標的型攻撃対策

高度な脅威と標的型攻撃を包括的に多方向から検出してリスクを軽減

カスペルスキーの標的型攻撃対策ソリューションは、お客様のセキュリティに対する目標や、将来にわたり業界やビジネスで要求されるセキュリティ要件を達成させるための支援を提供します。このソリューションは、お客様に最適な製品と、お客様のビジネスに適合するセキュリティ対策を実現する包括的なセキュリティインテリジェンスとエキスパートから成るサービスで構成されています。

提供ソリューション

適合型のセキュリティ対策を実現するカスペルスキーの多層アプローチ

カスペルスキーは、お客様のビジネスに適合した標的型攻撃対策をはじめとしたセキュリティ対策を提供するパイオニアです。

カスペルスキーは、世界トップレベルのセキュリティインテリジェンスに支えられたテクノロジーとサービスを独自に組み合わせることで、進行中の攻撃に対応するだけでなく、次世代の攻撃に対する防御を強化し、早期に標的型攻撃を検出することで、お客様のリスクを軽減させます。


防御 -
高度な脅威と標的型攻撃のリスクを軽減

統合されたセキュリティソリューションによりシステムを「堅牢化」します。

従業員とセキュリティチームがITセキュリティと脅威の傾向を認識することでさらにリスクを軽減させます。

発見 –
標的型攻撃に特徴的なアクティビティの検出

既に侵入した脅威と侵入の予兆や試みを検出します。

セキュリティインシデントを確認し、重大度と対応の優先順位を評価します。

対処 –
インシデントを調査し、セキュリティホールと脆弱性に対処

進行中のインシデントを解消させるために迅速に対処します。

詳細なフォレンジック解析を通してインシデントを調査します。

予見 -
標的型攻撃の最新動向と脆弱性などの侵入ポイントを事前に把握

企業ネットワーク全体で潜在的なセキュリティホールと脆弱性を調査します。

次世代の脅威に対抗するための対策を提供します。

インシデントの発見、対処、調査の能力を強化

企業のセキュリティオペレーションセンター(SOC)はその役割が高度なものになり、標的型攻撃の検出が主な役割となっています。標的型攻撃の発見、対処、調査の完全なサイクルに従い、インシデントに直ちに対応できる手順を確立しておくことが重要です。カスペルスキーは、このサイクルのすべての段階において、包括的にお客様を支援するセキュリティソリューションとサービスを提供します。

標的型攻撃のリスクを軽減する多角的なアプローチ

攻撃者の「サイバーキルチェイン」を断ち切るにはKaspersky LabのHuMachineインテリジェンスの導入が不可欠です。この中には、Kaspersky Anti Targeted Attack Platformをはじめとした標的型攻撃対策ソリューションに加えて、Kaspersky Labの脅威インテリジェンスのSOCへの提供と、セキュリティ担当者のスキルを育成するエキスパートサービスも含まれています。

適用型のセキュリティ対策

予見と防御によって、大きな被害へと発展する前にインシデントを抑制します。発見と対処によって、インシデントの早期発見と迅速なビジネスの復旧を実現します。この対応は先行の各段階よりも多くのリソースを必要とします。

セキュリティに対する投資はあらかじめ決められた予算ではなく、ソリューションとサービスがその価値にふさわしいと認められた予算を与える必要があります。

プレミアムサポートとプロフェッショナルサービス

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するため、当社のMaintenance Service Agreement (MSA) サポートパッケージをご利用になるか、または当社のプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

2 4

時間
(毎日)

0 7


(毎週)

3 6 5


(年間)

詳しくはこちら

ホワイトペーパー

サイバーセキュリティソリューション

カスペルスキーのサイバーセキュリティソリューションポートフォリオにより、企業のセキュリティを保護します。

サイバーセキュリティサービス

カスペルスキーのサイバーセキュリティサービスにより、企業のセキュリティを保護します。

標的型攻撃対策

高度な脅威に対する防御と標的型攻撃のリスクの軽減

ホワイトペーパー一覧表示

認証一覧

リスク

Advanced Persistent Threat(APT)を含む標的型攻撃は、企業にとって重大なリスクをもたらします。しかし、脅威とサイバー犯罪の攻撃手法が進化し続けているにもかかわらず、多くの企業は依然として古いテクノロジーで新しい脅威を防ごうとしています。企業は以下のような脅威にさらされています。

感染したシステムを経由した予測不能な被害

後手の対応による膨大な被害と対応費用

現在の脅威状況に対応し復旧するスキルの不足

データと業務プロセスの改竄を検知できないステルス攻撃

企業ネットワークとITの課題の可視性の欠如

従来のテクノロジーに固執したセキュリティ

 

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。

© 2017 AO Kaspersky Lab.

All Rights Reserved.