Kaspersky Anti-Virus for Windows Servers Enterprise Edition

Kaspersky Anti-Virus for Windows Servers Enterprise Editionは、Windows Server専用に開発されたマルウェア対策製品です。Server Coreモード、ReFS(Resilient File System)、階層型ストレージ、クラスタリングなどのテクノロジーに対応しており、エンタープライズの複雑で高負荷なIT環境におけるマルウェア対策の実現に最適な製品です。

製品の特長

  • エンタープライズの複雑で高負荷なIT環境に最適なWindows Server専用のマルウェア対策製品です
  • Windows ServerやCitrix Presentation Server、Citrix XenApp、Citrix XenDesktopといったターミナルサービス環境に対応しています
  • 管理ツールKaspersky Security Centerの他、Microsoft管理コンソールやコマンドラインを利用して、ローカル/リモートにて管理が可能です

導入の効果

  • 重要データが保管されるファイルサーバーをマルウェアの脅威から強力に保護します
  • サーバーの用途に合わせて保護レベルやスキャン設定を最適化し、パフォーマンスへの影響を最小化します
  • マルウェア検知など、サーバー上のイベント通知より、システム管理者は適切な対応を実施できます


主な機能

マルウェアからの保護

  • リアルタイム保護
    ファイルの書き込み/読み込み時にそのファイルに脅威がないかスキャンし、脅威が検知されると、指定された処理(ウイルスの駆除、またはファイルの削除)を実行します。ファイルがマルウェアに感染していない場合、またはマルウェアを正常に駆除できた場合のみ、ファイルをアプリケーションに戻します。
  • ヒューリスティック分析機能
    ウイルス定義データベースに登録されていない悪意のあるプログラムも検知します。スキャン対象のオブジェクトをエミュレーション環境で検証し、悪意のあるコマンドシーケンスが含まれていた場合、疑わしいオブジェクトとして検出します。
  • 重要な領域のスキャン
    メモリーやスタートアップオブジェクトなど、感染の対象となりやすいOS領域をスキャンする専用のタスクを実行できます。
  • 柔軟なスキャン設定
    サーバーの要件に合わせて保護レベル(高速、推奨、最高レベルの保護)の設定や、常にスキャンするファイルの種別を指定することができます。また、疑わしいオブジェクトや感染したオブジェクトへの対応を、脅威の種別に応じて事前に設定することも可能です。
  • 効率的なスキャン
    カスペルスキーのiSwift とiCheckerテクノロジーを搭載し、独自アルゴリズムにて、ファイルのスキャンを実行する最適なタイミングを計算します。アクセス数の多いファイルを何度も再スキャンすることを回避し、システムパフォーマンスへの影響を小さくします。
  • ターミナルサーバーの保護
    Windows ServerやCitrix環境におけるリモートデスクトップ、またはリモートアプリケーションターミナルユーザー向けの保護機能を提供しています。ターミナルユーザーがファイルやスクリプトで実行した操作を監視します。また、ターミナルユーザーはターミナルサービスを通じて、イベントの通知を受信できます。
  • クラスター環境に対応
    本アプリケーションを各ノードにインストールすることで、ノード上のローカルドライブや共有クラスタードライブの保護が可能となり、クラスター環境のマルウェア対策を実現できます。また、クラスターリソースの移行時にもサーバーを保護できます(フェイルオーバー/フェイルバックに対応)。
  • 仮想化環境のサポート
    Kaspersky Anti-Virus for Windows Servers Enterprise Edition はVMware 仮想化環境に対応した製品で、VMware Ready 認証を取得しています。

サーバー負荷の最適化

  • スレッドの指定
    サーバーからの要求をできるだけ速く処理するため、マルチプロセッサーサーバー上で実行するアンチウイルス処理のスレッド数を指定できます。
  • ロードバランシング
    サーバー負荷を制限するため、事前に割り当てた優先度に従って、本アプリケーションと他のアプリケーションの間でリソースを割り当てることができます。また、アンチウイルス処理をバックグラウンドモードで実行することも可能です。
  • 信頼するプロセスをスキャン対象から除外
    データのバックアップなど、安全なプロセスを指定し、スキャン対象から除外することができます。
  • インストール時に再起動が不要
    本アプリケーションのインストール後、サーバーの再起動をせずに、保護機能の提供を開始できます。

統合化された管理

  • インストールと管理の一元化
    システム管理者は、管理ツールKaspersky Security Center を使用して、複数のサーバーで稼働する本アプリケーションをリモートより一元的に管理できます。
  • さまざまな管理ツール
    Kaspersky Security Center の他、Microsoft管理コンソール、コマンドラインを使用して、直接またはリモートより管理できます。 本アプリケーションは、Microsoft管理コンソール用のインターフェースを提供しています。
  • 管理者権限の管理
    各サーバーの管理者の要件に合わせて、必要な権限レベルを割り当てることができます。
  • スキャン時間の設定
    スキャンの開始/終了時間の指定が可能です。例えば、週末など、業務への影響が小さいタイミングを指定して、保護レベルを高めたフルスキャンを行うことができます。
  • セキュリティイベントの管理
    指定したイベントの発生時に、システム管理者はEメールで通知を受けることができます。また、WindowsやKaspersky Security Center のイベントログを確認して、アプリケーションの動作状態を管理できます。

システム要件

本アプリケーションのシステム要件は、こちらよりご覧いただけます。