Skip to main

提供ソリューション

電子メールは、サイバー犯罪者が企業のITシステムに侵入して攻撃する際に最もよくつかわれる手段の一つです。

Kaspersky Security for Mail Server は、機械学習とグローバルな脅威インテリジェンスデータを活用した複数のセキュリティ層を使用し、メールを悪用したサイバー脅威を検知しブロックします。マルウェアやランサムウェアに有効で、スパム、フィッシングやBEC 攻撃から保護します。受賞歴のある保護技術をベースに、幅広いメールプラットフォームとアーキテクチャをサポートしているため、複雑な構造を持つ多様な企業やクラウド化のプロセスに取り組む企業にも最適です。

メールサーバー向けの保護

Kaspersky Security for Mail Server は、Microsoft Exchange / Exchange Online(MS 365の一部)、Linux ベースのサーバーなど、すべての主要なメールプラットフォームの最新バージョンで送受信されるメールを保護します。

多層スパムフィルタリング

Linux ベースのメールサーバー用に、インテリジェントなクラウド型スパムフィルタリングがリアルタイムで実行されるため、迷惑メールによるトラフィックの負荷を大幅に削減することができます。

システムリソースの最適化

Microsoft Exchange/Exchange Online と Linux ベースのメールサーバーのためのインテリジェントなクラウド型スパムフィルタリングがリアルタイムで実行されるため、迷惑メールによるトラフィックの負荷を大幅に削減することができます

リスク低減とコンプライアンスの維持

特定のファイルタイプの転送を制限し、メールトラフィックに含まれる機密情報を特定することで、セキュリティリスクとリーガルリスクの両方を低減することができます。企業のメールボックスにフィルタを設定したり、オンデマンド検索を実行することで、違反メールを発見し、メールデータを可視化し、コンプライアンス目標の達成を支援します。

お勧めしたいお客様

本ソリューションは、これらの業種におけるセキュリティ要件、課題や制約に対処するのに最適です。

導入事例

ビジネス上のメリット

  • 最先端の電子メール脅威保護

    • アルタイムおよびオンデマンドのスキャンにより、マルウェア、ランサムウェア、マイナーなど、あらゆる種類の悪意のあるオブジェクト、および悪意のある不正な URL や脅威に関連する IP アドレスを除去します。
    • 機械学習、人間の専門知識とグローバルな脅威インテリジェンスデータを組み合わせることで、誤検知による貴重なコミュニケーションを失うことなく、実証済の高い検知レベルを実現します。
    • 多層的かつ相互相関的なアプローチにより、最も高度で難解なマルウェアであっても、メールを介して企業の IT インフラストラクチャに侵入することはありません
  • アンチフィッシング、アンチスパム、アンチ BEC

    • リアルタイムのクラウドベースの URL チェックによってサポートされるニューラルネットワークベースの分析は、非常に焦点を絞ったビジネスメール詐欺などの最も説得力のあるメールフィッシングからも保護します
    • 機械学習モデルによりアンチスパムの検出を容易にし、専用の再チェックアルゴリズムにより、時間とリソースを浪費する誤検出を最小限に抑えます
    • • 認証された電子メール管理は詐欺からの保護に役立ちます。SPF/ DKIM / DMARC などの重要なプロトコルを独自のテクノロジーと組み合わせて活用することで、正当なメールを正しく識別し、誤検知を回避します。 テキスト解析には応用言語学に基づくアルゴリズムを用い、メールアカウントの乗っ取りなど、最も危険な BEC シナリオも識別し、
  • 幅広く対応 - 統合と柔軟性

    • Kaspersky Anti Targeted Attack Platformとのシームレスな統合により、複雑な脅威に対してメールゲートウェイレベルで自動応答する拡張検知機能および応答機能を強化できます。
    • オンプレミスおよびクラウドホスト型(Microsoft Exchange Online)NEWなどの複数のプラットフォームと展開アーキテクチャのサポートは、多数のビジネスシナリオとのシームレスな統合を保証
24/7

24時間365日利用できるプレミアムサポート

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界中の200を超える国々の34のオフィスから、24時間365日対応のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を最大限に活用するには、当社のプレミアムサポートパッケージをご利用になるか、カスペルスキーのプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

ホワイトペーパー

世界中で認められている、当社のサイバーセキュリティエキスパートの見解をご確認ください。

サイバー脅威の状況

現在でも、電子メールはあらゆるタイプの組織を攻撃し、ビジネスを混乱させるために最もよく利用されている侵入経路の一つです。以下の影響を受けるかどうかは、選択するメールセキュリティソリューションに依存します。

  • <p>感染したメールまたは添付ファイルを利用したランサムウェア攻撃</p>

    感染したメールまたは添付ファイルを利用したランサムウェア攻撃

  • <p>APTの一部としてシステムに侵入</p>

    APTの一部としてシステムに侵入

  • <p>従業員や企業をだますフィッシング詐欺</p>

    従業員や企業をだますフィッシング詐欺

  • <p>時間とリソースを浪費するスパム</p>

    時間とリソースを浪費するスパム

  • <p>過度に自動化されたアンチスパムによって引き起こされ、時間を浪費する「誤検知」</p>

    過度に自動化されたアンチスパムによって引き起こされ、時間を浪費する「誤検知」

  • <p>データ喪失、およびデータ保護規制に対する違反</p>

    データ喪失、およびデータ保護規制に対する違反

関連ソリューション

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。