LGWAN-ASP 定義データベース配信サービス
内容説明とお申し込み

■ 概要

「定義データベース配信サービス」は、インターネットから分離されたLGWAN(総合行政ネットワーク)環境において自治体情報システム強靱化向上モデルに対応。マイナンバー制度運用におけるセキュリティ強化のため、下記ウイルス対策製品へ無償で最新の定義データベースを配信するサービスです。

■ 費用

  LGWAN-ASP 利用費用 無償   カスペルスキーセキュリティ製品のライセンス費用は別途かかります。

■ 利用可能な製品

  • Kaspersky Endpoint Security for Business  (Windows、Mac、Linux、Android)
  • Kaspersky Security for File Server
  • Kaspersky Security for Virtualization
  • Kaspersky Security for Linux Mail Server
  • Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server

ご利用につきましては、下記よりお申し込みください。
接続に必要な手順をお送りいたします。

■ 機能

  • インターネットから分離されたLGWANに接続しているPCやサーバーでのパターンファイル更新作業を自動で取得することができます。

■ メリット

  • 定義データベースの更新が自動となるため、運用負担を削減
  • ASPサービスを独自に構築しないため、導入コストを削減

また「定義データベース配信サービス」には、いわゆるパターンマッチング用定義に加えてヒューリスティック定義や振る舞い検知用の情報、ぜい弱性レポートで使用するアプリケーションぜい弱性情報も含まれ、他社製品に比べ更なるセキュリティ強化が図れます。


地方公共団体様用
お申し込み

使用者が地方公共団体様である場合のお申し込みページ
地方公共団体様自身または地方公共団体様に構築サービスをされる販売会社様は、 こちらからお申込みください。


LGWAN-ASP
サービス提供事業者様用
お申し込み

使用者がLGWAN-ASPサービスを提供されている事業者様である場合のお申し込みページ
LGWAN-ASPサービスを提供するサーバーにカスペルスキー製品を導入される場合、こちらからお申込みください。


株式会社カスペルスキー コーポレートビジネス本部
TEL:03-3526-8530
Mail:jp-sales@kaspersky.com