security Centerが提供する統合管理コンソールは、カスペルスキー製品の設定や管理を一元的に行うことができ、システム管理者の運用を効率化します。

  • 統合管理コンソールによる一元管理

    管理者向けに統合管理コンソールを提供し、PC、サーバー、モバイル、仮想化環境など各プラットフォームにおけるカスペルスキー製品のセキュリティ設定、タスク、イベント状況の一元管理を実現します。

  • セキュリティ設定の配信やタスクの実行

    管理端末をグループ化し、グループごとに最適なセキュリティ設定(検知時の動作や、ヒューリスティック分析のレベルなど)を展開することができます。また、カスペルスキー製品を効果的に運用するため、定義データベースの更新や、脆弱性スキャンなどのタスクを設定できます。

  • 通知とレポート

    管理端末のステータスを監視し、セキュリティインシデントが発生した場合、対象の端末と問題に関する情報を管理者に通知します。また、感染したコンピューターやネットワーク攻撃などの統計情報をレポートとして作成します。

  • ウイルスアウトブレイク状況への対応

    管理端末でウイルスを大量に検知した場合、アウトブレイク状態として定義できます(例.10分以内に10件のマルウェアを検知)。アウトブレイク状態をトリガーとしたセキュリティ設定の強化、ウイルス定義データベースの更新、スキャンタスクの実行が可能です。

  • システム管理機能
  • ※以下のライセンスで使用可能
      Kaspersky Endpoint Security for Business – Advanced
      Kaspersky Systems Management

    脆弱性管理やIT資産管理といった機能を提供し、システム管理業務の生産性を向上させます。

  • 脆弱性管理

    頻繁にアップデートされるOSやアプリケーション(Adobe ReaderやJavaなど)の脆弱性情報を管理サーバーに蓄積し、管理対象のWindows端末をスキャンして脆弱性を検知します。そして、脆弱性が存在する端末と脆弱性の内容をリスト化し、必要なパッチを適用します。

  • IT 資産管理

    管理コンピューターのハードウェアとソフトウェアを自動検出してリスト化します。不要なソフトウェアが発見された場合、リモートから削除できます。また、ライセンス使用超過時や期限切れが近い時などのイベント情報をシステム管理者に通知します。

  • OSイメージの作成、展開

    セキュリティパッチやアプリケーションをインストールしたOSイメージを作成し、展開することができます。OSのマスターイメージをWindows端末へ展開することで、セットアップの作業時間を大幅に短縮します。また、ユーザーは最新のセキュリティ対策が適用された端末で作業を開始できます。

  • リモートデスクトップ共有

    システム管理者にとって、ユーザーのヘルプデスク業務は大きな負担となっており、より重要な業務に時間を確保できない原因となっています。リモートデスクトップ共有は、システム管理者がユーザーのWindows端末にリモートから接続して直接操作することを可能にします。RDP(リモートデスクトップ)とは異なり、ログオンユーザーからセッションを取ることなく画面を共有し、コントロールできます。特に遠隔地にあるオフィスのITサポート業務に効果を発揮します。

システム要件は、こちらをご参照ください。