Cyber Capacity Building Program

Cyber Capacity Building Programは、ICTエコシステムのセキュリティとサイバーレジリエンスを高めるための、ソフトウェア製品のセキュリティ評価に関するトレーニングです。英語での提供となります。


Transparency Center

Cyber Capacity Building Programとはどのようなものですか?

政府機関、研究学術機関、企業が使用するICT製品のセキュリティを評価するためのメカニズムとスキルの開発支援を目的としたトレーニングプログラムです。

詳細はこちらをご覧ください。

Software Assembler

トレーニングを利用するための要件はありますか?

トレーニングには、ソフトウェア開発のライフサイクル、プログラミング、情報セキュリティの基本的な知識が必要です。

トレーニングは、選択したセクションのみが提供されます。

How to get access

このプログラムを利用したいのですが?

プログラムは英語で行われ、オンラインとオフラインの両バージョンがあります。

オフラインバージョンは、当社のトランスペアレンシーセンターで実施されています。

ご利用の相談は、TransparencyCenter@kaspersky.comにお問い合せください。

パートナーからのコメント

「Cyber Capacity Building Programは、政府機関とすべての組織向けの、完全に包括的で実用的なプログラムです。私たちはデジタル化と破壊的技術の時代に生きており、サイバーセキュリティのスキルとメカニズムを強化することが求められています。
ベトナム国家サイバーセキュリティセンター(NCSCベトナム、情報通信省に属する情報セキュリティの部局)では、このプログラムやそのほかのサイバーセキュリティ対策について、Kasperskyをサポートする準備が常にできています」

Tran Quang Hung氏
NCSCベトナム、Authority of Information Security、情報通信省、ベトナム政府

「プログラムで取り上げられているトピックは、参加者の目的に合致しており、貴重な情報と知見を得ることができました。綿密に計画された高品質のコンテンツで構成され、分かりやすく整理されています。このような素晴らしいプログラムを支えたKasperskyチームに感謝します。インタラクティブなセッションと参加者に提示される課題は、このプログラムを企画したチームが熱心に取り組んだことを明確に示しています」

Sanjay Bahl博士
局長、CERT-In、電子工学・通信技術省、インド政府