Kaspersky Scan Engine は、さまざまなデバイスをマルウェア、トロイの木馬、ワーム、ルートキット、スパイウェア、およびアドウェアから包括的に保護します。このソリューションは、デスクトップアプリケーション、サーバーソリューション、プロキシサーバー、メールゲートウェイなどのさまざまな製品やサービスとともに使用できます。

Kaspersky Scan Engine はインストールや設定は、非常に簡単で、開発や複雑な設定は不要です。このソリューションは数分で稼働させることができます。

Kaspersky Anti-Virus Software Development Kit 8レベル3(KAV SDK)と数々の受賞を得たカスペルスキーのアンチウイルスエンジンをベースとするKaspersky Scan Engineは、さまざまなタイプのマルウェアを検知して駆除できる、最新手法をすべて採用しています。

Kaspersky Scan Engineの主な機能

Kaspersky Scan Engineは、以下の2つのモードのいずれかで稼働できます。

  • RESTライクサービス:クライアントアプリケーションからHTTPリクエストを受信し、これらの要求で渡されたオブジェクトをスキャンして、スキャン結果を含んだHTTPレスポンスを返します。
  • ICAPサーバー:プロキシサーバーを通過するHTTPトラフィックとユーザーが要求したURLをスキャンして、悪意のあるコンテンツを含んだWebページをブロックします。

また、Kaspersky Scan Engine のグラフィカルユーザーインターフェイスを使用すれば、簡単に製品の挙動を設定でき、サービスイベントやスキャン結果を確認することができます。

使用シナリオ

  • データリポジトリとワークフローシステムをマルウェアから保護する。
  • エンドユーザーがお客様のWebポータルにアップロードしたファイルをスキャンする。KSEを使用すれば、エンドユーザーからお客様にファイルが配信されるチェーンの任意のセグメントに、アップロードのスキャン手順を適用することができます。
  • ICAPプロトコルを使用してユーザーのファイルを自動スキャンする。ユーザーがアクセスしようとするファイルおよびリンクの両方をスキャンします。
  • ファイルとリンクをスキャンするローカルWebサービスを配置する。エンドポイントにクライアントを配置することなく、オブジェクトをスキャンできます。
  • オブジェクトをスキャンするサードパーティの任意のアプリケーションと統合する。

主な機能

  • 多くの受賞の実績のあるカスペルスキーのアンチマルウェアテクノロジーが、最高クラスのマルウェア検知率を実現し、新たに出現する脅威に瞬時に対応します。
  • Kaspersky Security Network (Kaspersky Security Network)は、ファイルやインターネットリソースのレピュテーションに関する情報を提供します。また、カスペルスキーの各セキュリティアプリケーションはこれを利用することで、アプリケーションのデータベースがアップデートされる前の時点でも、脅威に迅速に対応できます。さらに、誤検知の可能性も低減します。
  • 悪意のあるURL、フィッシングURL、アドウェアURLをブロックします。
  • 多重圧縮されているオブジェクトや、「グレーな」圧縮ユーティリティ(悪意のあるプログラムをアンチウイルス製品から隠すためによく使用されます)を使用して圧縮されているオブジェクトを検知します。
  • 高度なヒューリスティック分析と機械学習に基づく検知テクノロジー。
  • 感染したファイル、アーカイブ、暗号化されたオブジェクトを駆除します。
  • アップデート可能なアンチウイルスエンジン:定義データベースの定期的なアップデートによって、検知テクノロジーと処理ロジックをアップグレードまたは変更できます。
  • Kaspersky Scan Engine はマルチスレッドをネイティブでサポートしており、複数のタスクを同時に処理できます。スキャンプロセスおよびスレッドの数を調整して、Kaspersky Scan Engineのパフォーマンスを向上させることができます。
  • フォーマットレコグナイザコンポーネントで、フィルタリング層を追加できます。このコンポーネントを使用すれば、スキャンプロセスで特定のフォーマットのファイルを認識したり、あるいはスキップしたりすることができます。実行可能ファイル、Officeファイル、メディアファイル、アーカイブなどの多数のフォーマットをサポートしています。
  • 管理および監視のためのグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI):
    • アプリケーションの設定と管理を行えます。
    • アプリケーションの動作ステータス、使用しているライセンス情報ファイルまたはアクティベーションコードのステータス、スキャンしたオブジェクトの数および検知したオブジェクトの数を監視できます。
    • スキャンしたすべてのオブジェクトに関する情報をダッシュボードで提供します。スキャン結果はCSV形式でインポートできます。
  • インストールと設定が簡単に行え、開発や複雑な設定は不要です。このソリューションは数分で稼働させることができます。
  • レポート機能:
    • 重要なアプリケーションイベントはCEF形式でSyslogに送信されます。
    • GUIダッシュボードではすべてのサービスイベントを表示できます。
  • メンテナンス機能:
    • 定義データベースは自動的にアップデートされます。破損したデータベースはKaspersky Scan Engine によって自動的に復元されます。
    • 製品トレースをGUIで簡単に収集できます。
    • オンラインアクティベーションを使用するためのオプション。オンラインアクティベーションでは、Kaspersky Scan Engineのライセンス情報が自動的に更新されます。
  • 復元性のあるフォールトトレラントなアーキテクチャ。
  • HTTPクライアントおよびICAPサービスのソースコードが、配信キットでカスタマイズ用に提供されています。
  • 包括的なドキュメントとクロスプラットフォームでのAPIのサポート。Linux/UNIXバージョンとWindowsバージョンで同じ形でAPIが提供されています。
  • 定義データベース用のローカルミラーサーバーを作成して外部トラフィックを最小化するためのオプション(追加のツールが必要)。

プラットフォーム統合

評価の高いオンプレミスのコンテンツコラボレーションクラウドプラットフォームの1つであるNextcloud Hubのエンタープライズユーザーは、Kaspersky Scan Engineを利用できるようになりました。利用する際は、Nextcloud Antivirusアプリをインストールし、Kaspersky Scan Engineを利用するように設定する必要があります。これにより、Nextcloud Hubへのアップロード中にすべてのファイルがスキャンされます。

カスペルスキーとネクストクラウドの共同ソリューションの詳細な説明、およびインストール手順については、こちらをクリックしてください。

Nextcloudアンチウイルスアプリについては、こちらをクリックしてください。

Kaspersky Scan Engine の無料の評価版をご利用いただけます。以下の[お問い合わせ]をクリックし、Kaspersky Scan Engineの評価版希望とフォームにご記入ください。弊社担当者より追ってご連絡いたします。

お問い合わせ