産業用サイバーセキュリティの特徴

一部の脅威は重複する可能性がありますが、ICS環境におけるサイバーセキュリティの要件と、一般事業におけるサイバーセキュリティの要件には大きな違いがあります。

企業環境では機密データの保護に焦点が当てられますが、短いダウンタイムやエラーでも無視できない産業用システムの場合、中断のない稼働が最優先事項です。この点が、産業向けサイバーセキュリティと他の分野のサイバーセキュリティの違いです。そのため、適切なセキュリティベンダーと連携することが非常に重要になります。


  • プロセス

    すぐに使える既製の産業向けサイバーセキュリティはありません。これは、中断することなく徐々に展開するプロセスです。

  • ユーザー

    事業所から工場まで、従業員のすべてが、サイバーセキュリティにおいて役割を果たすことになります。したがって、トレーニングや意識向上が極めて重要になります。

  • テクノロジー

    カスペルスキーのKICSは、OTのニーズに合わせて設計されています。フォールトトレラントで中断がなく、エアギャップ(ネットワークで直接つながっていない)状況でも使用できます。

導入事例

カスペルスキーのセキュリティ製品の実際の導入事例をご紹介します

カスペルスキーの産業サイバーセキュリティパートナー

世界中の有名な大企業がカスペルスキーの支援を受けて、優れたサイバーセキュリティ機能をプライベートクラウドからパブリッククラウドにまで拡張しています。

ビジネス上のメリット

  • さまざまな産業に特化したサイバーセキュリティソリューション

    Kaspersky Industrial CyberSecurityは、事業継続性や産業工程の一貫性に影響することなく、SCADAサーバー、HMI、エンジニアリングワークステーション、PLC、ネットワーク接続、エンジニアなど、産業層や組織の構成要素のセキュリティを保護することを目的に設計されたテクノロジーとサービスのポートフォリオです。産業分野のお客様は、それぞれが唯一無二のものです。そのため、カスペルスキーは石油・ガス、送電網、製造など、さまざまなセクターに当社のソリューションを使用しています。

  • 信頼性の高い、産業向けサイバーセキュリティプロバイダー

    産業界の大企業が高い信頼を寄せるセキュリティプロバイダー兼パートナーである カスペルスキーは、Emerson社、Siemens社、Schneider Electric社、 Industrial Internet Consortiumといった有名な 工業オートメーションのベンダーや組織と連携して、 標的型攻撃などの既存の脅威や新しい脅威から 製造環境を保護する互換性、 専用の手順、連携フレームワークを 確立しています。

  • 適応型セキュリティフレームワーク

    カスペルスキーの多層防御セキュリティ戦略全般に対応する Kaspersky Industrial CyberSecurityは、 さまざまな保護手段を組み合わせて提供します。製造業のサイバーセキュリティ対策としては、 想定される攻撃経路の予測、業界固有の保護手段、 検知テクノロジー、サイバーインシデントへの 積極的な対応といった総合的アプローチが、 事業の継続性と安全な職務遂行を保証するための要となります。

24/7

24時間年中無休のプレミアムサポート

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するには、当社のプレミアムサポートパッケージをご利用になるか、カスペルスキーのプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

認証および受賞歴

  • 2018年Cybersecurity Excellence Awardを受賞

  • 2016年Best Tech Invention in Wuzhen Summit Award受賞

  • 2017年ネットワークワールドアジア誌リーダーズチョイスの重要インフラストラクチャ防御ソリューション賞・ライジングスターを受賞

  • 2017年アジア製造業界におけるベストサイバーセキュリティソリューション賞を受賞

True Cybersecurityを企業のセキュリティ戦略に役立てる方法について、当社のエキスパートにお問い合わせください。

[*]印の付いているドキュメントは、英語です。