製品

Kaspersky Managed Detection and Response

企業を標的とした脅威を継続的に調査して検知し、対応を支援

概要

ビジネスにおいて、さまざまな分野のプロセスの自動化が進んでいます。そのため企業でのIT技術への必要性はますます高まっています。逆に言えば、ITに対する企業のビジネスの必要性が高くなればなるほど、その情報システムへハッキングする価値が高まるということになります。脅威を追跡して適切に対処するのに必要な専門知識とスタッフを確保することは、非常に労力がかかります。また、セキュリティチームがシステムとツールの管理に追われ、十分な調査や分析のための時間が取れなくなっている場合もあります。

高度な保護テクノロジー

独自の継続的な脅威インテリジェンスと高度な機械学習に基づく最先端のセキュリティテクノロジーで複雑な攻撃の防止、検知、対処を行います

プロアクティブな脅威ハンティング

攻撃の痕跡を特定する独自の自動化された予防および検知ツールで、気付かないうちに見逃された可能性のあるマルウェア以外の脅威を検知できます

自動化された対応とガイド付き対応

脅威による中断をマネージドでの対応またはガイド付きの対応で防止して、脅威の封じ込めを図ることで、すべての対応アクションを完全にコントロールしながら、迅速な対応ができます

世界的に認められた専門知識

業界有数の脅威ハンティングチームによってサポートされ、標的型攻撃に関する20年以上にわたる一貫して優れた調査に支えられています

MITRE ATT&CK®によるカスペルスキーの評価

サイバー攻撃の複雑化や持続化に伴い、サイバー犯罪の手口を理解することは、企業における効果的なサイバー防御に重要になりつつあります。MITER ATT&CK手法を使用して、カスペルスキーのEDR製品とMDRサービスのパフォーマンスを評価する方法をご覧ください。

導入事例

カスペルスキーのセキュリティ製品の実際の導入事例をご紹介します

ビジネス上のメリット

  • 24時間体制で最新の回避型脅威から自動的に保護

    • 特許取得済みの機械学習モデル、独自の脅威インテリジェンス、標的型攻撃に関する効果的な調査の確かな実績により、最も複雑な脅威に対しても継続的な防御を保証
    • マネージドでもしくは個別に調整された継続的な検知機能、優先順位付け、調査、および対応により、ビジネスの中断を防ぎ、インシデントによる全体的な影響を最小限に抑制
    • 検知された悪意のあるアクティビティのすべてと既存の保護ステータスを完全に可視化することで、リアルタイムの状況認識を実現
  • すべての業種や組織のニーズに対応できる柔軟性

    • 高速で拡張性に優れたターンキー展開により、追加の人員や専門知識に投資することなく、即座に成熟したITセキュリティ機能を実現
    • 自動化での、またはガイド付きのインシデント対応により、すべての対応アクションを完全にコントロールしながら、迅速な対応が可能
    • 成熟したITセキュリティチーム向けの拡張機能と柔軟性により、インシデントのトリアージと調査プロセスをカスペルスキーに任せることで負荷を軽減し、重要な調査結果への対応に高価な社内リソースを集中
  • コスト効率が高く、完全に正当化されたITセキュリティ投資

    • 最も高度な脅威からも継続的な保護を実感
    • 社内のセキュリティ担当者を新規に雇用してトレーニングすることなく、複雑なインシデントを管理し、関連するオーバーヘッドを最小限に抑制
    • カスペルスキーセキュリティ製品の価値を最大化し、将来のITセキュリティ投資を最適化しながら、全体的なセキュリティコストを削減
    • セキュリティオペレーションセンターを設置することなく、独自のセキュリティオペレーションセンター機能を完備

関連サービス