製品ニュース

20171月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
20161月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20151月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2017年10月12日   製品ニュース

個人向け総合セキュリティ製品の最新版「カスペルスキー セキュリティ」販売開始

最新版では、Windows版にOS再起動時にマルウェアへの感染を防ぐ機能を、Mac版に無線LAN(Wi-Fi)使用時の安全対策機能を新たに搭載しました。本製品の利用により、セキュリティ対策をしていることを特に意識することなく、誰もが簡単に、そして安心・安全にインターネットを利用できる環境を実現します。

2017年9月21日   製品ニュース

法人向けLinuxサーバー用セキュリティ製品の最新版「Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server」を提供開始

Red Hat Enterprise Linux 7.3 ServerやCentOS 7.3などのLinux OSに対応しました。システムに与える負荷を低減し、システム全体のパフォーマンスの向上と、より安定したセキュリティシステムの運用の実現を可能にします。

2017年9月20日   製品ニュース

Kaspersky Labのセキュリティインテリジェンスを活用した法人向けセキュリティトレーニングの新コース「インシデントレスポンス トレーニング(実践編)」が12月より登場

本日より募集を開始する、「インシデントレスポンストレーニング(実践編)」は、セキュリティインシデントに対して迅速かつ適切に対処するための実践的な知識とスキルの習得を目的とした5日間のトレーニングです。最前線の現場で活躍するKaspersky Labのリサーチャーによる実践的な内容になっています。

2017年8月24日   製品ニュース

Kaspersky Labのリサーチャー、自らが開発したリモートからデジタルフォレンジックを実施できるツール「Bitscout」を無償提供

サイバーインシデントによる被害範囲や感染経路を究明する際には、攻撃の痕跡を消さずに調査することが重要ですが、そのためには高いスキルを持った専門家によるフォレンジック調査を行う必要があります。Kaspersky Labのリサーチャーが個人的に開発した、シンプルなオープンソースのBitscoutを利用することで、重要な証拠データを改変や消失のリスクを冒すことなくリモートから収集することができます。

2017年7月26日   製品ニュース

法人向けLinux用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security 10 for Linux」英語版の最新バージョンを提供開始

最新バージョンでは、保護対象にサーバーも追加したほか、スキャン対象をディスクブートセクターとプロセスメモリに拡張、Linux OSの最新バージョンをサポートします。多層防御の実装によりLinuxベースのワークステーションおよびサーバー向けに信頼性の高い保護を実現します。

2017年7月12日   製品ニュース

無料の法人向けランサムウェア対策ツール「Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Business」、提供開始1年で10万社がインストール

世界規模で発生した「WannaCry」により、多くの企業や組織がランサムウェアの脅威を痛感しました。ランサムウェアに特化した本ツールは、企業や組織を守るための補完的なセキュリティ機能を無料で提供します。カスペルスキー製品の先進的機能の一部を搭載し、ランサムウェアの脅威からビジネスを保護します。

2017年6月29日   製品ニュース

法人向け仮想化環境用セキュリティ製品「Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless」英語版の最新バージョンを提供開始

エンドポイントとネットワークの仮想化環境を、サイバー脅威からより高度にかつ効率的に保護するために開発された製品です。VMware NSX環境下で新たにLinuxゲストOSを保護対象とし、これまでのWindowsゲストOSと統合した仮想化プラットフォームの保護と一元管理が可能になります。

2017年6月15日   製品ニュース

法人向けMac用セキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security 10 for Mac」の最新版を提供開始

ウイルスやネットワーク侵入攻撃などの脅威からMacコンピューターを守り、安心・安全に使用できる環境を企業に提供します。最新版では、macOS 10.12をサポートするほか、自動化されたセキュリティポリシーの運用で、効率的な導入作業と管理者の作業負担を軽減できます。

2017年5月18日   製品ニュース

法人向け脆弱性およびパッチ管理用セキュリティ製品「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」を提供開始

コンピューターのマルウェア感染は、OSやアプリケーションの既知の脆弱性を突いて行われる攻撃がほとんどです。脆弱性の放置は重大なセキュリティインシデントを引き起こします。本製品は、自動化された脆弱性対策を可能にし、コンピューターのOSとアプリケーションを最新の状態に保ちマルウェア感染を未然に防ぎます。

2017年5月18日   製品ニュース

法人向けWindows用セキュリティ製品 「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」の最新版を提供開始

最新版では、アプリケーション実行管理機能がPCだけでなくWindowsサーバーでも利用可能になりました。また、Windows 10の最新版対応や、USBデバイスのファイル操作監視機能の追加により、企業のシステムと情報資産の保護をさらに強化します。

← 前のページ   |   ページトップ   |   次のページ →