Kaspersky® Administration Kit

この製品の販売は終了しています。新製品Kaspersky Security Centerをご利用いただけます。


Kaspersky Administration Kit は、企業ネットワーク全体に分散されたPCやサーバのセキュリティを監視・管理するためのソフトウェアです。

IT管理者・セキュリティ管理者は「PCやサーバにセキュリティ対策製品がインストールされているか?」、「定義データベースは最新か?」、「スキャンは行われているか?」を、Kaspersky Administration Kitを通して速やかに確認することが可能になります。

また、セキュリティポリシーの一括管理、定義データベースの更新タスクやスキャンタスクなどの一括管理も可能です。大規模インフラに対応するため、Active Directoryとの連携や自動グループ配置機能も実装され、管理負荷を削減します。


概要

簡単な導入
Kaspersky Administration Kitには、PCやサーバに導入するアンチウイルスソフトウェアがあらかじめ含まれています。また、管理対象端末に配布するセキュリティポリシーや各種タスクなどもあらかじめ設定されており、インストール直後からPCやサーバを管理することが可能です。
また、他社セキュリティ対策製品をアンインストールする機能も含まれており、管理対象端末の乗換作業の作業工数を抑えることができます。

あらゆる環境にも対応
スペックの低いサーバやクライアントコンピュータにも導入することが可能です。管理対象コンピュータからのアクセス間隔を調整したり、管理グループ毎に各種タスクのスケジュールを調整することで、管理サーバの負荷を軽減することができます。また、スレーブサーバや更新エージェントを導入して、エンタープライズレベルの台数のPCやサーバの分散管理が可能です。もちろんスレーブサーバはマスターサーバからフルコントロールすることが可能です。

一元管理
Active Directoryとの連携機能や管理対象端末のIPアドレス・ホスト名・OSの種類に応じた自動グループ配置機能を使えば、複雑な企業インフラに分散されたPCやサーバを分かりやすいグループ毎に管理することができます。
管理対象端末はWindows OSにとどまらず、Windows Server OS、Linux OSに加えMac OSにも対応し、すべてのOSを一つの管理コンソールから管理することが可能です。また、支店・支社・海外拠点を管理するスレーブサーバを用意しマスターサーバと連携させれば、マスターサーバ側で全世界、全拠点に分散された管理対象端末を管理することが可能になります。

常に最先端の保護機能を提供
アプリケーションや定義データベースはKaspersky Administration Kit側で定期更新・一括管理され、管理対象端末に配布されます。管理対象端末のセキュリティ対策が常に最新の状態であることをKaspersky Administration Kit側で確認できます。定義データベースのアップデートを、管理対象端末に配布する前にテストすることも可能です。また、万が一の緊急事態に備えて、リモート診断機能およびバックアップとリストア機能をご用意しています。
検知されたオブジェクトもKaspersky Administration Kitで管理・採取することが可能です。

強力なレポート機能
リアルタイムで更新される管理コンソール画面を使用すると、管理対象コンピュータで発生したウイルス検知のイベントや、定義データベースの更新状況、ライセンスの使用状況に至るまで様々なレポートを出力することが可能です。これらのレポートはあらかじめテンプレートとして用意されており、管理グループ、レポート期間、拠点毎にカスタマイズすることが可能です。また、これらのレポートを定期的に、またはイベント発生の都度、管理者宛に送付することが可能で、管理者は企業ネットワークのセキュリティ状態を常に的確に把握することができます。また、SNMPにも対応しており、イベント発生時の通知も速やかに行います。

ユーザの業務をさまたげない動作
クライアントコンピュータの保護や実装、アンインストールやメンテナンス作業にいたるまで、ユーザの業務をさまたげずに実行できます。さらにKaspersky Administration Kit なら、イベント発生時のポップアップやアンチウイルス製品の存在自体をユーザに知らせずにしておくことも可能ですので、ユーザから管理者への問い合わせを減らすことができます。
また、リモート診断ユーティリティを使うと、管理対象端末のシステム情報・イベントログ・トレースログなどの情報をリモートからし、リモートから対応することが可能です。

Kaspersky Administration KitはCiscoのNAC および MicrosoftのNAPソリューションとの統合が可能です。



Administration Kitで管理できるアプリケーションリスト

Administration Kitでは、以下のカスペルスキー製品を管理できます。

クライアント
  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstations 6.0
  • Kaspersky Anti-Virus Second Opinion Solution 6.0
  • Kaspersky Anti-Virus for Linux Workstation 5.7
  • Kaspersky Endpoint Security 8 for Mac New!
サーバ
  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Server 6.0
  • Kaspersky Anti-Virus for Windows Server Enterprise Edition 6.0
  • Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server 5.7


システム要件

ご注意:メモリ要件およびプロセッサ要件は、そのコンポーネントをインストールするための最小要件です。記載の要件よりも高い水準のメモリおよびプロセッサを搭載したコンピュータの使用をお勧めします。

管理サーバ

OS・ソフトウェア要件 ハードウェア要件

OS

  • Microsoft Windows Server 2003 以上
  • Microsoft Windows Server 2003 x64 以上
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2008 (Server Core インストールされたもの)
  • Microsoft Windows Server 2008 x64 Service Pack 1、Service Pack 2 (公開されている更新をすべて適用済みのもの)※1
  • Microsoft Windows Server 2008 R2
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 (Server Core インストールされたもの)
  • Microsoft Windows Small Business Server 2011
  • Microsoft Windows XP Professional (Service Pack 2 以上)
  • Microsoft Windows XP Professional x64 以上
  • Microsoft Windows Vista Service Pack 1 以上
  • Microsoft Windows Vista x64 Service Pack 1 (公開されている更新をすべて適用済みのもの)※1
  • Microsoft Windows 7 Professional / Enterprise / Ultimate x86 および x64

※1 Microsoft Windows Installer 4.5 要インストール


データベースサーバ

  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Service Pack2 以上
  • Microsoft SQL Server 2005 SP2 以上
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008
  • Microsoft SQL Server 2008 R2
  • MySQL Enterprise 5.0.60 SP1, 5.0.70, 5.0.82 SP1, 5.0.90.
  • MySQL 5.0.67、5.0.77、5.0.85、5.087 SP1、5.091

その他

  • Microsoft Data Access Components (MDAC) 2.8以上 (Kaspersky Administration Kit のインストールパッケージに含まれています)
  • Windows DAC 6.0
  • Microsoft .NET Framework 2.0 (Kaspersky Administration Kit のインストールパッケージに含まれています)
  • CPU: 1 GHz 以上
  • メモリ:512 MB 以上
  • ハードディスク空き容量:1 GB 以上

管理コンソール

OS・ソフトウェア要件 ハードウェア要件

OS

  • 対応 OS は管理サーバに準じます。

その他

  • Microsoft Management Console 2.0 以上
  • Microsoft Internet Explorer 7.0 以上(Microsoft Windows XP、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Vista の場合)
  • Microsoft Internet Explorer 8.0 以上(Microsoft Windows 7 の場合)

32 ビット版コンピュータの場合

  • CPU: 1 GHz 以上
  • メモリ:512 MB以上
  • ハードディスク空き容量:1 GB 以上

64 ビット版コンピュータの場合

  • CPU:1.4 GHz 以上
  • メモリ:512 MB 以上
  • ハードディスク空き容量:1 GB 以上

ネットワークエージェント・更新エージェント

OS・ソフトウェア要件 ハードウェア要件

OS

  • Windows
    対応 OS は管理サーバに準じます。
  • Linux
    対応 OS は、使用する Workstation / Server 製品のシステム要件に依存します。

使用する Workstation / Server 製品の動作要件により、追加要件が発生する場合があります。

32 ビット版コンピュータの場合

  • CPU:1 GHz 以上
  • メモリ:512 MB 以上
  • ハードディスク空き容量:
    ネットワークエージェント用: 32 MB
    更新エージェント用:500 MB

64 ビット版コンピュータの場合

  • CPU:1.4 GHz 以上
  • メモリ:512 MB 以上
  • ハードディスク空き容量:
    ネットワークエージェント用:32 MB
    更新エージェント用:500 MB

動作確認済み仮想環境

管理サーバ、管理コンソール、ネットワークエージェントは以下の仮想環境上での動作確認を取っており、サポート対象とさせて頂いております。

  • VMware Workstation 6.5 for Windows
  • VMware Server 1.0.4
  • VMware ESXi 4.0