2015年5月27日

「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」がAV-TESTの認証を取得、最高クラスのAndroid保護性能を実証

テストでは、直近4週間以内に初めて検知された3,000を超えるマルウェアの100%ブロックや2,700を超えるアプリの誤検知ゼロ、また、デバイスのパフォーマンス低下やバッテリー消費の増大、インターネットトラフィックの増加も確認されませんでした。その結果、保護性能とユーザビリティの両方で満点のスコアを得、「AV-TEST Certified」の認証を取得しました。

[本リリースは、2015年4月29日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]

Kaspersky Labは、第三者評価機関であるAV-TESTが実施したテストにおいて、「カスペルスキー インターネット セキュリティfor Android」が「AV-TEST Certified」の認証を受けたことを発表します。


AV-TEST Certified

このテストでは、セキュリティ製品のマルウェア検知による保護性能と、誤検知率ならびにデバイスやアプリへの負荷によるユーザビリティに評価の重きがおかれています。テストは、Google Android 5.0.1搭載デバイスに各製品の最新のアンチウイルスデータベースを適用し、かつ製品ベンダー各社のクラウドサービスへアクセスするためのインターネット環境下で実施されました。

保護性能の評価では、直近4週間以内に初めて検知された3,077のマルウェアサンプルを使った検知テストが実施され、「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」は、すべての悪意のあるアプリを検知し、100%ブロックすることに成功しました。ユーザビリティを評価する項目のひとつ、誤検知テストでは、Google Playストア上の1,860のアプリおよびサードパーティが提供する924の正規アプリが使用され、「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」の誤検知はゼロでした。また、もうひとつの評価項目である負荷テストにおいても、デバイスのパフォーマンスの低下やバッテリー消費の増大、インターネットトラフィックの増加は確認されませんでした。「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」は保護性能とユーザビリティの両方で満点のスコアを獲得し、「AV-TEST Certified」の認証を受けました。


Kaspersky Lab アンチマルウェアリサーチ ディレクター ティムール・ビヤチューエフ(Timur Biyachuev)は、この結果について次のようにコメントしています。「毎月何千も登場しているAndroidアプリは、すべてが安全とは限りません。今回のような第三者評価機関のテストによって、弊社のテクノロジーが安全なプログラムと有害なプログラムを正確に判別できることが継続的に裏付けられています」