Anti Targeted Attack Platform

デジタル変革の時代におけるリスクを軽減するサイバーセキュリティ

企業のセキュリティは、技術革新を促進する要因として、企業のデジタルビジネス戦略の要となる必要があります。さらに、ビジネス全体のビジョンに沿ってリスクを積極的に特定して緩和し、課題発生時の影響を軽減するものでなければなりません。 Kaspersky Anti Targeted Attack Platformを使用すれば、業界をリードするセキュリティインテリジェンスと高度な機械学習テクノロジーに基づいて、標的型攻撃や高度な脅威を検知し、感染したシステムを特定することができます。

IT環境の混乱を招く課題に対処するための企業のセキュリティ戦略

業界で実証されているカスペルスキーのソリューションは、高度な脅威管理や防御など、各種機能を提供でき、標的型攻撃のあらゆる段階に対応することにより、ビジネスの継続性とデジタル技術による革新を保護します。プラットフォーム自体に組み込まれている多層的な防御テクノロジーと、製品とサービスの幅広いポートフォリオを統合して、検知、対応、予測に特化した単一の総合的なシステムを形成します。その結果、真に統合された戦略的アプローチにより、標的型攻撃や脅威を検知し、それらに対応することができます。


  • 内部、外部の状況の可視化と監視

    分散型エンタープライズ環境全体を完全に可視化し、グローバルな脅威統計やレピュテーションと組み合わせて、コンテキスト化された実用的なインテリジェンスを提供します。

  • 多面的で高度な検知

    このプラットフォームは、機械学習を核として、静的分析、ふるまい分析、クラウドレピュテーション、サンドボックス、パターンベースの検知エンジンを使用する高度な検知機能、Targeted Attack Analyzerを統合しています。

  • 高度な脅威への防御と対策の自動化

    判定結果は、プラットフォームを介してメール、Web、エンドポイント、ストレージの保護などあらゆる製品領域に自動的に共有されるため、インシデントが発生しても即座に対応できます。

お勧めしたいお客様(業種)

Kaspersky Anti Targeted Attack Platformは、 標的型攻撃を検知するための新しい戦略的アプローチを提供します。

ビジネス上のメリット

  • 最も効果的で信頼性が高いことが実証されたソリューション

    信頼性の高いソリューションが、完全なプライバシーを提供します。すべてのオブジェクト解析はオンサイトで実行され、外部へのデータフローは発生しません。インバウンドのレピュテーションのリアルタイムなアップデートによって、第三者機関のテストで示された最高の検知率を実現しながら、企業データの完全な分離を維持します。Kaspersky Anti Targeted Attack Platformは、100%の検知率*、0%の誤検知が実証されているため、誤検知への対応に時間を浪費する必要はありません。
    *ICSAラボ、 2017年第3四半期

  • 単一のコンソールでシームレスに脅威分析と発見を自動化

    Kaspersky Anti Targeted Attack Platformは、直感的で使いやすいブラウザーベースのインターフェイスにより、検知、調査、防御、アラート、レポートを統合して可視化し、管理可能にします。単一のインターフェイスでさまざまな機能を制御、監視できるため、セキュリティチームは複数のツールやコンソールを切り替えることなく作業でき、時間の浪費やストレスが軽減されます。

  • テクノロジー、サービス、トレーニング、サポートの理想的なバランス

    Kaspersky Anti Targeted Attack Platformは、お客様の現在のニーズに基づいてセキュリティ製品、エキスパートによる教育、トレーニングを緊密に組み合わせており、インシデント対応、継続的監視、脅威インテリジェンスの共有に特化したセキュリティインテリジェンスサービスも提供します。これらすべてにより、既存のビジネスイニシアティブにAPT対策が無理なく適合します。

24/7

24時間365日のプレミアムサポート

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するには、当社のプレミアムサポートパッケージをご利用になるか、カスペルスキーのプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

システム要件

*仮想アプライアンスが可能です。プラットフォームとしてVMware vSphereを推奨します。

サイバー脅威の状況

企業や社会全体でクラウド、ビッグデータ、モバイル、IoT、AIなどのデジタルテクノロジーの採用が進むと、これらすべてを結びつけるために接点が増加して、セキュリティ、コンプライアンス、データ保護に関してかつてないほどの課題が持ち上がります。

  • Scan

    データ管理やコンプライアンスの問題により、企業の成長が鈍化する

  • Scan

    インシデント対応でセキュリティ戦略の計画や統合が欠如する

  • Scan

    シャドーITや、ビジネス資産の可視性の低さが、リスクをもたらす

  • Scan

    新しいビジネスイニシアティブが、効果や適合性の低いセキュリティの悪影響を受ける

  • Scan

    誤検知により、確認すべきアラートが大量発生する

  • Scan

    資格情報やアクセス許可の権限が盗すまれることで、ビジネスに重大なリスクをもたらす

認証および受賞歴

  • ICSA Labsの高度な脅威対策テストにより認定されています。Kaspersky Anti Targeted Attack Platformは100%の検知率、0%の誤検知を実現しています。

  • Radicati Groupが実施したAPT保護ソリューション市場の競争環境に関する分析において、カスペルスキーのAnti Targeted Attackプラットフォームが「Trail Blazer」リーダーシップの賞を獲得しました。

True Cybersecurityを企業のセキュリティ戦略に役立てる方法について、当社のエキスパートにお問い合わせください。

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。