概要

企業の利益を守る、信頼性の高い実績あるセキュリティプラットフォームです。この密接に統合されたソリューションは、トップクラスのグローバルセキュリティインテリジェンス動的な機械学習機能を基盤とした高度な保護、検知とサイバーセキュリティトレーニングを組み合わせ、お客様のリスク軽減機能を向上させることができます。物理環境、仮想環境、クラウドベースのエンドポイントすべての保護機能を1つのコンソールでまとめて管理するため、効率の改善とTCOの削減を実現できます。


  • 適応型エンドポイントセキュリティ

    リソースに与える影響を最小限に抑え、グローバルな専門家たちによって構築された包括的な脅威防御によって、場所を問わず、お客様のデータを保護します。この適応型保護は、さまざまなコントロール機能とパッチ管理によってさらに強化され、EDRとの統合によって合理化されています。

  • Endpoint Detection and Response(EDR)

    多額の損害が発生する前に、先手を打って攻撃者を発見し、脅威を食い止め、インシデントやデータ侵害に迅速かつ効率的に対応します

  • Security Awareness

    コンピューターを使ったトレーニングに最新の学習方法を採り入れ、組織のあらゆるレベルに対応します。

  • GDPRに対応

    このソリューションのすべての製品とサービスは、顧客や従業員のデータの保護、セキュリティインシデントの防止、データ漏洩のリスク軽減を行い、データ保護責任者の業務をサポートします。

お勧めしたいお客様

このソリューションは、これらの業種におけるセキュリティ要件、課題や制約に対処するのに適しています。

導入事例

カスペルスキーのセキュリティ製品の実際の導入事例をご紹介します。

  • 
		Ferrari S.p.A.                
    Ferrari S.p.A.                

    Ferrari社は、自社のITセキュリティ戦略プロバイダーとしてカスペルスキーを選択しました。Ferrari社が必要としていたのは、同社の主要事業をセキュリティの脅威から守り、安全性を強化するため、より強固なITセキュリティ対策を導入することでした。

  • Axel Springer社
    Axel Springer社

    ソリューション:

    Axel Springer社はヨーロッパにおける最大手のメディア企業で、同社には1つの明確な目標があります。それは「デジタル出版社のリーディングカンパニーになる」ことです。Axel Springer社は自社のITインフラストラクチャをマルウェアなどの攻撃から確実に守るため、ITセキュリティシステムの見直しを行い、カスペルスキーのソリューションで再設計しました。

ビジネス上のメリット

  • 適応型エンドポイントセキュリティ

  • Endpoint Detection and Response

    • 機械学習ベースの高度なテクノロジーを活用し、組織に対する脅威を先見的に探索、調査し、復旧対応までを実現
    • グローバルな脅威インテリジェンスによるサンドボックスやIoC(侵入の痕跡)の発見のためのスキャン、継続的なエンドポイントの監視
    • セキュリティチームやSOCは、高度な脅威を迅速に発見して阻止を実現
  • Security Awareness

    • 自動学習管理:さまざまなコンテンツ形式でサイバーセキュリティ能力を学習する包括的なカリキュラム
    • 真のゲーミフィケーション:関係者の日常経験に基づき、競争と課題を提供しながら過度の負担を回避
    • 業界の平均を基準にグローバルベンチマークに基づいて目標を設定
    • 必要に応じて改善の可能性を即座に分析

24/7

プレミアムサポートとプロフェッショナルサービス

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を有効活用してROIを最大化するには、当社のプレミアムサポートパッケージ(MSA)をご利用になるか、当社のプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

ホワイトペーパー

世界中で認められている、当社のサイバーセキュリティ専門家の見解をご確認ください。

リスク

サイバー攻撃の多くはエンドポイントから開始されます。そのため、セキュリティ戦略全体にとって、エンドポイントを保護することが非常に重要です。Kaspersky Endpoint Security for Businessは以下を防ぐのに役立ちます。

  • Scan

    ランサムウェア攻撃による運用上の損失

  • Scan

    脆弱性攻撃による金銭的な損失

  • Scan

    データ漏洩による信用の喪失

  • Scan

    大規模な攻撃によるビジネスの中断

  • Scan

    複数のセキュリティソリューションの配置により発生する運用コスト

  • Scan

    モバイル端末の感染によって発生した攻撃による金銭的損失

認証および受賞歴

  • トッププレーヤーです。「Radicati Endpoint Security - Market Quadrant 2017」

  • Kaspersky Endpoint Security for Businessは、AV-TESTにより2017年の「Best Protection」賞と「Best Usability」賞を授与されました。クリックすると、現在のテストをご確認いただけます。

  • Kaspersky Endpoint Security for Windowsは、ALC_FLR.1によって拡張されたEAL2+のコモンクライテリア認定に合格しています。

  • 第三者評価機関が実施するテストにおいて、Kaspersky Labが優れたエンドポイントセキュリティの機能を提供していることが示されています。

  • カスペルスキーの製品は、パブリックネットワークの攻撃と標的型攻撃すべてから防御しました。悪意のあるURLをブロックする能力、脆弱性攻撃の対応、正規のアプリケーションとWebサイトを正しく識別する能力を兼ね備えているため、優れた成果を達成しました。

有名企業からの獲得した信頼性

カスペルスキーのサポートにより、多くのグローバル企業が自社のサイバーセキュリティ機能を拡張しています。

True Cybersecurityを企業のセキュリティ戦略に役立てる方法について、当社のエキスパートにお問い合わせください。

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。