産業向けサイバーセキュリティ

産業用制御システムに特化した保護を提供

お問い合わせ 詳しくはこちら

Kaspersky Industrial Cybersecurityは、事業の継続性と技術プロセスの一貫性に影響することなく、SCADAサーバー、HMIパネル、エンジニアリングワークステーション、PLC、ネットワーク接続、ユーザーなど、さまざまな専用システムを含む複雑な産業環境を保護することに特化して開発されたテクノロジーおよびサービスのポートフォリオです。

カスペルスキーの製品は、人からプロセス、そしてテクノロジーへと、論理的で漸進的なステップを積み上げ、総合的な産業用サイバーセキュリティへ至る道筋を提供します。


提供ソリューション

  • トレーニング

    トレーニング

    CIO/CSO や、IT、IT セキュリティおよびエンジニアのための教育と「気づき」の育成します

  • サービス

    サービス

    ぜい弱性診断からインシデント対応まで、総合的なセキュリティサービスを提供しています

  • テクノロジー

    テクノロジー

    技術プロセスやデータを保護するために特化した、独自の製品を開発しています

導入事例一覧表示

AGC Glass Germany GmbH

ソリューション: Industrial Cybersecurity

...

詳しくはこちら

Ezenta

ソリューション: Industrial Cybersecurity

...

詳しくはこちら

TANECO 社

ソリューション: Industrial Cybersecurity

TANECO 社は、ロシアの石油精製企業です。TANECO...

詳しくはこちら
導入事例一覧表示

ビジネス上のメリット

ICSに最適なサイバーセキュリティベンダーを選択

製造業の企業や基幹システムは、増え続けているサイバー攻撃の影響を受けやすい状況にあり、被害を受ければ経済的、社会的信用の損失は免れません。

サイバー攻撃から製造業の基幹システムを保護するには、従来のセキュリティ対策では不十分です。基幹システムを標的とした脅威が激増する中、適切なアドバイザーと最適な産業向けのサイバーセキュリティベンダーを選択してシステムを保護することは、これまでになく重要になっています。

安全でセキュアな製造環境に向けた取り組み

産業向けサイバーセキュリティに特化したテクノロジー開発のほかに、カスペルスキーでは運用テクノロジーに対して以下のような取り組みを行っています。

  • ICSの脆弱性を継続的に見つけ出し、そのプロセスにおいてトップレベルのオートメーションベンダーと連携する
  • カスペルスキーの専門家が最大級の標的型攻撃を調査する
  • 世界規模のICSサイバーセキュリティについて規制当局、行政機関と意見交換を行う
  • カスペルスキーのICSサイバー緊急対策チームが、製造業関連の世界規模の脅威状況を随時監視する

産業用設備に対応した適応型セキュリティモデル

想定される攻撃経路や新たな攻撃対象の予測から、業界に特化した検知テクノロジーでサイバーインシデントに対処します。製造業のサイバーセキュリティ対策としては、このような総合的アプローチが事業の継続性と安全な職務遂行を保証する要となります。Kaspersky Industrial Cybersecurityが提供する各種ツールは、適応型セキュリティモデルのあらゆる段階でセキュリティを強化します。

プレミアムサポートとプロフェッショナルサービス

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するため、当社の 産業向けMaintenance Service Agreement(MSA) サポートパッケージをご利用になるか、または当社のプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

  • 2 4

    時間
    (毎日)

  • 0 7


    (毎週)

  • 3 6 5


    (年間)

詳しくはこちら

ホワイトペーパー

サイバーセキュリティソリューション

カスペルスキーのサイバーセキュリティソリューションにより、企業のセキュリティを保護

PDFのダウンロード*

Industrial Cybersecurity

Kaspersky Industrial CyberSecurity 2018年ソリューション概要

詳しくはこちら

Industrial Cybersecurity

電力事業のサーバーセキュリティ

詳しくはこちら
ホワイトペーパー一覧表示

認証・受賞一覧

  • 2016年Best Tech Invention in Wuzhen Summit Award受賞

  • 2017年ネットワークワールドアジア誌リーダーズチョイスの重要インフラストラクチャ防御ソリューション賞・ライジングスター

  • 2017年アジア製造業界におけるベストサイバーセキュリティソリューション賞

  • Cybersecurity Excellence Award 2017年ファイナリスト

  • IIC(Industrial Internet Consortium)メンバー

 

リスク

ダウンタイムの原因はさまざまです。標的型攻撃やマルウェア、あるいは社内の脅威が原因であるケースがほとんどですが、セキュリティテクノロジーに適していないアプリケーションが原因となる場合もあります。 選択を誤ると以下のような事態に発展する場合があります。

  • PLCほか、専門的な機器を標的とした攻撃が見過ごされてしまうことがある

  • 一般的なマルウェアは、空白期間から活動し、ICSシステムに影響を及ぼすことがある

  • ICSのリスクを拡大し、脆弱化するシナリオの1つとしてインダストリアルIoT(IIoT)がある

  • 従業員あるいはサービスプロバイダーのミスにより、攻撃機会が拡大される可能性がある

関連ソリューション

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。