無料の法人向けランサムウェア対策ツール「Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Business」、提供開始1年で10万社がインストール

2017年7月12日
製品ニュース

~カスペルスキー製品の先進的機能の一部を搭載し、ランサムウェアの脅威からビジネスを保護~

[本リリースは、2017年7月5日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]


Kaspersky Labが無料で提供している法人向けランサムウェア対策ツール「Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Business」は、2016年8月の提供開始から約1年で、企業や組織でのインストール数が10万社にのぼりました。

Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Businessは、ランサムウェアから企業や組織を守るための補完的なセキュリティ機能を提供する無料のツールです。法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」※1の機能の一部を搭載しており、既にPCにインストールされている他社セキュリティ製品をアンインストールすることなく使用できます。このツールは、ランサムウェアの振る舞いを特定して検知しWindowsデバイスを保護します。技術に詳しくないビジネスユーザーでもインストール後の設定や管理を容易に実施することが可能です。カスペルスキー製品を使用していない企業でも、費用をかけることなく、Kaspersky Labの高度なランサムウェア対策テクノロジーを利用することができます。

詳細は、以下のページをご参照ください。

https://blog.kaspersky.co.jp/anti-ransomware-tool/12377/

今年5月に世界規模で発生したランサムウェア「WannaCry」では、ファイルと引き替えに身代金を要求するランサムウェアの脅威を、多くの企業や組織が痛感しました。WannaCryの攻撃により、150の国や地域で20万ものシステムが影響を受け、多くの組織が事業の停止や復旧と再稼働に莫大な費用と時間を奪われました。このような状況の中、企業や組織はセキュリティ保護技術を活用し、効果的なセキュリティ対策を実現することが求められています。Kaspersky Labが20年にわたってサイバー犯罪と最前線で戦ってきた経験をもとに開発した本ツールにより、ランサムウェアの脅威に対抗できるようになります。

本ツールは複数のランサムウェアファミリーからユーザーを保護し、その能力を証明してきました。中でもWannaCryは、本ツールによって検知されたランサムウェア全体の63%を占めています(検知名はTrojan-Ransom.Win32.Wanna)。

Kaspersky_20170712 

図:Kaspersky Anti-Ransomware Toolが検知した主なランサムウェアファミリー

Kaspersky Labの中小企業向けビジネス部門マーケティング部長、ウラジーミル・ザポリャンスキー(Vladimir Zapolyansky)は次のように述べています。「WannaCryやExPetrの大流行は、ランサムウェアが現実の問題であること、世界中のあらゆるビジネスが深刻な影響を受ける可能性があることを改めて知らしめました。10万社の企業がKaspersky Anti-Ransomware Toolをダウンロードしたという事実は、企業の間でランサムウェアの脅威に対する懸念と認識が高まっていることを示しています。弊社はランサムウェア攻撃で想定される経済的影響の規模を考慮し、適切なセキュリティソリューションが有効になっていることを確認することをお勧めします。利用しているセキュリティ製品に、最新のランサムウェアの脅威に対処できる能力があるかどうか確信を持てない場合は、Kaspersky Anti-Ransomware Toolを起動して、高度なランサムウェア対策テクノロジーをお試しいただけます」

■ 「Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Business」の中核となるテクノロジー

  • Kaspersky Security Network(KSN)

KSNは、Kaspersky Labのアンチマルウェア製品の各種コンポーネントから情報を収集するクラウドベースのアンチウイルスネットワークです。ネット上の新しい脅威を即時に検知し、感染源を数分でブロックすることでKSNに接続されたすべてのコンピューターを保護します。KSNには全世界で数千万の個人および法人ユーザーが参加しており、悪意のある活動に関する情報を世界規模で共有しています。すべての情報は、ユーザーの同意を得て収集されています。

  • システムウォッチャー

高度な予防的セキュリティのテクノロジーで、OSのファイルや設定に対する変更、プログラムの実行、ネットワーク経由でのデータ交換など、システム内で発生する重要なイベントをすべて追跡します。ランサムウェアの不審な活動を検知し、攻撃を受けたファイルの一時バックアップを作成して、悪意ある変更をロールバックすることにより、システムへの影響を未然に防ぎます。

※1 Kaspersky Endpoint Security for Windowsは次の製品のライセンスに含まれています。Kaspersky Endpoint Security for Business Core、Kaspersky Endpoint Security for Business Select、Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced。