デイヴィッド・エム(David Emm)

Global Research & Analysis Team プリンシパルセキュリティリサーチャー

セキュリティおよび脅威管理のソリューションを提供するKaspersky Labのプリンシパルセキュリティリサーチャー。2004年にKaspersky Labに入社し、GReATのメンバーとなる。マルウェア対策には1990年から関わり、Dr Solomon's Softwareのシニアテクノロジーコンサルタント、McAfeeのシステムエンジニアとプロダクトマネージャーなど、さまざまな役職を経験する。現在は、展示会やイベントなどでマルウェアやIT脅威情報を発信し、オンラインを安全に利用するために組織や消費者ができることを伝えている。絶えず変化するサイバーセキュリティと脅威について、テレビ番組や出版物でもコメントも提供する。マルウェア、ID情報の窃取、セキュリティの人的な側面に強い関心を持つ。オンラインセキュリティのあらゆる面における知識豊富なアドバイザーである。