アントン・イワノフ(Anton Ivanov)

最高技術責任者

Kasperskyの研究開発部門を統括。

2011年、マルウェアアナリストとしてKasperskyに入社。ヒューリスティック検知を担当するグループで5年間シニアマルウェアアナリストを務めたのち、2016年に振る舞い検知を担当するチームリーダーに就任。ランサムウェアをはじめとするさまざまなマルウェア脅威から、お客様をプロアクティブに保護する業務を担当。

2018年には高度な脅威を調査・検知を担当するチーム のリーダーとして、高度サイバー攻撃(APT)の調査および標的型攻撃を検知する製品の品質向上の責任者となる。2019年、脅威調査チームのバイスプレジデントに就任。Kasperskyの脅威調査チームの推進と発展、技術スタックの構築をはじめとした、戦略的に重要なタスクを多数統括している。