[本リリースは、2016年2月11日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]

Kaspersky Labは、米ガートナー社のエンドポイント保護プラットフォーム分野のベンダーを評価するマジック・クアドラント(*)において、「ビジョンの完全性」と「実行能力」の両カテゴリに置ける評価に基づき、5年連続「リーダー」のポジションに位置付けられたことを発表します。

マジック・クアドラントでは、調査対象のベンダーを「リーダー」「チャレンジャー」「概念先行型」「特定市場指向型」という4グループに分類し、実行能力とビジョンの完全性の両方に秀でているベンダーがリーダーと評価されます。

ガートナーによる「リーダー」の評価は、この分野で最高の保護製品を提供するKaspersky Labのポジションをさらに強化するものと考えます。2015年に複数の第三者評価機関が実施した検証においても、カスペルスキー製品は他社製品よりも圧倒的に多くの回数トップ3にランク入りしています。Kaspersky Labの業界をリードする脅威インテリジェンスを活用したセキュリティ製品は、全世界で4億人を超えるユーザーと27万の企業から選ばれています。

Kaspersky LabのCTO、ニキータ・シュベツォフ(Nikita Shvetsov)は次のように述べています。「ガートナーのマジック・クアドラントにおいて、5年連続で『リーダー』に選出されたことは光栄です。今後も、サイバーセキュリティにおけるインテリジェンスを既知および未知の攻撃に対応するための技術へ生かすことで、業界トップの多層防御を提供し続けていきます。私たちはこれまでも大規模なセキュリティの脅威と戦ってきましたが、その中で蓄積した豊富な知見がエンドポイントセキュリティ製品に生かされています。管理がしやすく、効果的な保護を提供するカスペルスキー製品は、お客様の喫緊のニーズに応えます」

「Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, Peter Firstbrook, Eric Ouellet」(2016年2月1日)の無料版はこちらでご覧いただけます。

(*)ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

Kaspersky Lab、ガートナーのマジック・クアドラントで、エンドポイント保護プラットフォームのリーダーに5年連続で選出

「ビジョンの完全性」と「実行能力」の両カテゴリに置ける評価に基づき、Kaspersky Labが5年連続「リーダー」のポジションに位置付けられました。
Kaspersky Logo