サンティアゴ・ポンティローリ(Santiago Pontiroli)

Global Research & Analysis Team セキュリティリサーチャー

2013年10月にセキュリティリサーチャーとしてKaspersky Labに入社。ラテンアメリカ南部(SOLA)地域におけるセキュリティ脅威の分析と調査、Webアプリケーションセキュリティ、脅威インテリジェンス調査から派生した自動化ツールの開発、悪意あるコードを含むプログラムのリバースエンジニアリングを担当。

Kaspersky Lab入社以前は、Accenture社で開発リーダーとしてSite Concept StudioやAvanade Connected Methodsなどのプロジェクトを手がけ、チームの技術監督、各種プラットフォームの開発とデモ、セールスチームの技術サポートを行った。それ以前は、数社でコンサルタントを務め、アクセス制御ソフトウェア、システムおよびネットワークの管理、サーバー強化、Webアプリケーションセキュリティのサポートを提供した。

アルゼンチンのブエノスアイレスのUniversidad Tecnológica Nacional F.R.L.Pでシステム工学とシステム分析の学位を取得。主な専門分野はビットコイン関連のリサーチとランサムウェアの分析。