Life@カスペルスキー

   

成功を支えるLab Formula

しばらく前まで、カスペルスキーの目標は、普通のユーザーに安全なインターネット環境を提供するというシンプルなものでした。ところが最近は状況が変化しており、デジタル環境はより拡大し複雑化しています。毎日、多数の新しく極めて高度なサイバー脅威が出現しています。これは、退屈した若者があなたのメールをのぞき見るようなことだけではありません。今日のサイバー犯罪者は、会社を破滅させたり、誰かの命を奪う力を手にしています。

このためKaspersky Labでは毎日、お客様が安心安全にインターネットを利用できるように努めています。戦う相手はウイルスだけでなく、組織化したサイバー犯罪者の一団です。ほとんどの人は、すぐそこにあるオンラインで日々厳しい戦いが行われているとは思いもしません。この戦いに気づかずにいられるという事実は、当社が成功をおさめていることの何よりの証です。私たちとともに戦うすべての人が友人、味方であり兄弟です。優れた仕事を誇らしく語る必要のない、真の守護者です。

私たちは特別捜査官のように、24時間365日休みなく、世界のあらゆるところで活動しています。それぞれに才能を活かし、バグの発見からユーザーインターフェイスの設計まで、あらゆる仕事をしていますが、皆がまとまって1つの力を発揮しています。当社は、モスクワのイノベーション開発センターを拠点とするグローバル企業です。「IT上の脅威から世界を守る “Save the World from IT threats”」をミッションとし、誰にとっても安心安全にインターネットを利用できる環境を目指しています。

   

人材開発

カスペルスキーの人材開発(L&D)の使命:従業員の学習と能力開発を促進し、革新的なチーム学習、進歩的なメンタルモデルとあらゆる領域におけるシステム思考を通じて、将来のサイバーセキュリティのビジョンを実践できるようにすること

カスペルスキーの推進力となるのが、サイバー脅威の調査と先進のセキュリティテクノロジーの開発にあたる世界水準のプロフェッショナルたちです。 Lab Formulaの価値の中核をなすのが知識と技術です。私たちはこの価値を共有して高めるためのグローバルな学習環境を用意しています。

従業員とマネージャーが定期的に相談とフィードバックセッションを持ち、能力開発の目標を設定します。その後、グローバルL&Dチームがさまざまなツールとオプションによる開発パスを用意し、能力の持続と向上に不可欠なスキルと知識の拡充を図ります。

グローバルL&Dシステムを構成する5つの主な要素:

  • ソフトスキル – EcoSetおよびカスタマイズプログラム
  • ハードスキル – 外部技術コース
  • 言語学習 – 対面式/ハイブリッド/オンラインプログラム
  • 学習環境イニシアチブ – Eggucation、All Teach All、Career Nightなど
  • 人材管理 – 開発センター(指名制)

これと同時に、カスペルスキーでは従来より自己啓発も評価されています。従業員のニーズに応えるあらゆるツールが提供されます。 当然ながら、システムの中心となるのは従業員自身とそのOJTです。アリストテレス「何かを学ぶとき、実際にそれを行うことによって我々は学ぶ」