Kaspersky Endpoint Security Cloud

Kaspersky
Endpoint Security Cloud

あらゆるお客様のビジネスを簡単に保護

CloudCloud Plus の機能比較
Endpoint Security Cloud
製品機能一覧
Endpoint Security Cloud Plus
Kaspersky Endpoint Security Cloud
Kaspersky
Endpoint Security Cloud
セキュリティ機能

ファイル、Web、メールの脅威から保護

?
数多くのテスト実績と受賞歴を誇るアンチマルウェアエンジンにより、既知、未知、および高度なマルウェアの脅威からWindows 環境を保護します。

EDR プレビュー 2021

?
高度な攻撃を検出し、それを根絶するために、キルチェーンのドリルダウンの視覚化と詳細なレビューにより根本原因の分析を行います

ランサムウェアとぜい弱性攻撃ブロック

?
オペレーティングシステム上でマルウェアが実行したアクションを、修復エンジンがロールバックし、CryptoLockerから保護します。

ファイアウォール

?
インターネットを閲覧したり、ローカルネットワークを使用したりする際に、
ネットワーク上の脅威から、パソコンを保護します。

ネットワーク攻撃防御

?
リモートの端末がオペレーティングシステムに侵入していないかなど、ネットワーク攻撃をブロックします。

ぜい弱性スキャン

?
利用可能なパッチを確認し、アプリケーションを最新バージョンにアップデートします。

モバイル端末の保護

?
Android端末やiOS端末を保護

1ユーザーあたりモバイルライセンス2つ

1ユーザーあたりモバイルライセンス2つ

Cloud Discovery(クラウドの検出)

?
制御されていないクラウドサービスの利用状況や、ソーシャルネットワークやメッセンジャーで浪費された時間を確認できます。
管理機能

Cloud Discovery(クラウドの制御)

?
不正または承認されていないクラウドリソース、ソーシャルネットワーク、またはメッセンジャーへのユーザーアクセスをブロックします。

Security for Microsoft Office 365

?
Microsoft 365のコミュニケーションおよびコラボレーションサービス向けオールインワン脅威保護

Webコントロール

?
サイトのコンテンツまたは場所に応じて、インターネットリソースへのユーザーアクセスを制御します。

デバイスコントロール

?
コンピューターに接続されている外部端末およびリムーバブルデバイスへのユーザーアクセスを管理します。

暗号化管理

?
BitLockerまたはFileVaultを用いて従業員の端末を暗号化し、端末の紛失や盗難が発生した場合に会社のデータを保護します。

パッチ管理

?
自動的にパッチを適用し、アプリケーションを常に最新の状態に保ちます。
Endpoint Security Cloud Plus

お探しの製品またはライセンスはオンラインでは入手できません。パートナーにお問い合わせいただくか、本件の販売を支援するパートナーをお調べください。

Endpoint Security Cloud

お探しの製品またはライセンスはオンラインでは入手できません。パートナーにお問い合わせいただくか、本件の販売を支援するパートナーをお調べください。

あらゆるITセキュリティニーズに対応する、ひとつのセキュリティソリューション

  • Windows デスクトップ、ファイルサーバー、Mac OS デバイス、iOS や Android の携帯電話、そして Microsoft 365* を保護するために必要なすべて
  • ハードウェアとソフトウェアのプロビジョニングに縛られることなく、簡単にアカウントにサインアップできます
  • EDRは、インシデントの可視性やシンプルな調査ツールにより、脅威を検出してその全範囲と起源を難なく明らかにできます*
    * EDR(エンドポイント検出および反応)プレビュー2021 および Kaspersky Security for Microsoft Office 365 は、Kaspersky Endpoint Security Cloud Plus に含まれています
<strong>あらゆるITセキュリティニーズに対応する、ひとつのセキュリティソリューション</strong>

どこにいようと、あらゆる場所を保護できます

  • クラウドベースのコンソールを使用すれば、どこにいようとも、あらゆる場所を保護することができます
  • デバイスの種類に関わりなく、地理的に遠く離れた事務所、在宅、現場で働く従業員を、デスクや出先から保護することができます
  • リモート暗号化を有効にすることで、デバイスの紛失や盗難が発生した場合も、企業様のデータは安全に守られます
<strong>どこにいようと、あらゆる場所を保護できます</strong>

クラウドの制御

  • シャドーITの検出により、制御されていないクラウド上での企業データの共有や、ソーシャルメディアやメッセンジャーで時間を浪費しているユーザーを明らかにします。
  • 不要または承認されていないクラウドリソースへのユーザーアクセスをブロックして、データを保護するとともに、同僚の集中力と生産性を維持します。
  • Microsoft 365 での安全な共同作業や通信を可能にします - すべての主要なアプリの保護機能は、Kaspersky Endpoint Security Cloud Plus にすでに含まれています
<strong>クラウドの制御</strong>

製品ショーケース

御社デバイスを数分で保護する方法

高度な保護機能を設定する方法

不要なクラウドサービスの利用を発見してブロックする方法

カスタマーレビュー

Marie-Anne Delbourg

Primary School Principal, Ecole Saint-Benoist de l’Europe

ITインフラストラクチャ保護の観点からの
Weodeoの選択によって、私は安心を得ることができました。
カスペルスキーのソリューションの、簡単な導入、
クラウドからのリモート管理、順調な機能により、
仕事に集中できるようになりました。

Guillaume Gérard

IT責任者、 AMISEP

Kaspersky Endpoint Security Cloudは、すべてがクラウドで管理されるため、追加のハードウェアインフラストラクチャをインストールする必要がないという大きなメリットがあります。

Martin Maleshyn

CEO, CURAit

Kaspersky Endpoint Security Cloudソリューションは、当社のビジネスとお客様双方の要件を
満たしています。カスペルスキーが持っている
最高の専門知識とテクノロジーを利用でき、
しかも小規模企業が不足している時間とリソースは
必要としません。

システム要件

Kaspersky Endpoint Security Cloudを管理するために必要なのはWebブラウザーだけです。パソコンまたはモバイルデバイスのハードウェアやソフトウェアに関する要件は、Kaspersky Endpoint Security Cloud の管理に使用されている Web ブラウザの要件と対応しています。

Kaspersky Endpoint Security Cloudは、以下のWebブラウザーをサポートします。

  • Microsoft Edge 13.0 以降
  • Chrome 65.0 以降
  • Firefox 45 以降
  • Safari 8.0 以降

Kaspersky Endpoint Security Cloud を実行すると、以下の Kaspersky のアプリケーションを管理することができます。

  • Kaspersky Endpoint Security for Windows
  • Kaspersky Endpoint Security for Mac
  • Kaspersky Endpoint Security for Android
  • Kaspersky Endpoint Security Cloud がホストする iOS MDMサーバーを介しての iOS デバイスの管理。

Kaspersky Endpoint Security Cloudは、常に最新のアプリケーションバージョンを提供します。最新バージョンは、製品管理コンソールの
[配信パッケージ] セクションからいつでも入手できます。

カスペルスキー製品の最新のシステム要件については、該当するアプリケーションのページにある「システム要件」のテクニカルサポートエリアをご覧ください。