Endpoint Detection and Response(EDR)

コストを削減しながらエンドポイントのセキュリティを強化

現在も、エンドポイントはサイバー犯罪者のメインターゲットであり、犯罪者が従来のエンドポイントでのセキュリティ対策を回避することが当たり前になっています。適切かつコスト効率に優れた対応を実現するには、事前対応的なアプローチを導入する必要があります。Kaspersky Endpoint Detection and Response(EDR)は、多額の損害が発生する前に、先手を打って犯罪者を捜し出し、脅威を食い止め、インシデントやデータ侵害に迅速かつ効率的に対応します。しかも生産性には影響を与えず、多額の投資も必要としません。


  • 可視化とコントロール

    セキュリティチームは、エンドポイントデータを自動的に分析して獲得した洞察に基づいて、必要なアクションを迅速かつ的確に優先付けできます。

  • 予防的な脅威ハンティング

    一元管理型のデータベースと侵入の痕跡(IOC)検索を使用した高速な検索により、セキュリティチームはアラートを待つのではなく、積極的にエンドポイントをスキャンして異常やセキュリティ侵害を特定し、アクティブに脅威を特定することができます。

  • 適応型の脅威対応

    脅威対応の自動化により、損害や中断が発生する前に侵入を検知して修復することが可能になるため、企業が大きな損失を被る可能性を回避できます。

お勧めしたいお客様(業種)

本ソリューションは、これらの業種におけるセキュリティ要件、課題、制約に対処するのに最適です。

ビジネス上のメリット

  • 検知できなければ保護できない

    サイバー攻撃対策において重要な第一歩は、効率的で迅速な検知です。複数の検知テクノロジーにより、深刻な損害を発生させる前に攻撃や侵入を迅速に特定できる可能性が大きく向上します。

    Kaspersky EDRには、高度な静的分析、ふるまい分析、動的分析など複数の検知エンジンや、グローバル脅威インテリジェンス、機械学習テクノロジーへのリアルタイムアクセスが組み込まれており、高度な脅威検知を実現します。

  • 攻撃対象固有の新しい脅威や未知の脅威に対する脅威ハンティング

    Kaspersky EDRは、ネットワーク全体の遡及データも含め、侵入の痕跡(IoC)をリアルタイムでスキャンするように設計されています。セキュリティワークフローを根本から変える可能性があり、セキュリティチームはオープンな検索機能を使用して未知の脅威でさえもハンティングできます。これにより、真の脅威ハンティングプロセスが確立されます。

  • 高度な脅威を迅速に発見して阻止

    Kaspersky EDRは、企業ネットワーク内のあらゆるエンドポイントでのインシデント管理をシームレスなワークフローとして一元管理します。幅広く自動対応が可能なため、消去やイメージの再作成など従来の修正プロセスの弱点であった、コストがかさむダウンタイムや生産性の低下などを回避できます。単一のインターフェイスを使用して広範囲の機能を監視、制御するため、複数のツールやコンソールを切り替える必要がなくなり、セキュリティ作業の効果や効率が向上します。

24/7

24時間年中無休のプレミアムサポート

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するには、当社のプレミアムサポートパッケージをご利用になるか、カスペルスキーのプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

サイバー脅威の状況

Kaspersky Threat Management and Defenseが提供する自動化された適応型セキュリティ対策を実装できない場合、ITインフラストラクチャや企業の広い範囲が以下のような脅威にさらされます。

  • Scan

    検知や対応に時間がかかるため、攻撃で損害を受ける可能性が増大する

  • Scan

    ネットワーク全体への脅威インテリジェンスの適用が困難で、セキュリティが低下する

  • Scan

    手動/半手動で脅威の分析やハンティングを実行できる能力を持った人員が足りない

  • Scan

    新しい攻撃や、侵入時には未知であった攻撃がパターン検知で見つからない

  • Scan

    脅威の可視化や調査を行う能力が不足している

  • Scan

    リカバリプロセスや調査プロセスにまとまりがなく、体系化されていないため、ビジネスが中断してしまう

True Cybersecurityを企業のセキュリティ戦略に役立てる方法について、当社のエキスパートにお問い合わせください。

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。