マリナ・アレクセーエワ(Marina Alekseeva)

最高人事責任者

2012年8月、最高人事責任者に就任。採用、教育・研修、報酬、福利厚生など、全世界の人事部門を統括する。

2008年1月にKaspersky Labに、人事部門の副責任者として入社。

IT業界などで10年以上の人事業務経験がある。Kaspersky Lab入社前は、T-Systems CIS(Deutsche Telekom AG)およびUniCredit Bankにて、人事部長から上級管理職までを務めた。

第二の高等教育として North-West Russian Presidential Academy of National Economy and Public Administration を卒業。専攻は人材管理および組織心理学。