脅威インテリジェンス


  • 脅威データフィード

    カスペルスキーの実用的な最新のサイバー脅威データを使用して既存のセキュリティ対策を強化し、フォレンジック能力を高めましょう。

  • APTインテリジェンスレポート

    APT犯罪者が使用する手段、戦術、ツールを明らかにする、Kaspersky Labの最新の調査や洞察をお客様だけにいち早くお届けします。

  • オーダーメイドの脅威インテリジェンスレポート

    当社の専門家がお客様に対する攻撃の現状の全体像を提示し、悪用されやすい弱点を特定して、過去や現在の攻撃、そして計画されている攻撃のエビデンスを明らかにします。

  • 金融機関向け脅威インテリジェンスレポート

    特に金融機関を標的にする脅威や、銀行、支払処理会社、ATM、POSシステムを攻撃するためにサイバー犯罪者が開発または販売するツールに焦点を当てています。

  • 脅威情報ルックアップ

    Kaspersky Labが創業以来収集、分類、分析してきた数ペタバイトもの脅威データをリアルタイムに検索して、脅威や相互接続に関する情報を世界各地から参照することができます。

  • クラウドサンドボックス

    あらゆるファイルの性質に関する知識を迅速に入手することで、未知のマルウェアを効果的に識別することが可能になり、情報セキュリティインシデントに迅速に対応できます。

セキュリティ評価


  • ペネトレーションテスト

    脅威インテリジェンスを用い、アドバーサリーシミュレーションにより潜在的な攻撃ベクトルを実証し、攻撃者の視点から企業のセキュリティ体制全般を評価します。

  • アプリケーションのセキュリティ評価

    大規模なクラウドベースのソリューションから組み込み/モバイルアプリケーションまで、あらゆる種類のアプリケーションにおけるビジネスロジックの不備や実装の脆弱性を徹底的に見つけ出します。

  • 決済システムのセキュリティ評価

    各種支払いシステムのハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを包括的に分析し、不正使用の可能性や不正な金融取引につながる脆弱性を明らかにします。

  • ICSのセキュリティ評価

    事例固有の脅威モデリング、産業用制御システムとそのコンポーネントの脆弱性評価を行い、既存の攻撃対象範囲に関する洞察に加えて、攻撃が業務に与える影響を提示します。

  • 交通システムのセキュリティ評価

    自動車から航空宇宙まで、最新の交通システムのインフラストラクチャに不可欠のコンポーネントのセキュリティ問題を特定するために特化した調査を行います。

  • スマートテクノロジーとIoTセキュリティ評価

    相互に緊密に接続された最新のデバイスとバックエンドインフラストラクチャを詳細に評価し、ファームウェア、ネットワーク、アプリケーション層の脆弱性を明らかにします

脅威ハンティング


  • Kaspersky Managed Protection

    Kaspersky Labのエキスパートが、サイバー脅威の24時間監視と常時分析を行います。

  • 標的型攻撃検知

    現在または過去の侵入の痕跡をすばやく特定し、過去に見逃されていた攻撃にも対処できる包括的サービスです。

インシデント対応


  • インシデント対応

    インシデント調査の全工程をカバーし、お客様の組織の脅威を完全に排除します。

  • デジタルフォレンジック

    サイバー犯罪に関連したデジタルエビデンスの解析を行い、関連する調査結果すべての詳細なレポートを作成します。

  • マルウェア解析

    特定のマルウェアファイルのふるまいや機能について、その全体像を示します。

セキュリティトレーニング


  • インシデント対応

    社内のチームが、インシデント対応プロセスの全工程にわたりトレーニングを通じて手法を体験することで、インシデントの修復に必要な包括的知識を習得できるコースです。

  • マルウェア解析

    悪意のあるソフトウェアの分析、IoC(侵入の痕跡)の収集、マシン上のマルウェアを検知するためのシグネチャの記述、感染したり暗号化されたりしているファイルとドキュメントの復元に必要な知識を習得するコースです。

  • デジタルフォレンジック

    サイバー犯罪の痕跡を調べたり、さまざまなデータを分析する実用的なスキルを磨くことで、攻撃のタイムラインや発生源を特定できるようになります。

  • YARAによる効率的な検知

    最も効果的なYaraルールの記述方法、そのテスト方法、ルールを改善して他のルールでは検知できない脅威までを探す方法を学習します。

導入事例

カスペルスキーのソリューションでハイブリッドクラウドのセキュリティと可視性を向上させている企業の事例をご紹介

  • 
		Ferrari S.p.A.                
    Ferrari S.p.A.                

    Ferrari社は、自社のITセキュリティ戦略プロバイダーとしてKaspersky Labを選択しました。Ferrari社が必要としていたのは、同社の主要事業をセキュリティの脅威から守り、より強固なITセキュリティ対策を導入することでした。

  • 
          City of London Police
    City of London Police

    ソリューション:

    英国警察検査局(HMIC)はサイバー犯罪に国家を挙げて取り組むために警察主導のもと各機関が協力するよう呼びかけています。これを受けてロンドン市警察はセキュリティ業界のリーダーであるKaspersky Labをパートナーとして組み、深刻化するサイバー犯罪の阻止に動きだしました。

  • 
          Abu Dhabi Racing
    Abu Dhabi Racing

    ソリューション:

    社のような企業やアラブ首長国連邦政府にとって、経済成長、テクノロジーおよび知識データベースが普及した社会を目指す原動力には、高度な IT セキュリティシステムとリスクマネジメントの要件を両立することが必要です。

ホワイトペーパー

世界中で認められている、当社のサイバーセキュリティ専門家の見解をご確認ください。

True Cybersecurityを企業のセキュリティ戦略に役立てる方法について、当社のエキスパートにお問い合わせください。

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。