アワード・認証 一覧

  • 2017年 2月

    AV-TESTが2016年に定期的に実施したテストの結果、プロテクション(保護)、パフォーマンス、ユーザビリティ、リペア(復旧)の4つの部門でカスペルスキー製品が高く評価され、15の賞のうち8つで「最高賞」を受賞しました。また、AV-TESTでの総受賞回数が100回に達し、史上初となる「特別賞」も受賞しました。
  • 2016年 9月

    MRG Effitasが四半期毎に実施する360度アセスメント&サーティフィケーションの第2四半期テストにおいて、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」がテストに参加したセキュリティ製品の中で唯一、最高評価の「レベル1」認定を受けました。
  • 2016年 9月

    SE Labsが実施した保護性能テストにおいて、個人ユーザー向け、小規模オフィス向け、大企業向けの3つのカテゴリーで、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」「Kaspersky Endpoint Security for Windows」が、それぞれ最高評価の「AAA」認定を獲得しました。
  • 2016年 2月

    AV-TESTが2015年に定期的に実施したテストの結果、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が最もシステムに負荷を与えない製品として評価され、2014年度に続き「ベストパフォーマンス賞」を獲得しました。

  • 2016年 2月

    AV-TESTが2015年に定期的に実施したテストの結果、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が、誤検知が少ない最も使いやすい製品として「ベストユーザビリティ賞」を受賞しました。

  • 2016年 2月

    AV-TESTが2015年に実施したテストの結果、感染システムからマルウェアを除去し、修復・復元する場合の最も優れたツールとして、「Kaspersky Virus Removal Tool」がベストリペア賞に選出されました。

  • 2016年 1月

    個人向けセキュリティ製品「カスペルスキー インターネット セキュリティ」 は、AV-Comparativesの年間最優秀賞(Product of the Year)を受賞しました。2015年に実施された8種類のテストにおいて、すべて最高位の「Advanced+」を受賞し、テストに参加した21のWindowsセキュリティ製品の中で最高位にランク付けされました。

  • 2015年 12月

    AV-Comparativesが実施した、「Whole Product Dynamic “Real-World” Protection Test」で、「カスペルスキー インターネット セキュリティ 2016」が、誤検知ゼロ、防御率99.9%の成績をおさめ、最も効果的で使いやすく、実環境での利用に適した製品として「ADVANCED+」を取得しました。

  • 2015年 8月

    AV-Comparativesが実施したアンチフィッシングのテストで、個人向けセキュリティ製品「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が最高位の「ADVANCED+」を受賞しました。フィッシングサイトの98%をブロックし、誤検知ゼロでテストに参加した他社製品を大きく上回る結果をおさめました。

  • 2015年 6月

    MRG Effitasが四半期ごとに実施した計4回のテストで、Kaspersky Labのオンライン決済保護技術であるネット決済保護機能が、新設された最高賞「Online Banking/Browser Security Award 2014/15」を受賞しました。
  • 2015年 5月

    Virus Bulletinが実施したスパムテストで、法人向けセキュリティ製品の「Kaspersky Security for Linux Mail Server」がVBSpam+の認定を取得しました。スパムメール検知率は99.97%で、全検証製品中トップの成績をおさめました。

  • 2015年 4月

    AV-TESTが実施したAndroidの保護性能を実証するテストで、「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」が、保護性能とユーザビリティの両方で満点のスコアを得、「AV-Test Certified」の認証を取得しました。

  • 2015年 2月

    AV-TESTが年間を通して実施する個人ユーザー向けの製品を対象とした定期的なテストで、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が、最もシステムに負荷を与えない製品として評価され、2014年度の「ベストパフォーマンス賞」を獲得しました。

  • 2015年 1月

    「カスペルスキー インターネット セキュリティ」は、AV-Comparativesが2014年に実施したテストのすべてのカテゴリーにおいて最高位の「ADVANCED+」を得た結果、2014年度の「TOP Rated」を獲得しました。

  • 2015年 1月

    PC Security Labsが2014年に実施した、全3回のAndroidマルウェアの検知テストにおいて、「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」は、最優秀評価である5つ星の評価を受け、2014年度の「年間最優秀賞」(Product of the year)を獲得しました。

  • 2015年 1月

    Dennis Technology Labsが実施した、セキュリティ製品テストの個人ユーザー向け、小規模オフィス向け、大企業向けの3つのカテゴリーで、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」「Kaspersky Endpoint Security for Windows」が、それぞれ最高評価の「AAA」を獲得しました。

  • 2014年 12月

    MRG Effitasが実施した保護性能テストにおいて、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が、オンライン決済時の機密情報を効果的に保護する製品として認証を得ました。

  • 2014年 11月

    PC Security Labsが実施した、13のAndroid向けセキュリティ製品を対象にしたテストで、「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」が、99.959%のマルウェア検知率と誤検知ゼロにより、第1位を獲得しました。
  • 2014年 8月

    イギリスのVirus Bulletin誌が実施した検証で、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」「Kaspersky Endpoint Security」「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」の3製品が、ワイルドリストにあるマルウェアの100%防御と誤検知ゼロにより、「VB100」の認証を得ました。
  • 2014年 7月

    MRG Effitasが実施した保護性能テストにおいて、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が、マルウェア、個人情報の漏えい、中間者攻撃の全3つの防御テストに合格し、インターネット決済時の機密情報を効果的に保護する製品として認証を得ました。
  • 2014年 5月

    Dennis Technology Labsが実施した、2014年第1四半期の製品比較テストで、 「カスペルスキー インターネット セキュリティ」「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」「Kaspersky Endpoint Security for Business」の3製品が、全3つのカテゴリー(Home Anti-Virus Protection、Small Business Anti-Virus Protection、Enterprise Anti-Virus Protection)において、最高ランクである「AAA」を獲得しました。

  • 2014年 4月

    AV-Comparativesが2014年3月に実施した「File Detection Test of Malicious Software」で、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が最も高い検知率でトップとなりました。

  • 2014年 3月

    AV-TESTが2013年9月から2014年2月の期間で実施したテストで、「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が、最も防御性能が高い製品と評価されました。PCへの負荷はほかの製品よりも低く抑えながら、マルウェアの防御率はトップスコアを得ました。

  • 2014年 3月

    MRG Effitasが2013年11月から2014年2月の間に実施した「Real World Enterprise Security Exploit Prevention Test」において、「Kaspersky Endpoint Security for Business」が最高の結果をおさめ、信頼性を評価した認証を得ました。

  • 2014年 3月

    ポーランドのPC Format誌が実施した、7つのセキュリティ製品のシステム保護のパフォーマンスを検証するテストで、「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」が「ベスト・クオリティ賞」を受賞しました。このテストでは、保護機能の範囲、脅威に対する検知の有効性、製品の使用によるパフォーマンスへの影響や利便性が、64ビット版のWindows 8.1上で検証されました。

  • 2014年 1月

    カスペルスキー インターネット セキュリティは、第三者テスト機関 AV-Comparatives が 2013 年に実施したテストのすべてのカテゴリーにおいて最高位の「ADVANCED+」を獲得した成果により、2013年間最優秀賞(Product of the Year 2013)を受賞しました。テストの対象となった22製品の中で、すべてのカテゴリーにおいて最高位の「ADVANCED+」の評価を得たのはカスペルスキー インターネット セキュリティだけです。

  • 2013年 12月

    Kaspersky Internet Security multi-device(日本では カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ)が、PC WORLD 紙のポーランド版の編集者による評価で、2013年間最優秀賞(Product of the Year 2013)を受賞しました。年間最優秀賞は、PC WORLD 紙によって与えられる、過去12か月での最良で最も面白い製品、技術およびサービスに与えられる賞です。年間最優秀賞は、PC WORLD 研究所で行なわれた、最も重要な保護機能およびその他多数の基準に対するテストスコアによって選択されます。

  • 2013年 8月

    「カスペルスキー インターネット セキュリティ」「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」のネット決済保護機能が、オンラインバンキング時の被害を効率的に防御すると評価され、AV-TESTのイノベーションアワードを受賞しました。

  • 2012年 12月

    Kaspersky Endpoint Security 8 は、ポーランドの有名なマガジン IT Professionalの、2012年間最優秀賞(Product of the Year 2012)を受賞しました。ITProfessionalの編集者によれば、Kaspersky Lab の最新のビジネス・ソリューションは、その機能性や使いやすさだけでなく、アプリケーションやWebアクセス、デバイスのコントロールにおける知的なメカニズムによって、企業ネットワークに重要な優位性をもたらすでしょう。

  • 2012年 1月

    Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows は、第三者テスト機関 AV-Test が 2011年に実施した、実際に感染したコンピューターに対する修復機能の比較テストでその有用性を実証し、名誉ある賞を獲得しました。Kaspersky Lab 製品は、隠れたルートキットおよび他の悪性コードを検知・削除すると同様に、活動中・活動停止中のマルウェアのコンポーネントを最良の方法で除去する機能を証明しました。

  • 2011年 12月

    AV-Comparatives が2011 年に実施したすべてのテスト結果に基づいて選出する「年間最優秀賞 ( Product of the Year )」を受賞しました。個人向け製品「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」に含まれるコンポーネントの1つであるKaspersky Internet Security およびKaspersky Anti-Virusが、テストに参加したベンダーで唯一、9回のテストすべてにおいて最高位の「Advanced+」を取得した結果、今回の受賞が決まりました。

  • 2011年 12月

    Kaspersky PURE* が、トルコで最も人気のあるコンピューター雑誌 PCnet が毎年選出するアワードの「セキュリティパッケージ」部門で「Star of the Year」に選出されました。PCnet は Kaspersky PURE を次のように評しています。「セキュリティ製品に求める機能がすべてオールインワンパッケージとしておさめられており、素晴らしいアンチウイルス技術とさまざまなセキュリティツールを備えている。バックアップ機能や暗号化機能でユーザーのデータを守るだけでなく、パスワード管理やセキュリティキーボートといったフィッシング対策機能、さらに、ペアレンタルコントロールや不要データの削除などのユーティリティも充実している」 * 日本未発売

  • 2011年 11月

    「カスペルスキー 2012 マルチプラットフォーム セキュリティ」に含まれるコンポーネントの1つであるKaspersky Internet Security 2012 が、スペインの有名雑誌「PC World」が実施したテストにおいて最高得点の星5つを獲得しました。Kaspersky Internet Security には新種の脅威や危険な可能性のあるプログラムの早期検知を目的としたクラウドベースのKaspersky Security Network(カスペルスキー セキュリティネットワーク)が搭載されており、「PC World」は受賞に際してその「クラウド経由で収集した情報の強力な集合知」について特筆しています。また、新しく設計されたユーザーインターフェースの使いやすさやURLフィルター、カスペルスキーファイル診断、アンチスパム、保護者による管理(ペアレンタルコントロール)、タスクマネージャーも評価されています。さらにこのテストで、Kaspersky Internet Security 2012は他社製ソフトウェアよりも高いマルウェア検知レベルを示し、ベスト製品に選ばれました。

  • 2011年 11月

    Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows が権威あるイギリスの専門誌「Virus Bulletin」のVB100認証を取得しました。

  • 2011年 11月

    カスペルスキー 2012 マルチプラットフォーム セキュリティ」に含まれるコンポーネントの1つであるKaspersky Internet Security 2012 が、PC World マガジンポーランド版で「Antivirus of the Year 2012」アワードを受賞しました。

  • 2011年 10月

    Kaspersky Internet Security Special Ferrari Edition* が、スペインの有名雑誌「Revista Oficial de Windows (Official Windows Magazine)」が実施したテストで一位を獲得しました。
    受賞に際しては、製品の完成度の高さと、ユーザーの邪魔をしない動作の軽さが特に評価されています。この特別版には Ferrari Virtual Academy ビデオシミュレーターも同梱されています。
    * 日本未発売

  • 2011年 7月

    Kaspersky Enterprise Space Securityが、スペインの雑誌「Data.ti」でBest Product of the Yearを受賞しました。Data.tiの主な読者層はITマネージャーであり、14のカテゴリにおいて最も評価が高い製品が読者投票で選ばれています。Kaspersky Enterprise Space Securityはセキュリティセクションで扱われ、Panda(16.9%)やMcAfee(14.9%)を上回る17.4% を獲得しました。ノミネートされた10製品のうち、Kaspersky Enterprise Space Security の「ワークステーション、ファイルサーバー、メールサーバー、スマートフォンをあらゆるマルウェアから保護する」という特徴が評価され、トップに輝きました。

  • 2011年 7月

    AV-Comparativesが2011 年第2四半期に実施したテスト「Whole Product Dynamic Test」で、「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」に含まれるコンポーネントの1つである「Kaspersky Internet Security」 が最高位の認証である「Advanced+」を取得しました。

  • 2011年 7月

    「カスペルスキー 2012 マルチプラットフォーム セキュリティ」に含まれるコンポーネントの1つであるKaspersky Internet Security 2012 (日本では2011年9月発売)が、ドイツの消費者雑誌「com! - Das Computer Magazin」が実施したテストにおいて「near-perfect(ほぼパーフェクト)」という結果を獲得しました。

  • 2011年 4月

    Kaspersky Internet Security 2011、Kaspersky Anti-Virus 6.0 for Windows WorkstationおよびKaspersky PURE* が、権威あるイギリスの専門誌「Virus Bulletin」のVB100認証を取得しました。
    * 日本未発売

  • 2011年 2月

    フランスの権威あるIT専門誌「Micro Hebdo」が、Kaspersky Internet Security 2011 をセキュリティスイート製品ナンバー1に選出しました。Micro Hebdo はポピュラーなセキュリティスイート製品15点を、147項目に渡るさまざまな観点からテストしました。Kaspersky Internet Security 2011 はセキュリティキーボード・カテゴリによるURLフィルタリング・クラウドベースのレピュテーションサービスを利用したプロアクティブディフェンス・ファイアウォール / IDS、ペアレンタルコントロール・アンチスパムの項目で優れた性能を発揮しました。

  • 2011年 2月

    ポーランドの有名ポータルサイト benchmark.pl において、Kaspersky Internet Security 2011 が「Super Product」賞を受賞しました。Kaspersky Internet Security 2011 は唯一最高得点を獲得しています。benchmark.plのエキスパートが、ポーランド市場でパッケージ販売されているITセキュリティソフトウェアのメジャー製品10点を評価しました。Kaspersky Internet Security 2011 は唯一5点満点を獲得し、「Super Product」賞を受賞しました。

  • 2010年 12月

    AV-Comparativesが実施したテストにおいて、カスペルスキーの法人製品(Kaspersky Administration Kit 8.0、Kaspersky Security 8.0 for Microsoft Exchange Servers*、Kaspersky Anti-Virus for Windows Server 6.0 Release 2、Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0 Release 2)が、素晴らしい成績を収め、Approval認証を取得しました。
    * 日本未発売

  • 2010年 11月

    AV-Test.orgが実施したテストにおいて、Kaspersky Internet Security 2011がすべてのテストをパスしAV-Test認証を取得しました。

  • 2010年 6月

    Kaspersky Small Office Security は、2010年6月9日から11日まで幕張メッセで開催された INTEROP TOKYO 2010 “Best of Show Award” にて、プロダクトアワード部門- 情報セキュリティ製品カテゴリーで特別賞を受賞しました。

    “Best of Show Award” は、展示製品・サービスから選ばれる「最高の一品」として知られ、IT業界有識者による厳正な審査や、来場者の投票によって選ばれ、部門によっては「該当なし」も出る厳しい審査です。

  • 2010年 5月

    Kaspersky Anti-Virus 2010 は、AV-Comparatives が実施した製品のプロアクティブ検知機能を比較するテストで最高位の認証である「Advanced+」を取得しました。
    テストの目的は、シグネチャが定義データベースに追加されていない状態でセキュリティ製品がどれだけ未知の脅威からユーザの PC を保護できるかを評価することで、Kaspersky Anti-Virus 2010 はマルウェアに対して高い検知率を示しただけでなく、誤検知の数もほとんどありませんでした。

  • 2010年 1月

    Kaspersky Anti-Virus 2010 は、AV-Comparatives が実施した製品のシステムパフォーマンスへの影響を比較するテストで最高位の認証である「Advanced+」を取得しました。
    テストでは、ファイルのコピー、圧縮、デコードや、インターネットからのアプリケーションのダウンロード、プログラムのインストールおよび実行といった、ユーザが行う操作の代表的なもの 7 つが行われました。
    テストの結果、Kaspersky Anti-Virus 2010 は PC パフォーマンスへの影響を最小限に抑えることに成功し、McAfee、Symantec、Microsoft、AVG、ESET、G DATA、Bitdefenderおよび Avast の製品を上回る結果を出しました。

  • 2009年 5月

    AV-Comparativesが実施した17のアンチウイルス製品を対象にしたテストで、Kaspersky Anti-Virus 2009 は検知率で 97% 以上をマークし、誤検知も最少でした。さらに、ヒューリスティックアナライザを「高」にした設定でも、高いスキャン速度を示しました。今回のテストで Advanced+ を獲得したのは、Kaspersky Anti-Virus 2009 を含めた 4 製品でした。

  • 2009年 2月

    Kaspersky Anti-Virus for Linux File Server は、イギリスの専門誌「Virus Bulletin」の VB100 認証を取得しました。 このテストは 11 のサーバ向けアンチウイルス製品を対象に、Red Hat Enterprise Linux 5.2 上で行われました。

  • 2008年 4月

    Kaspersky Anti-Spam 3.0は、米国の権威ある調査機関ICSA Labsのテストに合格し、「ICSA Labs Certified」の認定を取得しました。  

  • 2008年 4月

    Kaspersky Anti-Virus 7.0 は、Windows Vista Business Edition SP1との完全な互換性が証明され、VB100の認証を取得しました。   

  • 2008年 4月

    Kaspersky Anti-Spam 3.0は、調査機関West Coast Labsが発行するCheckmark Anti-Spam Premium認定を取得しました。West Coast Labsの専門家は、「製品のインストールにはメールサーバおよび*nixコマンドについての基礎知識が必要ですが、操作自体は簡単なので製品導入の支障にはなりません」とコメントしています。

  • 2008年 2月

    Kaspersky Anti-Virus for Windows Servers Enterprise Editionは、Microsoft Server 2008との完全な互換性が証明され、アンチウイルスソリューションとしては世界で初めてWindows Server 2008 のソフトウェア認定を取得しました。   

  • 2008年 2月

    Kaspersky Anti-Virus 6.0 for Windows Servers Enterprise EditionはCitrix Presentation Server versions 4.0 および 4.5との完全な互換性が証明された結果、アンチウイルスソリューションとしては世界で初めて「Citrix Ready」のソフトウェア認定を取得しました。