インターネット上の脅威に対抗

サイバー脅威は、今や国境を超えて世界中に蔓延する問題となっています。Kaspersky LabはITセキュリティ企業として、あらゆる形態の悪質なプログラムに対して、目的や発生源に関係なく検知・無害化することを定めています。

Kaspersky LabのGlobal Research and Analysis Team(グローバル調査分析チーム:GReAT)は、サイバー犯罪との戦いにおける最も強力な組織であり、ヨーロッパ、ロシア、南北アメリカ、アジア、中東、日本のトップクラスのセキュリティリサーチャーで構成されています。GReATは脅威に関する情報収集、調査研究およびその成果発表などの活動を通じ、ITセキュリティ業界をリードしています。

「あらゆるマルウェアの攻撃を検知し対処する」というKaspersky Labの明確なポリシーにおいて、マルウェアに「善悪」はありません。このポリシーのもと、GReATは政府や国家組織が関与する数々のマルウェア攻撃の発見と公表を積極的に行ってきました。過去には、 FlameGaussThe Mask/CaretoReginEquationDuqu 2.0 など、大掛かりな国家主導の監視活動として知られる攻撃の調査結果を発表しています。Targeted Cyberattack Logbookでは、GReATが調査した標的型攻撃に関する調査結果を視覚化し、年代順に紹介しています。

GReATが発表したサイバー脅威からは、様々な言語が攻撃に使用されていることがわかります。
ロシア語:RedOctoberCloudAtlasMinidukeCosmicDukeEpic TurlaTurla
Black EnergyAgent.BTZTeamspy
英語ReginEquationDuqu 2.0
中国語IceFogSabPubNettraveler
スペイン語Careto/MaskEl Machete
韓国語DarkhotelKimsuky
フランス語Animal Farm
アラビア語Desert Falcons

使用されている言語によって、マルウェアが作成された国を特定できるわけではありません。調査を攪乱する目的で、無関係な言語がマルウェアコードの中に意図的に埋め込まれている可能性があります。Kaspersky Labでは、使用されている言語が信頼できる証拠になるとは考えておらず、サイバー脅威を言語のみで特定の国に帰すると断定することはありません。


<< 戻る