Kaspersky Security for Mobile

KasperskySecurity for Mobile

Kaspersky Security for Mobileによって、重要なビジネスデータやビジネスプロセスを脅威にさらすことなく、スマートフォンやタブレットをビジネスに利用することができます。

アンチマルウェア、アンチスパム、Webコントロール、アプリケーションコントロール、デバイスコントロールの他、盗難対策機能を含む多層保護を提供します。管理タスクを簡素化するために、すべての機能を単一の管理コンソールで管理できます。

  • 業務用のすべてのモバイル端末を管理して保護することは、困難で時間のかかる作業です。

    スマートフォンやタブレットは会社のシステムにアクセスして多くの重要な企業データを保存できることから、モバイル端末の保護は、社内の他のすべてのエンドポイントを保護するのと同じく重要です。

    Kaspersky Security for Mobileはモバイル端末を保護し、会社のシステムとデータにアクセスするすべてのスマートフォンとタブレットを管理するために、端末の可視化とコントロール機能を提供します。

    • モバイル端末を脅威から保護

      カスペルスキーの高度なアンチマルウェアテクノロジーは、ランサムウェア、トロイの木馬、フィッシング攻撃など、さまざまな脅威からモバイル端末を保護します。柔軟に使える構成ツールで、各端末で実行を許可するアプリケーションを詳細に管理できます。個々のユーザーや特定のユーザーグループに、異なるポリシーを簡単に適用できます。

    • データ損失のリスクを軽減

      毎年、3台のうち1台の割合でモバイル端末が紛失または盗難される中で、データセキュリティインシデントの発生はすべての企業にとって重大なリスクです。さらに、従業員が脆弱なパスワードを使用することや、安全でない感染したアプリケーションを実行することによってもリスクが高まります。

      Kaspersky Security for Mobileは、強力なパスワードの使用を徹底し、無許可の安全でないアプリの起動のブロックを簡単に行えます。

      スマートフォンやタブレットの紛失または盗難があった場合は、特別な盗難対策機能が端末に保存された機密データを保護します。リモート操作ツールで紛失した端末のアプリケーションやデータへのアクセスをブロックし、端末から情報を消去し、端末の所在を特定できます。

    • モバイルエンドポイント管理を簡素化

      従業員は1人あたり平均3台のモバイル端末を所持しています。企業は、非常に多くのスマートフォンとタブレットを保護しなければなりません。

      Kaspersky Security for Mobileでは、AndroidとiOSのモバイル端末を単一のコンソールから管理して保護することができます。またその管理コンソールにて、カスペルスキーの他のセキュリティ製品も管理することが可能です。統合されたコンソールにより、モバイル端末を含むすべてのエンドポイントの管理タスクをシンプルに行えます。

    製品のご購入

    Kaspersky Endpoint Security for Mobileは以下の製品に含まれています。

以下の製品に含まれています: