ニュース

20171月2月
20161月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20151月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2017年2月24日   ウイルスニュース

Kaspersky Lab、Windows環境下でマルウェア「Mirai」を拡散する新たなマルウェアを解析、約500システムへの攻撃を確認

WindowsプラットフォームからLinuxプラットフォームへと感染するMiraiの出現は極めて憂慮すべき事態であり、その開発者のスキルが高いことも懸念点です。コネクテッドテクノロジーに莫大な投資を行っている新興市場への影響が懸念されます。

2017年2月22日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、産業用マルチプラットフォーム環境の保護を目指し「OPC Foundation」に加盟

データおよび情報の転送規格の標準化を推進する国際組織「OPC Foundation」に加盟しました。仕様に準拠した統合的な保護の実現に一歩近づいただけでなく、未来に向けた産業用サイバーセキュリティのスタンダードの開発にも貢献することができます。

2017年2月22日   製品ニュース

Kaspersky Lab、ゲーム形式の対サイバー演習「Kaspersky Interactive Protection Simulation」のオンライン版を提供開始

セキュリティ担当者から経営トップまでのセキュリティ意識の向上と、サイバー脅威に対抗しうる組織作りを支援する、KIPSのオンライン版を提供開始します。現在4種類の演習を日本語でご用意しています。浄水場(浄水プラント)、発電所(複合型ガスタービン発電プラント)、企業(一般的な業務用ITシステム)、自治体(ウェブポータル)

2017年2月17日   比較テスト

Kaspersky Lab、ガートナーのマジック・クアドラントで、 エンドポイント保護プラットフォームのリーダーに6年連続で選出

米ガートナー社がエンドポイント保護プラットフォーム分野のベンダーを評価するマジック・クアドラントにおいて、「ビジョンの完全性」と「実行能力」の両カテゴリに置ける評価に基づき、Kaspersky Labが6年連続「リーダー」のポジションに位置付けられました。

2017年2月16日   製品ニュース

Kaspersky Lab、セキュリティに特化した組み込みシステム向けオペレーティングシステム「KasperskyOS」の提供を開始

サイバー脅威の標的になることが増えている組み込み機器やIoT機器に、セキュリティを実装するための基盤を提供するもので、Kaspersky Labが15年かけて独自に開発しました。

2017年2月15日   イベントカレンダー

知らなかったでは済まされない! 最新脅威からのセキュリティ強化対策 ~脆弱性対策編~ 【2月22日/3月22日/4月19日開催】

本セミナーでは、セキュリティに必要な二つの柱、「パッチマネジメントと未知の脅威対策」についてわかりやすく解説します。

2017年2月14日   ウイルスニュース

Kaspersky Lab、メモリに潜み痕跡を消す「見えない」攻撃を発見

米国、南米、ヨーロッパ、アフリカなど40か国、140以上の組織に侵入し、主に銀行、電気通信、政府機関を標的にしていたこの攻撃は、広く利用されている侵入テストツールや管理ツール、WindowsのPowerShellフレームワークなど、正規のソフトウェアのみを用います。ハードディスクではなくメモリに潜み、ホワイトリストによる検知を回避し、フォレンジック調査時に手がかりとなる痕跡やマルウェアの検体をほとんど残しません。コンピューター再起動時には、その痕跡は消去されます。

2017年2月13日   イベントカレンダー

女性限定:第18回KASPERSKY After 7 Seminar(東京)【3月23日開催】

KASPERSKY After 7 Seminar では、カスペルスキーならではのインターネットセキュリティ分野における知見や ノウハウを活かした実践的なインターネットセキュリティに関する話題に加え、女性が気になるテーマを毎回ミニセッションとしてお届けします。

2017年2月10日   比較テスト

カスペルスキー製品、AV-TEST 2016の4部門で最高賞を受賞

第三者評価機関であるAV-TESTが2016年に実施したテストにおいて、カスペルスキー製品が4つの部門で「最高賞」を受賞しました。また、AV-TESTでの受賞が通算100回に達し、初の「特別賞」の栄誉に預かりました。

2017年2月07日   製品ニュース

Kaspersky Labのセキュリティインテリジェンスデータベースに直接アクセスできる、法人向け「カスペルスキー 脅威情報ルックアップサービス」を提供開始

「カスペルスキー 脅威情報ルックアップサービス」では、不審な動きや怪しい兆候を見つけた時にKasperskyのセキュリティインテリジェンスデータベースに直接アクセスし、マルウェア、URLやIPアドレスなど入手した攻撃の証拠に関連する情報を検索することができます。「カスペルスキー 脅威データベース提供サービス」は、世界中のカスペルスキー製品ユーザーから提供されたレピュテーション情報と、弊社リサーチャーの知見をはじめとする最新の脅威インテリジェンスを、マシンリーダブルな形式で提供しています。今回、URLとマルウェアのハッシュ値に加え、IPアドレスのレピュテーション情報が利用できるようになりました。

← 前のページ   |   ページトップ   |   次のページ →