マルコ・プロイス(Marco Preuss)

Global Research & Analysis Team ヨーロッパ 地域ディレクター

2004年にKaspersky Labに入社し、LinuxとUnixベースのシステムに関する専門知識を活かしてテクニカルコンサルタントとして勤務しました。企業向けセールスマネジメントや、OEM部門のテクニカルサポートおよび顧客に特化したソリューションのサポートに従事したのち、製品デザインおよび開発チームとの共同業務など幅広い分野に携わりました。

2009年にウイルスアナリストとしてGReATに参加し、その後、ドイツでディレクターおよびシニアセキュリティリサーチャーを務めました。2013年3月に、GReATヨーロッパ地域のディレクターに就任しました。

ネットワークとITセキュリティ分野に2000年代初頭から携わっており、専門分野は脅威インテリジェンス、ダークネットのリサーチ、パスワードセキュリティ、IoTセキュリティ、プライバシーなど多岐にわたります。現在ではヨーロッパ地域全体のサイバー脅威動向の監視を統括しています。世界各地で開催される多くのセキュリティイベントで講演を行い、セキュリティ業界のパートナーとも密接に協業しています。