Kaspersky Endpoint Security for Linux (サーバーおよびワークステーション向け)

Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、クラウドベースの多層防御型セキュリティにより、Linuxオペレーティングシステムが稼働するサーバーおよびワークステーションを保護します。システムに与えるパフォーマンスの影響を最小限に抑えながら、信頼性の高い保護を実現します。

Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、他の法人向け製品(Kaspersky Endpoint Security for Business、Kaspersky Security for File Server)と合わせて導入することもでき、あらゆるタイプのITインフラストラクチャを完全に保護し、すべてのプラットフォームを安全な状態に保持します。

  • サイバー脅威に対する信頼性の高い保護機能

    Kaspersky Endpoint Security for Linuxでは、Linuxベースのワークステーションおよびサーバーを既知の脅威や高度な脅威から保護するため、他のKaspersky Endpoint Security for Businessのアプリケーションと同じ多層防御型セキュリティを採用しています。クラウドベースの脅威インテリジェンスの情報を活用して、誤検知率の低減と業務遂行を妨げることなく最新の脅威に対し迅速に対応します。

    • ビジネスを守る次世代のテクノロジー

      Kaspersky Lab独自のHuMachine™アプローチは、ビッグデータを解析した脅威インテリジェンス、機械学習、エキスパートによる分析を組み合わせることで、より強固な多層防御を実現します。この相互作用によって高度な多層防御が実現し、より強固な保護が可能になります。

    • クラウドベースの脅威インテリジェンス

      Kaspersky Security Network(KSN)は、世界中でカスペルスキーをご利用中のお客様から同意を得た上で、脅威に関するデータを匿名化して収集しています。このクラウドベースの脅威インテリジェンスでは、疑わしいファイルから大量のメタデータを収集、蓄積しており、コンテンツ全体を分析することなくファイルやURLの安全性を迅速かつ正確に判断することができます。これにより、既知の脅威だけでなく、未知の脅威からも瞬時に保護することができます。

    • ヒューリスティック分析でマルウェアの検知を向上

      ヒューリスティック分析は、従来のシグネチャーベースの技術を補完することで、悪意あるオブジェクトの検知の効率性を大幅に向上させます。従来の検知手法については、データベースのアップデートが定期的また緊急時にも自動的に動作するため、高いマルウェア検知率を実現し、ITインフラストラクチャの保護レベルが向上します。

    • メモリに潜む「実体のない」マルウェアの検知

      ディスクブートセクターとともに、起動されたプロセスのメモリをスキャンすることで、特定が非常に困難なメモリに潜む「実体のない」マルウェアのような高度で最新の脅威を検知することができます。

    • 自動再起動による継続的な保護

      システムに不具合または強制終了した場合、システム管理者が介入しなくても速やかにエンドポイントを保護できるようKaspersky Endpoint Security for Linuxが自動で再起動するため、保護が中断することなくシステムを安全に運用することができます。

    物理マシンおよび仮想マシン(VM)のパフォーマンス向上

    Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、他のプログラムやシステム全体のパフォーマンスへの影響を最小限に抑えるよう設計された製品です。

    • 安定したサーバーの運用

      Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、サーバーリソースのロードバランシングを実行し、アンチウイルススキャンを最適化します。信頼性の高いプロセスをスキャン対象から除外することも可能です。これらの機能によって、システム のパフォーマンスが向上し、アンチウイルススキャン時に必要なシステムリソースを低減します。サーバーソフトウェアのアップデート中にアンチウイルススキャンをバックグラウンドモードで実行している場合、サーバーのダウンタイムを短縮することができます。

    • Linuxサーバー向けに最適化された保護

      Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、多様なネットワーク内にあるLinuxサーバーを多層防御で保護します。アクセスされたネットワーク共有フォルダのみ監視することで、システムリソースを無駄に消費しないよう自動的に最適化します。

    • リアルタイムな保護とオンデマンドスキャン

      Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、起動、開く、変更の操作が行われたすべてのファイルをスキャンして、感染したすべてのファイルの駆除や削除します。また、システム内の特定領域をスケジュールに従い、またはオンデマンドでスキャンして、アンチマルウェアによる保護を完全にします。以前のバージョンとは異なり、Kaspersky Endpoint Security for Linuxでは、権限のないユーザーのファイルスキャンも可能です。

    一元管理の向上

    Kaspersky Endpoint Security for Linuxは、一元管理ツールである Kaspersky Security Center を使用して、エンドポイントセキュリティアプリケーションをインストールおよび導入し、インストール後にローカルとリモート環境の両方を一元管理することができます。さまざまなポリシーやタスクを任意のグループに適用することで、システム管理者はグループ単位または個別単位で Kaspersky Endpoint Security for Linux を柔軟に設定できます。コマンドラインインターフェイスの機能強化により、Linux管理者が使い慣れたコマンドラインで製品管理が容易に行えます。

    • 容易なインストール

      Kaspersky Endpoint Security for Linuxのインストールプログラムは、システム管理者がインストール時に必要な設定を容易に行えるよう工夫されています。また、製品のインストールは数分で完了し、インストールに必要なパッケージは 1 つだけです。

    • 継続的な運用

      ワークステーションやサーバーのオペレーティングシステムがアップデートされた後、アプリケーションの再インストールや再セットアップは必要ありません。システム管理者が介入することなく、マルウェアに対する信頼性の高い保護機能が動作し続け、安定した継続的なシステムの運用が可能です。

    • 柔軟なスキャンの設定

      多様で柔軟な設定によって、システムのパフォーマンスを最適化し、高度な保護レベルを実現できます。システム管理者は、以下のことを行えます。

      • アンチマルウェアによる保護のレベルを調整
      • スキャンから除外するオブジェクトを指定
      • 疑わしいオブジェクトや感染したオブジェクトに対し特定のアクション(脅威の種別の対応など)を割り当て
      • 柔軟なスケジュール設定でスキャンを開始
    • ハードウェア要件

      32ビットOSの場合:

      • CPU:Core 2 Duo 1.86 GHz以上
      • メモリー:1 GB以上
      • スワップ領域:1 GB以上
      • 空きディスク容量:1 GB以上(インストール用、および一時ファイルとログの保管用)

      64ビットOSの場合:

      • CPU:Core 2 Duo 1.86 GHz以上
      • メモリー:2 GB以上
      • スワップ領域:1 GB以上
      • 空きディスク容量:1 GB以上(インストール用、および一時ファイルとログの保管用)
    • ソフトウェア要件

      1.サポートOS

      • Red Hat® Enterprise Linux® 6.7, 6.8 (32/64ビット)
      • Red Hat® Enterprise Linux® 7.2, 7.3, 7.4 (64ビット)
      • CentOS-6.7, 6.8 (32/64ビット)
      • CentOS-7.2, 7.3, 7.4 (64ビット)
      • Ubuntu 14.04 LTS, 16.04 LTS, 16.10 LTS (32/64ビット)
      • Debian GNU/Linux 7.10, 7.11, 8.6, 8.7 (32/64ビット)
      • openSUSE® 42.2 (64ビット)
      • SUSE® Linux Enterprise Server 12 (64ビット)
      • OracleLinux 7.3 (64ビット)
      • Novell® Open Enterprise Server 11 SP3, 2015 SP1 (64ビット) ※必要な追加構成

      2.互換性のあるKaspersky Security Centerのバージョン

      • Kaspersky Security Center 10 SP1
      • Kaspersky Security Center 10 SP2

      Kaspersky Endpoint Security 10 for Linux管理プラグイン用にMicrosoft Visual C++ 2015 Redistributable Update 3 RC (https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=52685 )のインストールが必要です。 


      3.その他

      • Perl 5.10以上 (www.perl.org)
      • whichユーティリティー
      • プログラムのコンパイル用パッケージ(gcc、binutils、glibc、glibc-devel、make、ld)、およびOSのカーネルソースコード - fanotifyをサポートしていないOSの場合。Kaspersky Endpoint Security 10 for Linuxのモジュール・コンパイル用。
      • libc6-i386モジュール - Debian, Ubuntuの64ビットOSの場合。ネットワークエージェントのインストール前にインストールが必要。
      • glibc.i686モジュール - Red Hat® Enterprise Linux® 7以上、CentOS 7以上、Oracle Linux 7以上の場合。ネットワークエージェントのインストール前にインストールが必要。
      • glibc-32bitモジュール - openSUSE® 42.2, SUSE® Linux Enterprise Server 12の64ビットOSの場合。ネットワークエージェントのインストール前にインストールが必要。
A part of

製品選びでお困りの場合はお問い合わせください。