Kaspersky Lab独自の技術と知見

新しいテクノロジーの急速な拡大が、新しい機会をもたらしていますが、ITへの依存が増すにつれ、サイバー脅威はグローバルな問題となっています。ITが世界的に重要な産業となったため、ITセキュリティの専門知識がより一層求められています。Kaspersky Labは世界のサイバー脅威の背景を理解しており、当社エキスパートはあらゆる形態の悪質なプログラムを検知し、無力化するための膨大な知識と経験を備えています。これまでに主要なサイバー脅威と戦って得た多くの専門知識は、当社の最も貴重な資産です。

2008 年に結成された Global Research & Analysis Team は、Kaspersky Lab で研究開発に携わる中枢部門として、脅威に関する情報収集、調査研究、技術革新において社内の各部門および業界をリードしています。

世界中の非常に高度な脅威を発見して分析しており、FlameminiFlameGaussRedOctoberNetTravelerIcefogCareto/The MaskDarkhotelReginCloud AtlasEpic TurlaEquationDuqu 2.0MetelAdwindProjectSauronSofacy (Fancy Bear)、CozyDuke (Cozy Bear)、Black Energy (Sand Worm)などのサイバースパイやサイバー脅威を明らかにしてきました。Targeted Cyberattack Logbookでは、GReATが調査した標的型攻撃に関する調査結果を視覚化し、年代順に紹介しています。