概要

進化し増加の一途をたどる脅威に直面している企業にとって、サイバーセキュリティに関する教育は必須です。ITセキュリティ担当の従業員は、サイバー脅威の管理を効果的に行い、リスクを低下させるために必要な最先端の手法に精通している必要があります。 セキュリティチームが最新の知識を身に付けることは、極めて巧妙な攻撃の防御にも役立ちます。


  • デジタルフォレンジック

    サイバー犯罪の痕跡を調査や、さまざまなデータを分析を行うことで実用的なスキルを磨くことができます。攻撃のタイムラインや発生源を特定できるようになります。

  • マルウェア解析

    悪意のあるソフトウェアの分析、IoC(侵入の痕跡)の収集、マシン上のマルウェアを検知するためのシグネチャの記述、感染したり暗号化されたりしているファイルとドキュメントの復元に必要な知識を習得するコースです。

  • インシデント対応

    社内のチームが、インシデント対応プロセスの全工程にわたりトレーニングを通じて手法を体験することで、インシデントの修復に必要な包括的知識を習得できるコースです。

  • YARAによる効率的な脅威の検出

    最も効果的なYaraルールの記述方法、そのテスト方法、さらにルールを改善して他のルールでは検知できない脅威までを探す方法を学習します。

お勧めしたいお客様(業種)

このソリューションは、これらの業種に最適です。

導入事例

圃場での作業にカスペルスキーのセキュリティ製品を利用した事例を紹介

  • 
		Ferrari S.p.A.                
    Ferrari S.p.A.                

    Ferrari社は、自社のITセキュリティ戦略プロバイダーとしてKaspersky Labを選択しました。Ferrari社が必要としていたのは、同社の主要事業をセキュリティの脅威から守り、より強固なITセキュリティ対策を導入することでした。

  • 
		Telefonica
    Telefonica

    ソリューション:

    Telefonica社は世界最大のブロードバンドおよび電気通信のプロバイダーの1つです。Telefonica社は同社のソリューションを通知し、強化するために補完するスキルと専門知識を持つパートナーを絶えず探しています。

  • 
          City of London Police
    City of London Police

    ソリューション:

    英国警察検査局(HMIC)はサイバー犯罪に国家を挙げて取り組むために警察主導のもと各機関が協力するよう呼びかけています。これを受けてロンドン市警察はセキュリティ業界のリーダーであるKaspersky Labをパートナーとして組み、深刻化するサイバー犯罪の阻止に動きだしました。

ビジネス上のメリット

  • カスペルスキーのセキュリティ製品の価値を最大化

    • サイバー犯罪の痕跡を調査
    • さまざまなタイプのデータ分析
    • 攻撃のタイムラインや発生源を特定
  • 悪意のあるソフトウェアの分析と検知方法の習得

    • 悪意のあるサンプルを分析して侵害指標を収集
    • マルウェアに感染した端末を検出するシグニチャ作成
    • 感染/暗号化されたファイルやドキュメントの復元
  • インシデント対応のベストプラクティスの習得

    • 成功したインシデント対応の全過程を実際に体験して学習
    • サイバー攻撃による影響を緩和する最も効率的な方法を学習
    • 組織全体の脅威検出レベルを向上させる

ホワイトペーパー

世界中で認められている、当社のサイバーセキュリティ専門家の見解をご確認ください。

リスク

適切なスキルを持つ人材をチームに新たに採用することは、容易ではありません。絶えず進化する脅威に対処できるようにするには、継続的なトレーニングが必要です。これにより、組織は大きな脅威にも対抗することができます。

  • Scan

    ビジネスと機会の損失

  • Scan

    企業の評判の悪化

  • Scan

    ダウンタイムのコスト

  • Scan

    重大な処罰と罰金

  • Scan

    増加する保険料

  • Scan

    信用格付けの悪化

True Cybersecurityを企業のセキュリティ戦略に役立てる方法について、当社のエキスパートにお問い合わせください。

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。