コンピュータへの脅威 : はじめに



21 世紀を迎え、我々の生活でますます不可欠となっているのがインターネットとメールだ。これらの普及に伴う多種多様な危険も増加し続けている。脅威に直面した場合の対処方法を、よく知っておこう。



ウイルスからサイバー犯罪へ

これまで PC は主にウイルスやワームの脅威にさらされてきた。ウイルスやワームといったプログラムの主な目的は拡散することだったが、なかにはファイルや PC に損害を与える目的で設計されたものもあった。そのような悪意あるプログラム、つまりマルウェアは「ネット界の破壊行為」といえる。ウイルスやワームを利用する目的は、ほとんどの場合、高い感染率をもってできるだけ広く拡散させ、そのプログラムの名声を高めることにあった。

しかし、ここ数年で状況は一変した。

今日、コンピュータが直面する最大の脅威はクライムウェアだ。サイバー犯罪者は、違法な金儲けを目的としてこうしたマルウェアを作成する。クライムウェアは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬など、悪意あるプログラムの形態をとる。



セキュリティへの理解度は?
ウイルスとワームの違いは何だろうか?ルートキットの名前の由来は?コンピュータセキュリティに関する FAQ のページで理解度をチェックしてみよう。

サイバー犯罪のすべて:
マルウェアは、もはや悪ふざけの道具ではない。その目的は犯罪なのだ。サイバー犯罪者の金儲けの手口と、被害者にならないための方法を学習しよう。

不法侵入:
まるで強盗が家に押し入るかのように、ハッカーはコンピュータに侵入してくる。ハッカーによるコンピュータ侵入の手口とはどのようなものだろうか?