Kaspersky Whitelisting

Kaspersky Whitelistingは、サードパーティ製ソリューションおよびサービスに対して、正規のソフトウェアに関する体系的な情報を提供するテクノロジです。また、Whitelistingテクノロジを使用することで、カスペルスキーのテクノロジパートナーは自社ソリューションにホワイトリスト方式のセキュリティを導入し、ウイルス対策の効果を強化してユーザーを標的型攻撃から保護できます。

Kaspersky Whitelistingは、その汎用性により以下の用途に最適です:

  • アプリケーションコントロールシステムの構築
  • デフォルト許可およびデフォルト拒否シナリオの実装
  • フィルタリングレベルの追加
  • セキュリティインテリジェンスの収集
  • ソフトウェア分類の実施

専用のDynamic Whitelistデータベースが、ホワイトリスト方式のセキュリティの構成要素として作成されています。このデータベースには、正規の安全なプログラムであることが確認、保証されたプログラムが登録されています。

Kaspersky Whitelistには、以下に関する情報が含まれます:

  • アプリケーションファイルのレピュテーション
  • 正規のソフトウェアの詳細な分類
  • コンシューマーソフトウェアは最大96%、社内ソフトウェアは最大94%を網羅
  • Kaspersky Security Networkで収集された、評価、ソフトウェアカテゴリ、製品名、アプリケーションのシグネチャ、ファイルの普及度など、アプリケーションファイルに関する総合的な情報

Kaspersky Whitelistの無料体験版をご利用いただけます。こちらのお問い合わせフォームにご入力のうえ、Kaspersky Whitelistの体験版希望と明記してください。担当者より追ってご連絡いたします。
関連情報:

WhitelistingのWebページ (英語)

Kaspersky Application Advisor (英語) – ファイルやプログラムに関する最も完全な情報を常時提供

Whitelist 分類カタログ (英語)

お問い合わせ

さらに詳しい情報をご希望の場合は、こちらのお問い合わせフォームにご入力のうえ、Kaspersky Whitelistingに関する詳細情報希望と明記してください。担当者より追ってご連絡いたします。