Kaspersky® Anti-Virus Software Development Kit

Kaspersky Anti-Virus Software Development Kit (SDK) はKaspersky Anti-Virus Engineを使用することにより、ウイルス、トロイの木馬、ワーム、ルートキット、スパイウェア、アドウェアなど幅広いマルウェアに対して総合的な保護を提供します。

Kaspersky Anti-Virus SDK は、次のような方法でご利用いただけます。

  • サービスプロバイダのデータセンター、キャリアグレードのデータ処理ソリューション、さらにはデスクトップや組み込みプラットフォームまで、多種多様な製品やサービスとの統合
  • 各種のメールシステム(SendMail、Qmail、Postfix、Exim など)やプロキシサーバとの統合。プロキシサーバとの統合にはICAP 経由の統合も含まれます
  • Kaspersky アンチウイルス エンジンはデフォルトで、スマートフォンおよび PDA を狙うマルウェアも含めた、あらゆる種類のマルウェアに対するトータルな保護を提供します。そのため、悪質なコードに対する高度な保護および MMS フィルタリング機能を備えた、安全なモバイルネットワークソリューションの開発にご利用いただけます
  • スタンドアロン型のデスクトップ向けアンチウイルス開発

Kaspersky Anti-Virus SDK は、一般的なオペレーティング システム(Microsoft Windows、FreeBSD、Linux など)やハードウェアプラットフォーム(ARM を含む)のほとんどと互換性があります。抜群のスケーラビリティによって、小規模オフィス、中規模企業、大企業を対象とする幅広い製品、さらには加入方式のサービスにも対応可能で、あらゆるセキュリティシステムの原動力となります。


OEMのお問い合わせ先
Kaspersky LabのOEMチームへの相談を希望されるお客様は、直接こちらにご連絡いただくか、OEM申し込みフォームからお問い合わせください。