ワイヤレスネットワークの安全性



ワイヤレスネットワークの安全が守られていなければ、ハッカーはあなたが送受信するデータの傍受や、あなたのコンピュータ内のファイルへのアクセスをいとも簡単に行うことができる。それも、自宅のソファでくつろぎながら。



ワイヤレスネットワークの安全保護が必要な理由

現在では、ほとんどのコンピュータがワイヤレス接続機能を持っている。つまり、物理的なネットワークケーブルを使わずにインターネットに接続できるということだ。ワイヤレス接続には、家庭内やオフィス内のどこででも (ワイヤレスルータの通信範囲内であれば) インターネット接続が利用できるという大きな利点がある。しかし、安全策を施さなければ、以下のようなリスクが生じる:

  • ハッカーに送受信データを傍受される
  • あなたが使用するワイヤレスネットワークにハッカーのアクセスを許す
  • 他人にインターネットアクセスを乗っ取られる

ワイヤレスネットワークが保護されていなければ、ハッカーが送信データを傍受し、ネットワークに侵入して共有ファイルにアクセスし、接続を乗っ取ってインターネットにアクセスしてしまう可能性がある。ダウンロード容量に制限がある場合では、使用可能な帯域幅が横取りされてしまうことになり、事態はさらに深刻だ。


ワイヤレスネットワークを安全に利用するには

ワイヤレスネットワークとルータに安全対策を施してリスクを縮小する手順を、以下に紹介する:

ワイヤレスルータの管理者パスワードを変更する。デフォルトパスワードを見つけ出し、これを利用してワイヤレスネットワークにアクセスするのは、ハッカーにとって簡単なことだ。パスワードの変更時には、パスワード選択に関するガイドラインを参照して、簡単に推測できないようなパスワードを指定する。
ワイヤレスデバイスの存在を知らせないように、SSID (アクセスポイントの識別子) ブロードキャストをオフにする。
暗号化を有効にする。デバイスが対応していれば WPA 暗号または WPA2 暗号を利用する。対応していなければ WEP を使用する。ただし、WEP では強度が格段に下がるため、WPA/WPA2 の利用を強くお勧めする。
デフォルトの SSID 名を変更する。繰り返しとなるが、デフォルトのパスワードを探り出し、これを利用してワイヤレスネットワークを見つけるのは、ハッカーにとってはたやすいことだ。パスワードの変更時には、パスワード選択に関するガイドラインを参照して、簡単に推測できないようなパスワードを指定する。


ワイヤレスネットワークを保護するには:

管理者パスワードを変更する
WPA または WEP 暗号を利用する
SSID ブロードキャストをオフにし、ワイヤレスルータのデフォルト名を別の名前に変更する
悪性コードやハッカーの攻撃を防ぐための上記ガイドラインに従う