ニュース

20171月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
20161月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20151月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
20131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

2017年11月21日   イベントカレンダー

カスペルスキー ハンズオン トレーニング【12月20日開催】

カスペルスキーでは、弊社製品をご検討中またはご購入後のお客様、およびパートナー企業様の技術者の方を対象としたトレーニングを開催しています。

2017年11月21日   イベントカレンダー

カスペルスキー KSV LAハンズオン トレーニング大阪【12月8日開催】

カスペルスキーでは、弊社製品をご検討中のお客様、ご利用中のお客様、および弊社販売店様のセキュリティ・エンジニアの方を対象としたハンズオン・トレーニングを定期的に開催しています。

2017年11月20日   ビジネスニュース

Kaspersky Lab、Equationマルウェア検知インシデントに関する内部調査の結果を公開

当社はThe Wall Street Journalで10月初旬に報道されたインシデントに対し、あらゆる懸念に回答するために内部調査を実施しました。その調査結果をお知らせします。

2017年11月16日   製品ニュース

個人向けAndroid用セキュリティ製品「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」の最新版を提供開始

最新版では、暗証番号でアプリをロックする機能を搭載し、メールや写真、SNSなど他人に見られたくないアプリの起動を制御して個人のプライバシー保護をさらに強化しました。また、Android 8.0に対応しています。様々な機能を搭載し、Android端末とユーザーを守ります。

2017年11月10日   ビジネスニュース

Kaspersky Labと欧州評議会(Council of Europe)、オンラインでの市民の人権保護を誓う協定に署名

オンラインの世界は多くの人々の生活において重要な役割を果たしていますが、人権侵害も頻繁に起きています。この状況を変えるべく、欧州評議会はKaspersky LabおよびApple、Facebook、Google、Microsoftなどのテクノロジー企業7社とテクノロジー業界6団体とともにオープンで安全なインターネットの推進を誓約する協定に署名しました。

2017年11月09日   ウイルスニュース

Kaspersky Lab、2017年上半期における産業用制御システムを取り巻く脅威に関するレポートを公開、攻撃を受けたICSコンピューターの3分の1は製造業のもの

攻撃を検知したICSコンピューターを業種別にみると、製造が最多の31%でした。感染ソースはインターネット経由が全体では最も多い20.4%、日本ではメールがトップで10.06%でした。

2017年11月07日   ウイルスニュース

Kaspersky Lab、金融機関を標的にした新たなサイバー犯罪グループ「Silence」を発見

Kaspersky Labは、金融機関を標的にした新たなサイバー犯罪グループ「Silence(サイレンス)」による標的型攻撃を確認しました。Silenceは、悪名高いサイバー犯罪グループ「Carbanak」と類似した攻撃手法を利用しています。

2017年10月31日   ウイルスニュース

<2017年度 企業の情報セキュリティリスク調査>企業は情報セキュリティを戦略的な投資と見なすようになりつつあり、IT予算に占める情報セキュリティ費用の割合が増加

調査の結果から、情報セキュリティは戦略的な投資と見なされつつある事がわかりました。また、最も損失が大きいサイバーセキュリティ侵害は、サードパーティのサイバーセキュリティの失策から生じたものであることも明らかになりました。このことから、企業は自社の保護に投資するだけでなく、ビジネスパートナーのセキュリティ管理体制に注意を払う必要があります。

2017年10月26日   製品ニュース

法人向けLinuxメールサーバー用セキュリティ製品「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」の最新版を提供開始

最新版では、マクロを悪用したMS Officeファイルによるウイルス感染防止や、なりすましメール対策も強化しました。また、高度な標的型攻撃を発見する「Kaspersky Anti Targeted Attack Platform」と連携することで、標的型攻撃など高度なサイバー脅威の兆候が含まれるメールをブロックし、より強固にメールシステムを保護することができます。

2017年10月25日   ウイルスニュース

Kaspersky Lab、Adobe Flash Playerの脆弱性を突いた新たなゼロデイ攻撃を発見

Adobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2017-11292」を標的にしたゼロデイ攻撃を実環境で検知しました。このエクスプロイトは、「BlackOasis」として知られるサイバー犯罪グループが10月10日の攻撃で使用したもので、Microsoft Word文書を介して商用マルウェア「FinSpy」に感染させます。

← 前のページ   |   ページトップ   |   次のページ →