医療業界向けのサイバーセキュリティ

医療分野のI Tインフラストラクチャや秘密性の高い医療データをサイバー攻撃の脅威から保護

お問い合わせ

評価機関によると、医療業界はサイバー攻撃に対して脆弱で、攻撃の対象になりやすいと報告されています。秘密性の高い患者のデータは、犯罪者、特にランサムウェアの格好の標的です。重要な医療機器は、一般的な設定で保護されていることが多く、標的型攻撃の検知技術が実装されているケースはほとんどありません。


提供ソリューション

未知の脅威や高度な脅威を防御し、標的型攻撃を効果的に検知するため、カスペルスキーはテクノロジーと脅威に関するインテリジェンスを常に向上させ、エクスプロイト攻撃やランサムウェアなど最新かつ高度な脅威からIT環境を保護します。

カスペルスキーは、以下のテクノロジーを含む機能を提供します。

  • エンドポイントおよびランサムウェアの保護対策

    エンドポイントおよびランサムウェアの保護対策

  • アプリケーションおよびデバイスの管理

    アプリケーションおよびデバイスの管理

  • データの暗号化

    データの暗号化

導入事例

Riverside Healthcare 社

ソリューション: Endpoint Security, Cloud Security

Riverside Healthcare...

ZGT 病院

ソリューション: Endpoint Security

ZGT 病院は年間 250,000...

詳しくはこちら*

Adelante Zorggroep

ソリューション: Endpoint Security, Cloud Security

Adelante...

詳しくはこちら*
導入事例一覧表示

ビジネス上のメリット

ランサムウェア攻撃に対する備え

ランサムウェアが複数の病院を攻撃したことで、病院の職員は基幹システムへアクセスできなくなり、システムが復旧するまでに数週間かかりました。サイバー攻撃は、食事の配膳や病理診断にも影響を与えます。暗号化されていないハードディスクに保存されていた約30,000件のカルテは失われました。このような被害は、2016年に入ってからの3か月の間で発生しました。

振る舞い分析を実装していないということは、暗号化の攻撃に対する保護がないことを意味します。効果的なランサムウェア保護対策では、振る舞い分析、ランサムウェアによって変更されたファイルのロールバック、ネットワークフォルダーの暗号化保護が必要です。

現在発生している攻撃を迅速に検知

カスペルスキーは、防止型のセキュリティ機能だけでなく、サイバー攻撃を受けても早い段階で検知し、速やかに被害の進行や拡大を防ぐ機能を提供します。これにより、現在システムに対する攻撃を速やかに特定します。

Kaspersky Anti Targeted Platform - 適応型セキュリティ戦略の一環として、従来の防御型のセキュリティより高度な検知を実現します。

適応型セキュリティフレームワーク

予測と防御によって、重大な被害に発展する前にインシデントの発生を防ぎます。検知と対処によって、被害の早期発見と修復を迅速に行います。このパラダイムでは、検知と対処は、予見と防御よりも多くのリソースやコストを必要とします。

実際にセキュリティ対策に必要な予算ではなく、ビジネスに与える影響を十分考慮し、安定したサービスの提供や目標復旧時間(RTO)を確実なものにするためには、セキュリティ対策の優先度を上げ、適切な経営資源を投入することが必要となります。

プレミアムサポートとプロフェッショナルサービス

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するため、当社の Maintenance Service Agreement(MSA) サポートパッケージをご利用になるか、または当社のプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

  • 2 4

    時間
    (毎日)

  • 0 7


    (毎週)

  • 3 6 5


    (年間)

詳しくはこちら

ホワイトペーパー

サイバーセキュリティソリューション

カスペルスキーのサイバーセキュリティソリューションにより、企業のセキュリティを保護

PDFのダウンロード*

サイバーセキュリティサービス

カスペルスキーのサイバーセキュリティサービスにより、企業のセキュリティを保護

PDFのダウンロード*

サイバーセキュリティソリューション

現実と妄想:現代の脅威の状況

詳しくはこちら*
ホワイトペーパー一覧表示
 

リスク

医療機関のほぼ90%が、過去2年以内にセキュリティ侵害を経験しています。さらに、そのうちの約半数が情報漏洩を5回以上経験しています。

  • ランサムウェア攻撃により、データがロックされたり、医療機器が使えなくなることがある

  • 標的型攻撃によって、すでにシステムが被害を受けている可能性がある

  • 内部犯行による情報漏洩が発生することがある

  • 秘密性の高い患者データの損失によりプライバシーが侵害される可能性があることがあるが標的型攻撃によって、すでにシステムが被害を受けている可能性がある。

  • データセンターへの攻撃は、甚大な損害をもたらす可能性がある

  • 法令順守によって、新たな課題への対応が必要になることがある

関連ソリューション

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。