Kaspersky Mobile Security SDK

Kaspersky Mobile Security Software Development Kit (KMS SDK) モバイルアプリケーションにオンライン保護を直接組み込むための多層防御型セキュリティフレームワークです。

KMS SDK を活用すると、以下のことが可能になります。

  1. スマートデバイスや貴重なデータの安全の維持に不可欠な保護機能を提供
  2. 企業/組織のセキュリティ製品の機能を強化
  3. 内部および外部のポリシーと要件に確実に準拠
  4. 独自のモバイルセキュリティソリューションを構築

KMS SDK 機能

Kaspersky Mobile Security SDK 以下のような機能があります。

  • アンチフィッシングおよび偽アプリ対策機能:悪質サイトやフィッシングサイトへのアクセスをブロック
  • マルウェア検知:マルウェア検知の要件に応じて選択できる基本的および高度なスキャンオプションを多様に備え、クラス最高のマルウェア検知を実現
  • セキュア接続:URLモニター、Wi-Fiアナライザー、証明書検証、DNSチェッカーを使用してインターネット接続を保護
  • デバイスレピュテーション:root化/脱獄(Jailbreak)検知とデバイス設定管理により、モバイルデ端末の設定の安全性をチェック
  • データ保護:ユーザーによって入力された情報と機密データストレージの暗号化セキュアデータベースをリアルタイムに保護
  • セルフディフェンス:アプリケーションのデジタル署名を検証し、RAMからアンロードされたカスペルスキー製品コンポーネントを検知
  • 盗難対策:Android端末自体が盗難にあった場合の防護対策ユーザーが端末を紛失したり盗まれたりした場合、盗難対策機能を使用して、端末の場所を特定し、データを消去し、その後の端末の使用をブロックすることが可能

Kaspersky Mobile Security SDK は、Kaspersky Security Network (KSN), と完全に統合されており、高度なテクノロジーにより、急速に出現する脅威にすばやく対応できます。

サポート対象のプラットフォーム

Kaspersky Mobile Security SDK は、AndroidおよびiOSに対応しています。

お問い合わせ

さらに詳しい情報をご希望の場合は、以下の[お問い合わせ]ボタンをクリックし、フォームにご入力のうえ、Kaspersky Mobile Security SDK, に関する詳細情報希望と明記してください。担当者より追ってご連絡いたします。

お問い合わせ