製品

Kaspersky Endpoint Detection
and Response Optimum

  • 回避型の脅威を発見
    シンプルな環境で検知して調査
  • プロアクティブに対策
    エンドポイント全体の脅威にすばやく対応

概要

回避型の脅威は安価に数が増えますが、重大な損失につながる可能性があります。可視性やリソースが不足していると、攻撃者の思うつぼです。
Kaspersky Endpoint Detection and Response(EDR)Optimum は使いやすいパッケージで高度な検知、シンプルな調査、自動対応を実現し、最新の脅威からビジネスを保護します。

上位の機能

研究開発に注力しているカスペルスキーが常に重視しているのは、特別なアプリケーションではなく、ユーザーが必要とするテクノロジーを提供することです。
必要不可欠な EDR の機能
シンプルで自動化された EDR の機能で、インシデント対応の基盤を構築しましょう。
  • 明確な可視性でエンドポイントの脅威を検知
    ブラックボックスから抜け出せない状況を防ぎます。自動検知で重要な情報を取得し、侵入の痕跡(IoC)によって潜んでいる脅威を見つけ出します。
  • シンプルな分析で全体像を調査
    1 枚のインシデントカードで根本原因分析を実行し、脅威の発生元はどこか、どのように作成されたか、何を実行したかを確認できます。
  • 自動対応ですぐに行動を開始し、損害を防止
    簡単な「ワンクリック」対応で脅威の拡散を防止し、自動化によって脅威の検知時に対応できます。
クラウドネイティブソリューション
IT 環境を複雑にすることなく、セキュリティ効率を向上させ、導入を容易にします。

認証および受賞歴

カスペルスキー製品は、世界を代表する調査機関によって定期的に評価されています。その評価結果により、企業や個人のお客様を保護し、変化への対応をサポートする当社の能力が、広く認められています。

使用事例

新たな攻撃を受けている場合にすばやく検知
Kaspersky EDR Optimum では、securelist.com などの外部ソースから最新の攻撃の IoC をインポートでき、インフラストラクチャ全体のスキャンを定期的に実行して、脅威を迅速に検知して対応できます。規制当局から特定の痕跡についてのスキャンを要求された場合も、同様の対応が可能です。
脅威が想定を超えていないかを調査
脅威が自動的に検知されて修復された後は、詳細を確認することを推奨します。回避型の脅威の場合、隠された親プロセスによって検知可能なペイロードが投下され、検知されない場合に重大な損害につながる可能性があります。検知の内容を調査ツールですばやく分析して、本当の根本原因を明らかにできます。

ホワイトペーパー

世界中で認められている、当社のサイバーセキュリティエキスパートの見解をご確認ください。

Kaspersky Optimum Security で防御を強化

Kaspersky EDR Optimum を基盤として、Security Awareness トレーニング、サンドボックステクノロジーによる高度な検知を追加するか、Kaspersky Optimum Security による保護の管理を選択できます。

関連製品